ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて
2010-06 の記事

2010.6/30

 今日は、早朝よりカミナリを伴い集中豪雨でした。
見る見るうちに水かさが増し樋門の開閉に終始しました。

なんとか水稲の冠水だけは免れましたが、梅雨が明けるまでは
気が抜けません。もう少しですから頑張ってみたいと思います。

  地三郎博士・95歳からのグラフィックス「百二歳児」より

   「心こそ大切なれ」
            情意の教育を学ぶ

 私が広島師範学校に入学したのは大正11年(1922)、今から
86年も前のことです。昭和5年、広島高等師範の時、弁論部長として

論じたテーマは「現代教育の病弊」。
「われに教育を与えよ。然らば全人類のキャラクターを一変せしめること

ができるであろう」と切り出したあと「現代の教育は主知主義一辺倒に堕して、
今や病弊として日本の教育を混乱させている。

この病弊を救うものは「情意の教育」である。たとえ学習の点数が悪くても、
人間として心の美しさを持っていればいいではないか」と提言しました。

私はこの心を今も大切に持ち続けています。

  本日のお米管理情報 (大雨のち曇り)

    樋門の開閉から水回りでした。

  今日の一言です。

   【言葉は生き物である。つかう人によって変わる】

     言葉に魂が宿るとされてきた。

     つかい方によって、言葉は祝いにも呪いにもなる。

       たとえ話しぶりは拙くても、

         嘘のない心から発せられる言葉は、

               相手に深く一直線に響く。

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園


Posted at 2010年06月30日 20時00分03秒  /  コメント( 0 )

2010.6/29

 イヤァ〜、天草は今日もまた良く降りましたョ〜。
お陰様で、一日中、樋門の番でした。私の所の水田は

300年余り前に干拓された所で、海抜0メーター地帯です。
大雨になると河川の水位が上がり逆流してきます。そこで、

樋門の開閉が必要になってくるんです。満潮の時は海へ河川の水が
流出できなく水田の冠水の危険度が増します。

だけど、今日の所はなんとか大丈夫でした^^。

  地三郎博士・95歳からのグラフィックス「百二歳児」より

 「余興・かくし芸を持て」

 私は師範学校時代の8年間を学生寮で過ごしました。寮生活では、
先輩の下着まで洗わされます。それが辛くて、父親に退学を申し出た

こともありました。しかし、世界一周講演旅行ができるのは、集団生活・
寮生活を体験したからだと考えています。

寮生活ではしばしば車座ができ、歌や踊りが始まります。それぞれが、
先輩に教わりながら、かくし芸を競い、自分のものにしました。

私は今、講演会で必ず黒田節を舞います。拍手喝さいです。
おかげで100歳を超えた今でも話題の中心に座ることができるのです。

かくし芸も長寿の秘訣なのです。

 私の場合はカラオケくらいかな?^^。

  本日のお米管理情報  (大雨)

       一日中 樋門の番でした。

  今日の一言です。

  【宇宙は進んでやまぬ。人生は不断の創造】

    時は一刻も停滞しない。昨日は二度と帰らない。

    進むとは新しくなることだ。

    一瞬一瞬が常に初めての局面とは、なんと面白いことか。

    今日はどんな創造の喜びを味わえるのだろうか。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                 健幸一番楽らく農園


Posted at 2010年06月29日 19時06分34秒  /  コメント( 0 )

2010,6/28

 日本の国技である「相撲」今、大変な事になっています。
私は、相撲は好きで青年時代は良く大会とかに出ていました。

テレビ観戦は勿論のこと、天草の牛深であった時も父母を案内して
行ったものでした。宮崎の口蹄疫と同じで早く浄化して、また活気の

ある大相撲になって欲しいものです。

  地三郎博士・95歳からのグラフィックス「百二歳児」より

     「外国語で日記をつける」

 私は、高等師範学校時代に英語とドイツ語を学びました。
65歳から始めた韓国語は独学です。語学は、ラジオ講座などで毎日

続けることが大切ですが、やはり、直接対面して発音の指導を受けることが
上達する秘訣です。さらに習ったことを毎日書きとめる習慣をつければ、

歳を取り記憶力が衰えていても、学習効果が上がります。
外国語で日記を書く。この習慣こそが、ボケ防止の処方箋なのです。

「手は、頭の外にある脳である」。手・指先を動かすことは、
常に脳を刺激しているのです。ペンを握り、一字一字書く習慣を続けましょう。

  本日のお米管理情報 (曇りのち雨)

