ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて
2011-03 の記事

2011,3/30

 このところ朝の気温が低く連日霜が降りています。
ハウスの中の、水稲の苗が霜朝の気温の低さによって少し痛んでしまいました。

永年、米作りをやりながら、こんなになったのは初めてです。
昨年も気温が低かったのですが、今年は昨年以上に低いようです。

こうしてみると、今年の夏は又暑い夏になりそうですョ^^。
笑っている場合じゃないのかもしれませんが^^。

昨年は、3日から田植えを始めたのですが、今年はこの気温の低さで少し遅れるようです。
何時になるかは天候次第でしょう?

今、受託しているのは、10日に一件予定が入っています。
・・・実に早いですね。4月からいよいよ田植えの始まりです。

さて、みやざき中央新聞から新聞が届きました^^。
この新聞は、本当に素敵な掲載ばかりですね〜^^。

その触りだけですが、(人に喜ばれることを自分の喜びとする「利他の心」が
私たち日本人の根源である)それは卒業生数が日本一の自動車教習所のお話です。

ここの教習所内のトイレ清掃、草取り、教習車の洗車、すべて教習生がするそうです。
そして入口にはこんな看板が・・・「この国のルールは一つ。それは『挨拶』。

挨拶は自分をかえる。世界が変わる」というものです。
ここの経営者小河二郎さんという方は87歳ですが、良いことをおっしゃってますね〜。

この続きは明日のブログへ〜〜^^。

 *幸せになるための366話

   その87【万物に心がある】

     物は生きている。万物に心がある。

    物には、我等同胞と同じように敬愛の心を

    持って接せぬばならぬ。

     これを知り行うとき、人は初めて、物から

    好まれ、恵まれ、助けられる。

     わが生活の反射鏡の役目をして、その盛衰は、

    心の盈虚と同じ調子にあらわれる。

     環境・周囲に苦難があらわれたときは、

    己の心・生活を反省せよ。

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

             健幸一番楽らく農園


Posted at 2011年03月31日 07時36分53秒  /  コメント( 0 )

2011,3/29

 昨日は、愛知の知人から嬉しいお知らせがありました^^。
「赤ちゃんが無事誕生しました^^。」・・と。

嬉しいですね^^。家のかみさんは、孫が生まれたみたいと喜んでました^^。
縁あってこの世に生れて来た赤ちゃん・・可愛いですよね^^。

お写真も送って来たのですが、その微笑みが神様みたいですよ。
みんな生まれて来た時は、神様みたいだったんでしょうかね〜?

 そして、世の荒波にもまれながらすこ〜しづつ変化していくんでしょうね。
どなたかが、言っておられました・・この世には修行するために生れてくるんですよ。

って。・・・そうなんですね。修行をするためにそれぞれの役目をもって生れてくる
としたら、ガテンがいきますね〜。一生の中には大変な荒波がいくつもやって来ますから。

それが修行でしょう。その荒波をどう乗り越えていくか?
はたまた、今回の東日本の津波みたいな大きな波にのみ込まれてしまうのか?

それでも、その大きな波を乗り越え、「あぁ〜良い人生だったな〜」・・と言って
次の世界へ旅立ちができるようにしたいものですね^^^^。

さあ!今日も赤ちゃんに元気もらいました。
               元気出してやるぞ〜〜〜ガォーーー!!

 *幸せになるための366話

   その86【まず己が動く】

     人が二人以上寄った時、勝手にやっていては合わぬ。

    「綱引き」など、団体競技は、皆の心がそろい、力が合うことが

    勝つ要件である。メンバーの中に強いものがあっても、そろわぬと

    負ける。

     一つになるとは、自分が人に合わせることである。この簡単な

    一本の筋道を進むのが、人と人との倫理である。

     まず自分がよくなればよい。相手を尊敬すればよい。

    向こうに親切をつくし、愛情をかたむければよい。

    そして、ただ己が働けばよい。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2011年03月30日 07時13分47秒  /  コメント( 0 )

2011,3/28

 朝刊が届き、トップページは地震の被害を受けた福島第一原発。
高い放射線量が建屋外でも検出された。

 いつになったら放射線は治まるのか?原発復旧は一段と厳しくなった
と・・・汚染水が建屋外に拡大しているんです。

これでは農産物ばかりでなく、海産物も食べられない状況になってしまいました。
こんな大変な事態になっているにもかかわらず、中部電力、その他の電力会社も

同じですが、原発推進の意向です。なんということか!
どんな災害が起きても、このような事態にならない、自然エネルギーを活用すべきと

私は思いますが?どうして破滅の方向へ走ろうとするのか?
原発をやめて電力が足りなければ、みんなで節電すれば良いじゃないですか・・

あまりにも無駄な電力を使い過ぎ! そんな感じがします。
・・・そうそう!自分自身が節電しないと!

