ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて

2012,10/30

 今日から自動包装機の加工場を作業所の一角に作る
大工作業が始まりましたョ〜^^。

 これは明日にでも写真を掲載したいと思います^^。
その作業のさ中JAでは農政連天草総支部委員会がありました。

 どんな会議かというと次の参議院全国比例区に「山田俊男氏」を推薦しましょう!
・・・・それにTPPの勉強会です。

 皆さんは「TPP」ってご存知でしたか?
いわゆるアメリカ主導の例外なき関税撤廃です。

 農林水産物や工業製品などのかかる関税を、原則として
全ての品目について撤廃。・・・ということです。

そうなった時にどうなるのか?・・・・輸出を伸ばせる企業にとっては
メリットかもしれませんが、国内農業に大きな影響が生じる懸念があります。

 そして、このTPP参加国のあいだで、様々なサービス、食品安全性、医療、
雇用、投資などに関するルールや仕組みを統一しましょう!・・というものです。

 今でも農業は高齢化し、経済的な面でも食べていけないという状況から
後継者はいないという現実があります。加えて自由化になった場合、自給率は

現在の40%から13%へ落ちると懸念されています。
また、輸入される農産物や食品も極めて安全性が問われる状況になります。

 私は「日本の再生は食から!」と常々言ってますが日本国民半病人が
もっと悪い状況になるのでは?・・と思われます。

 何れにしても自給率を上げていく方策をとらないと、より良い国づくりは
できないでしょう!

「フウドシ」の紐を締め直し、自立できる日本国を目指して
頑張ってみようじゃないですか!

 ここで一発 「ガオォーーー!」でしょうか。

 ● 「易経」一日一言

      兆しを察する
       易経は「時」を説き、「兆し」について言及している

      書物である。

       「春の萌し」といえば、ふきのとうが顔を出したというような

      現象をいうが、ここでいう「兆し」は、まだ現象化されていない

      目に見えない潜象、つまり物事に潜み隠れているわずかな変化の

      起こりをいう。

       冬至は一年で一番日が短く、この日を境に日は伸びていく。冬

      至は春が兆す日である。しかし、冬本番の時機は、冬至を過ぎた

      後にやってくる。

       兆しを察知するとは、いわば物事にとっての冬至を知ることと

      いっていいが、これを現象から読み取ることは、ほとんど不可能

      に近い。

       では兆しはどうやって察するのか。それは修行を究め、直観、

      直知するのである。

       易経は、春夏秋冬の巡りを基として、時の変化の原理原則、栄

      枯盛衰の法則を説いている。

       これを実践して学ぶことで、物事の全体の成り行きである大局

      を見通す力がつく。

       やがて時の本質を見抜く洞察力が養われ、さらにわずかな兆し

      で先行きを察する直観力に発展するのである。

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

             健幸一番楽らく農園

Posted at 2012年10月31日 05時58分03秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*