ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて

2013.11/29

天草は、昨日から今朝にかけて冬空の雨模様で寒くなってきました〜。
いよいよ冬到来、・・・そんな感じです。
 
 
 さて、前回ちょこっと触れましたお医者さんの近藤誠さんの
「医者に殺されない47の心得」の続きです^^。

 ‟医者を40年やってきた僕が、一番自信をもって言えるのは
「病院によく行く人ほど、薬や治療で命を縮めやすい」ということです。

医者にかかればかかるほど検査が増えて「異常」が見つかり、薬を飲ん
だり手術をするハメになる。

 薬のほとんどが病気を治す力はなく、副作用は大きい。
がんが見つかると、いきなり胃や子宮を切り取られたり、死ぬほど苦しい

抗がん剤治療をさせられる。
 こうして命を縮めます。「信じる者救われる」と言いますが、医者を簡単

に信じてはいけない。本書では、医療や薬を遠ざけ、元気に長生きする方法
を解説していきます。”

 ・・・で、この著書は第60回菊池寛賞受賞!作品です。

 次回から参考までにポイントポイントを私も勉強させていただきながら、
ご紹介していきましょうか・・・と思います^^。

 農作業・これからお米の配送の準備にかかります。
その後は、また天草市の行革審に行ってきま〜す。

 今日も皆さんに何か良いことがありますように!^−^。
 * 今日の道しるべ

      すべては借りもの

         
         衣服も、食物も、住まいも

         この身体ですら自分のものではない。

         一切が恵み、すべてがありがたい。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

                健幸一番楽らく農園

Posted at 2013年11月29日 06時43分32秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*