それに自然エネルギーの発電所として、太陽光発電取り付けることにしました。
来月から発電が始まります。みんなで何とかしなくちゃ!頑張れニッポン!!

 *幸せになるための366話

   その85【成功者を支える妻】

     貧乏画家、池大雅の家に来客がとまった。

    夜間、別室で紙がガチャガチャと鳴る音がする。

    翌朝たずねて聞くと、夫婦の休むフトンがないので画の

    用紙をかさねて、その中にもぐりこんでいたのである。

     平賀源内にある時、友がたずねて来た。

    談たけなわにならんとして、酒がない。妻は外出し、やがて酒が

    卓にのぼった。夫は愛妻に余興をせよという。別室より高雅な

    琴の音。妻は、質入れして、じゅばん一枚であったため、客室に

    出ることが出来なかった。成功者の背後に、つよい女性の力の

    あることは、忘れてならない。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2011年03月29日 07時07分41秒  /  コメント( 0 )

2011,3/27

 自然界の営みってすごいですね。
このタンポポさんは畦草を払う前に撮った写真ですが、私たちに刈られても踏まれても、
この時期になるとちゃんと芽を出し、花をつけ私達を和ませてくれます。

 タンポポは、全世界に広く分布しているようですョ。
若葉は食用、帯根全体を乾燥させたものが漢方生薬で健胃・催乳剤として効果があるようです。

いわゆる薬草です。自然界に生息する薬草はほぼみんな水質バランスが良くて+1〜2あります。体調維持にはとてもよいとおもわれます。

 さてさて今、天草では田植えの準備で田んぼの耕転が始まっています。4月には入ると
ボツボツと田植えが始まり4月下旬までには終わりになります。

私の所では、その後に古代米が最後の田植えになります。昨年と同様、今年も寒い日が続いていますのでやや遅れるかも?・・・・それと最後の最後・5月の連休にアジア・アフリカ支援米の

田植えも予定しています^^。

 *幸せになるための366話

   その84【悪口】

     いつも私の悪口をいう人がある。一度聞きたいと思うが、

    真実はわからぬ。
     
     まってくれよ、それがもし、事実とすれば、その人の方が正しい。

    もしまた、事実でない悪宣伝をしているとしたら、向こう様こそ

    まちがいである。

     どちらにころんだところで、私自身の実質は、善にも悪にも、少しも

    変わるものではない。ただ私自身がそのために心を動かし行いが乱れると、

    その時はじめて私が変わってくる。

     私の真のねうちを高めたり落としたりするのは、他人ではなく自分自身

    である。

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

             健幸一番楽らく農園


Posted at 2011年03月28日 06時45分46秒  /  コメント( 0 )

2011,3/26

 福島原発の事故で、関東の都県が計画停電を強いられています。
文明のバロメーターは紙の消費量といわれた時代もありましたが、

今は電力の消費量。電気のない生活が考えられません。お金さえ払えば
いくら使っても良い、また電力会社は、売上向上のためにオール電化の勧め・・

そこに計画停電という冷や水を浴びせられました。
宇宙から見た日本列島は、首都圏は勿論のこと、札幌市から福岡まで主要都市は

煌々と輝きさらに中小都市の光がその間を埋め尽くし、まさに日本列島が光り輝き、
浮かび上がるほど・・・異常な電力の消費量。

それが今は、節電でネオンは消え、コンビニエンスストアは自動ドアが手動の所
もあるそうな・・文明と文化を履き違えてきたのではないか。

文化は先人の知恵の集積で生活の多くの場面に生かされてきました。
ところが、利便性を求める文明がこうした文化をないがしろにしてきたように

思われます。これまでの地球の歴史を見るとき、文明は滅びることもあるのです。
そこを肝に銘じ、私達の生活を立て直さなければ・・・。

 *幸せになるための366話

   その83【俸給の額】

     永い目で広く世の中を見ていると、

    能ある人は隅にかくれてはいない、つまらぬ人間が

    高給はとらぬ。必ず自然にその人に適するように

    定まるものである。

     少なくとも就職の当初は、これに満足しており、

    喜びをもっていたはずである。

     我が俸給も知らぬように働く人こそ、

    いよいよ高い俸給がめぐってくる。

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

             健幸一番楽らく農園


Posted at 2011年03月27日 05時48分41秒  /  コメント( 0 )