    午前、白岳下水田畦草払い。
          少し残りあり 午後雨の為中止

 今日の一言です。

   【自由とは、すなおな心に帰ること】

      ふんわりとやわらかで、こだわりも不足もない

                    澄んだ心が純情である。

      この心に帰ってこそ、思うままに振る舞っても

                  世の中のルールからはずれない。

              真の自由を生きられる。

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                 健幸一番楽らく農園


Posted at 2010年06月28日 19時40分32秒  /  コメント( 0 )

2010,6/27

  梅雨入りをしてからお日様を拝んだのは一日だけで
梅雨の時期らしい空模様が続いていますが、皆さんの所は如何ですか?

私の住む天草は、高い山がなく今、降ってくれているこの雨が
夏場の飲料水になってくれます。それを考えると、とても有り難いことです。

今年も、夏場を凌ぐだけの雨が降ってくれることでしょう。

  地三郎博士・95歳からのグラフィックス「百二歳児」より

    「一日一知」
         「新しいことを知ることは生きる喜び」

  私は、NHkラジオ語学講座を放送開始当初から聴いています。
 65歳で定年になると同時に、韓国の大学の大学院長に就任。

 以後、韓国語の勉強を始めました。後には、韓国語で授業を
 するまでになりました。95歳からは、中国語。

 100歳からロシア語。101歳からはポルトガル語を勉強中です。
 「一日一知」一つの単語でも良い、口に出して発音します。

 挨拶言葉を一言知っているだけでも親しみが増し、笑顔が生まれます。
 私にとって外国語を学ぶ事は、健康法の一つです。

  本日のお米管理情報  (曇り時々雨)

    午前、松原土手付きモアー及び草払い機にて畦草払い。

    午後、観音水田    〃

  今日の一言です。

  【食卓は、一家だんらん、愛和の中心】

    食卓に並んだご飯や料理は、命の糧となるだけではない。

    その温もりが家族の心をなごめ、癒し、絆を強くする。

    愛情を傾けて料理し、感謝を込めて頂戴しよう。

  今日は、刺身を食べていっぱい飲みたいな〜?
 そんなことを思い、食卓についたら、ナントお刺身がでてきました^^。

 夫婦って通じ合うですよね〜。それはそれは美味しい一杯でした^^。
 今、休肝日が一勤二休です。ボケたらあかんぜよ〜〜〜。

 地先生みたいにはいかなくても、ボケずに元気で逝きましょう・・・
 と、決めてはいるのですが・・?

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園


Posted at 2010年06月28日 06時55分26秒  /  コメント( 0 )

2010,6/26

 日本古来の楽器、三味線
今日は、津軽三味線奏者、高崎裕士新和町公演がありましたよ。

一昨日までフランス・パリ公演だったそうです。
初めて身近な所で聴かせて頂きましたが、お見事でした。

私は、楽器はなにも出来ないんですが、ただ出来るのは
ホラ貝と口笛ぐらい・・・・はできますョ^^。

  地三郎博士・95歳からのグラフィックス「百二歳児」より

  「やる気棒」

 子供の頃、棒を振り回して遊んだ経験があるでしょう。私が、体操に
棒を取り入れたのは、50年前、手足の不自由な子供たちの為でした。

ラジオ体操を教えても、だれも興味を示さないのです。
歳月は流れて、中国へ行きました。公園で見かける太極拳、中国の人は

良くも長い間、何も持たずに辛抱したものです。
「やる気棒」は、赤黄青の三色、中に球を二個入れています。

音がします。紙の筒だから軽量です。投げあげて落ちてくるのをハッと掴む・・
「やる気棒」を毎朝、五分振り回せば、心身が同時にアイドリング完了です。

  本日のお米管理情報  (雨のち曇り)

    午前、雨の為小休止

    午後、蓑田水田、尾田水田、草払い機にて畦草払い
       大田水田、モアーにて畦草払い

  今日の一言です。

  【子は授かりもの、預かりもの】

     わが子を天から預かったからには、慈しみ育て、

        時に厳しく叱り、祖国の文化を伝え、

           一人前にして巣立たせるのは親の務め。

             無限の喜びという、代え難い報酬をもらって。

   昨年の10月に初孫が生まれ、日々成長していく様を見る時
  子供たちには、地先生は三歳で30回噛むことが習慣に成ったそうだよ!!