2011,3/25

 3月25日・何を隠しましょう^^。わたくし・生まれも育ちも
あまくさ新和町・この世に生を受け、本日をもって50と8歳になりました^^。

・・・と振り返ってみると、この過ぎゆく一日一日の早いこと、早いこと。
アレ〜っという間に58歳になっちゃいました。

母が良く言っていましたが、人生50年と言われていたそうで?
そのころからすると、私も8年余分に生きてます^^。

今春、MOAの新年会で、ある方が歳は取って捨てる・・と言っておられました。
私もめでたく60歳になったら一つづつ、歳をとって捨てようと思っています^^。

いつかのブログにも書いたんですが、60過ぎたらだんだん若くなりますョ^^。
実際70になった時は、50歳ですから^^。

どこまで若くなって逝けるのか楽しみですね〜^^。
目標は40歳ですが?・・いつ地震があって大きな津波が来るか?

ここは海抜4〜5メートルですから、今回の東北で起きたような大きな津波が
来たらひとたまりもありません。地震が起きないことを祈念するしかありませんね〜。

さて、今日は家族みんなが誕生日を祝ってくれました^^。
みんな・ありがとうね。いつもいつも感謝してますョ^^。

これからも、旅立ちまで宜しく頼みますョ〜^^。

 *幸せになるための366話

   その82【生命の糸】

     春風をはらんで、青空高く、いくつかのタコがあがっている。

    タコは風のままに上がったり下がったりおよぎまわっている。

    しかし、いつも一本の糸によって持ち主の手につかまれている。

     人もまたこのように、造物主によって、グイとつかまれているものである。

    それは生命の糸(根元)である。

     この糸は目に見えない。しかし、脈打っておる、大宇宙と同じリズムで。

    これをいき(息)という。

    これが造物主(大宇宙)より、人間につらなる生命の根であり、

    連絡の糸である。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園


Posted at 2011年03月26日 06時27分04秒  /  コメント( 0 )

2011,3/24

 毎日届く新聞やその他の新聞雑誌・・
一番最初に掲載されているのが地震災害のこと、いつになったら

 明るい話題が紙面を飾るようになるのか?見当もつかない。
その中の一面に「壊滅の街眼前の悪夢」「事故の連鎖底なし」「放射線 不安な住民」

かつて見たことのない大きな見出しで大災害の事態を伝える新聞各紙。
そんなとき、ネット上に流れた一枚の写真に胸が熱くなった。

自衛隊員が抱える赤ちゃんの写真。地震から3日経っていたのに生後4ヶ月の赤ちゃんは
瓦礫の中で鳴き声をあげて自分の居場所を知らせていたそうだ。

また、「夜中帰宅する道すがら、とっくに閉店したパン屋のおばちゃんが無料でパンを配給
していた。」「4時間の道のりを歩いて帰る時に、『トイレのご利用をどうぞ!』と書いたスケ

ッチブックを持って自宅のお手洗いを開放していた女性がいた」
「避難所で、4人家族なのに『分け合って食べます』と3つしかおにぎりをもらわない人を見

た。凍えるほど寒いのに、毛布を譲り合う人を見た。きちんと一列に並んで、物資を受け取る
姿に、日本人の誇りを見た」「避難所で、おじいさんが『これからどうなるんだろう?』と

漏らした時、となりにいた高校生の男の子が『大丈夫!大人になったら僕らが絶対に元に戻しますから!』みんな気持ちは同じだ。我々はきっと大災害を超えていける。

そしてこの国はもっといい国になる。
ヨッシャア〜〜〜〜みんな前向きに頑張ろうぜ!!素晴らしい未来がそこにある!!

 *幸せになるための366話

   その81【雑念を去れば】

     家庭の不和も、事業の失敗も、時にふりかかる不時の災難も、

    一つとして、心のあやまり、生活の不自然さを教える危険信号、

    そのまま幸福の門でないものはない。

     人は本来、雑念を取り去り生活を自然にもどせば、自然と同じリズム

    に乗って(大自然と調子がそろって)、宇宙の本体といき(呼吸)が通い、

    少しもとらわれた私心がないので、いちいちの苦難の意義が、出あった

    一瞬さっとわかる。

     自然に住む動物は、皆こうした能力をもっている。

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

             健幸一番楽らく農園 


Posted at 2011年03月25日 06時34分51秒  /  コメント( 0 )

2011,3/23

 昨日は畑に里芋作りをしたのですが、仏の座・・・満開でした^^
仏の座は七草の一つです。シソ科の一年草または越年草。原野等に自生しているのですが
我が家は畑一面でした^^。茎は柔軟で高さ25僉春、紫色の唇形花を輪状につけています。
何れにしても可愛い花さんですョ^^。

 夜は、食と農を考える天草フォーラムの役員会でした。
今回の地震災害で、私たちにできることを何かしましょう!!・・ということで募金活動を

する事になりました。いっぱい集まる事でしょう。私自身も6団体を通して義援金を贈らさ
せて頂きました。わずかではありますけど、何かのお役に立ってくれると思います。

一日でも早く復興されることを心より祈念申し上げます。
頑張れニッポン!!