  ・・・と、元気に育つことを願って口をはさんでいます。ジジイバカ・・かな?^^。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                  健幸一番楽らく農園


Posted at 2010年06月26日 21時41分56秒  /  コメント( 0 )

2010,6/25

 やりましたね^^。岡田さむらいジャパン!!
決勝トーナメント進出じゃないですかーーー。

ナント、ナント、ベスト4も夢じゃないかも?
頑張ってほしいですね、また応援させて頂きましょうー皆さん!!

 地三郎博士・95歳からのグラフィックス「百二歳児」より

   心の窓が開く「冷水摩擦」

 夏冬を問わず、布団を出たら先ず風呂場へ行き、タオルを濡らします。
首筋にあてると身が引き締まり、目が覚めます。

その後、頬から順次、全身の汗を拭くのです。私達は、寝ている間に
コップ一杯の汗をかいています。冷水摩擦と言っても、体をごしごし

擦る必要はありません。私の健康法は、「体力増進」の為ではありません。
朝、身体を拭いてから身支度した方が、気持ちが良いからです。

香港のホテルでは対岸のビクトリーピークを見ながら、「今日はそこまで行くぞ〜」
と声をかけました。こうして私の一日は、爽快にスタートします。

 本日のお米管理情報  (雨)

    雨の為水回りのみでした。

 今日の一言です。

  【未来のことを知りたいと思うのは、浅知恵である】

    結末を知らないからこそ、人生は無限の深みをもち、

          希望を抱いて歩いて行ける。

      太陽の下、「堂々と、実力で未来を切り開く」

                 という気概をもって、

                     前向きに生きていこう。

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                  健幸一番楽らく農園


Posted at 2010年06月25日 22時43分58秒  /  コメント( 0 )

2010,6/24

今日は、梅雨の合間で良いお天気でしたョ。(快晴ではありませんでしたが)
そんな中、水稲を作っている土地改良区の総会でした。

お昼は食事会でお酒を少し頂いたのですが、お昼からののお酒はヤッパリ
駄目でした。予定の仕事ができなくお休みになっちゃいました^^。

今、目が覚めブログ入れが始まったところで〜す。

 地三郎博士・95歳からのグラフィックス「百二歳児」より

  「良い寝具を選ぼう」

 朝起きた時、「今日もがんばるぞ〜」と昨日の疲れを癒し、活力を身につけるには
「如何に寝るか」の心配りが必要です。

疲労回復には、理に適った寝方があります。誤ると歩行が乱れます。
私が使っているのと同じマットに寝たアメリカ人医師が、「これはミラクルベッドだ。

アメリカに持って帰りたい」と驚きの声を発しました。
ホテルのベッドが柔らかい時はベッドボードを使い、再度ベッドメークをしてもらいます。

高齢者や障害者の世界旅行を手がけるクラブツーリズムの皆さんに、3年連続世界一周
をしての経験談をお話いたしました。
   
   マットの問い合わせは090−8364−1063(臼倉)へどうぞ。

 本日のお米管理情報  (晴れのち曇り)

   午後より元田水田畦草取り。

 今日の一言です。

  【愛情をもって人に向かえば、人ことごとく我が友である】

      友情は培うものである。

    ただ受け身の姿勢でいても、友情は深まらず、友人も増えない。

        だれにも「善さ」がある。

      それを見つけて親しみを示せば、万人が我が友となる。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                   健幸一番楽らく農園


Posted at 2010年06月24日 23時10分12秒  /  コメント( 0 )

2010,6/23

梅雨に入り、一番きれいに咲き誇っているのが紫陽花!!
紫陽花はユキノシタ科の観賞用落葉低木でガクアジサイの改良種

とされています。我が家でも挿し木で増やした紫陽花が
              目を楽しませてくれています。

 地三郎博士・95歳からのグラフィックス「百二歳児」より

 「ガムを噛んで、噛む習慣を学べ」

 「私の健康法は、習慣健康法です」と申し上げましたが、
大人になってからでは新しい習慣はなかなか身に着かないものです。

私の噛む回数を咀嚼計で計ると朝1200回、昼1000回、
夜1600回でした。

噛む習慣をつけるものとして、チューインガムがあります。ガム一枚を
甘味が無くなるまで噛むと600〜700回噛んでいます。

健康でなければ、笑顔で振舞うことは出来ません。
笑顔とユーモアを絶やさない為に、良く噛む習慣を身につけましょう。

  本日のお米管理情報 (曇り一時雨のち曇り)

    午前、船田水田、マキオ水田、堀信、森田水田、モアーにて草切り

    午後、  〃  残りを草払い機にて草払い。

 今日の一言です。

   【スタートを切らなければ、決してゴールには入らない】

  スタートラインに立って、まず動こう。 決心して行動しよう。

    動かなければ少しも変わらない。

         動けばなにかが変わってくる。

     断固として進めば道が拓け、ゴールも見えてくる。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                    健幸一番楽らく農園


Posted at 2010年06月23日 22時39分56秒  /  コメント( 1 )

2010,6/22

 過ぎゆく時って本当に早いですね。もう昨日は夏至でしたョ。
夏至は、北半球では昼の時間が最も長くなる日ですが、南半球は

昼が最も短い日になる。季節は冬、私たちの住む北半球はこれから
少しづつ、これもまた楽しい秋の夜長に近づいていきます^^。

 地三郎博士・95歳からのグラフィックス「百二歳児」より

  「一口30回噛む」何を食べるかではなく如何に食べるかが大切

 私は虚弱児でしたから、母親が噛むことを厳しく躾けました。3歳になった頃には
一口30回噛む習慣がつき、以来98年間噛み続けています。

咀嚼学会で斎藤滋会長から、「青年期はどうでしたか」と聞かれましたが、
青年期も母親の教えを守り通しました。

神奈川歯科大学の小野塚実教授は、良く噛むことが脳を活性化し、老化を防ぐという
メカニズムを研究しています。

良く噛めば小食になり、肥満にはなりません。私は生涯で普通の人の半分しか
食べないでしょう。皆が良く噛めば、地球上の食糧問題は直ちに解決するでしょう。

 本日のお米管理情報  (曇りのち雨)

   午前から午後にかけ雨前まで
     マキオ水田から尾田水田、坂本、蓑田までモアーにて畦草切り。

 今日の一言です。

   【ささやかな物でも胸いっぱいの感謝をもって食べる】

 食べ物は、今日のわが命の糧、地球からの尊い贈り物。

   食卓に届くまでの大勢の人の労苦にも思いを馳せ、その土地、

           その季節の天下一品の味を、喜んでいただこう。

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健康一番楽らく農園


Posted at 2010年06月23日 06時15分48秒  /  コメント( 0 )

2010,6/21

 シトシトピチャン!シトピチャン!!今日も時期相応に
子連れ狼を偲ばせる良いお天気でした^^。

雨脚も強くならずに良かった、良かったで〜す。
お陰様で小屋の中での仕事がはかどりましたよ〜。

 地三郎博士・95歳からのグラフィックス「百二歳児」より

  「ユーモア」こそが長寿者の共通点

「100歳に学ぶ・元気の秘密」NHkテレビ・シンポジウムで、アメリカ・
ボストン大学100歳研究所のパールズ所長は、2000名以上の元気な100歳

を診断したが、私以上に元気な人は知らない、とコメントしました。
私は、今や世界一元気な「百寿者」なのです。

また、パールズ博士は、私の笑顔がすばらしいと褒めてくださいました。
苦虫をつぶしたような顔の人は、長生きはできないのです。

  先ずは笑顔!! なんですね。 また明日^^。

 本日のお米管理情報  (雨、夕方より曇り)

   水回りのみでした。

 今日の一言です。

  【美しい愛和の家、ここに子供たちの豊かな霊がはぐくまれる】

     両親が仲睦まじい夫婦であれば、家庭に笑顔があふれる。

       その美しい光を浴び、子供の心の奥底の霊が成長する。

          祖先を敬う心も、愛和の家庭に芽生える。

     (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

              健幸一番楽らく農園

    

 


Posted at 2010年06月21日 22時54分32秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