 *幸せになるための366話

  その80【生命の不滅】

    生命の不滅ということは、種において、族によって、

   祖先を通じてはじめて不滅であって、祖先なき子孫はなく、

   子孫なくしてその生命の不滅なる理由がない。

    宇宙の大生命は、不断の創造である、自在の生成である。

   何の不自由もない。

    我らが祖先を思い祖先を祭るのは、精神の世界に、

   親を蘇生させ亡き子を迎え来るのである。

    すなわち、我が心に死者が生きかえるのである。

      (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

           健幸一番楽らく農園


Posted at 2011年03月24日 07時17分22秒  /  コメント( 0 )

2011,3/22

 「苦境は試練」・・・・・
という言葉がありますが、まさに今の日本はその状況です。

地震による被害は、日を追うごとに大きくなってくるようです。
死者、不明者を合わせると、22985人の方々です。

なんと多くの人々が・・・心よりご冥福をお祈りいたします。
残された親族の方々も・・・どうぞ・・言葉が見つかりません・・・

加えて、原発の事故により放射能汚染で農産物の流通も出来なく出荷された
ホウレンソウは返品されるという事態になってしまいました。

これまで国は、原発推進をしてきましたがこの実態をしっかり認識されて、
原発は、凍結の方向で検討されないと、この後の地震により他の原発もこのような 

事態になりかねないし、国民が安心して住めない地域が増えてきてしまいます。
「チェルノブイリ」は、事故から25年たった今も汚染は消えず人は住めないんです。

「苦境は試練」・・この事態を乗り越え、また元気な日本を取り戻せるように
それぞれお互いの役割の中で、努めて参りましょう!!

 *幸せになるための366話

   その79【真の働き】

     私達は、今ここでこのまま人にかかわりなく、

    自分でできることを断乎として行なう、

    やってのける道が残されている。

     それは、「真の働き」ということである。

    「真の働き」とは、そうするだけで例外なく必ず結果が現れるという

    働きである、気を引きしめて雑念なくはたらくことである。

     その時、自分の持っている実力が、そのまま

    仕事の上に現れる。

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

            健幸一番楽らく農園


Posted at 2011年03月23日 06時51分19秒  /  コメント( 0 )

2011,3/21

 国民の祝日・春分の日・・・
(春分にあたり、自然をたたえ生物をいつくしむ日)

それに今日は、昼と夜の時間が同じなんですね〜。
そうしてみると、これからだんだんと昼間の時間が長くなる=田んぼが

忙しくなる^^。・・・ということに成ります。
良いですね忙しくなるって^^。仕事を元気で出来るというのが最高です。

一昨年の膝の怪我の時は、歩けず、仕事はできず・・・歩けるだけでも
なんと幸せなことかと、しみじみ感じました。

ですから、元気でお仕事が出来るというのはホントに本当に幸せなことなんです。
この幸せと、不幸せは、紙一重なんです。ちょっと目線を変えてみたら、また

考え方をちょいと変えてみたら・・・あらぁ〜私ってこんなに幸せなんだあ〜
と思える自分作りをする事が出来ちゃうと、何が起きてもし・あ・わ・せ・

になっちゃいますョ〜^^。せっかくの人生、お互いに幸せになっちゃいましょう!
長いようでほんの一瞬の短い人生ですから^^。

 *幸せになるための366話

   その78【創業の精神を貫く】

     創業の精神をあくまで変えてはならないのです。

    といって毎年毎月、同じことをするのは間違いであります。

    自由闊達に端倪すべからず営業ぶりをせねばなりません。

    働きぶりから、配置をかえることまで・・・・。

     そして朗らかな気分で、「創業に精神」を一貫していく。

    ただいろいろなやり方をかえる。

    そしてあらゆる面に渡って、常に研究することを

    忘れぬことであります。

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

              健幸一番楽らく農園


Posted at 2011年03月21日 22時23分22秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