ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて

2012,10/25

 福岡の薬草研究会の友人からファックスが入りました。
「ガンを手術することなく1ヶ月で治す方法」

それは「食事・薬草・温熱療法」。
中でも食の中で、ガンの特効薬は、ビワやアンズ、梅の種に含まれる
「アミグダリン」

 その他、プラム、柿、サクランボ、リンゴ、スイカ、カボチャ、キュウリ、オクラ、
ピーマンなどの種。果物や野菜の種にはほとんど含まれているということです。

また、ガン細胞は、39,3度以上で死ぬといわれています。・・・
毎日40度のお風呂に30〜40分入って、体の芯から温まるようにします。・・

40度のお風呂は、熱くなくて長湯ができます。・・・・
ガン細胞は、35度で一番増殖するので、体温を計って35,0〜9度の人は体を

温める食べ物を食べて36,5度の一番体内の酵素が働きやすくて免疫力の
旺盛な温度にします。

*体を温める食べ物は、次の通りです。

  野菜類

    カブ、ゴボウ、シソ、生姜、タマネギ、トウガラシ、ニラ、人参、
    ニンニク、ネギ、パセリ、ヤマイモ、ラッキョウ、レンコン

  魚介類

    アサリ、アジ、イカ、イワシ、ウナギ、ウニ、エビ、海藻(コンブ、
    ワカメ、ヒジキ)カキ、カツオ、カレイ、サバ、サンマ、シジミ、
    タイ、タコ、タラ、ヒラメ、ブリ。

 ・・・・・・この続きはまた明日にしま〜す^^・・・・・・・

 ● 「易経」一日一言

      革言三たび就る

        征けば凶なり。貞しけれども劼掘3弩聖阿燭
        就れば、孚あり。      (沢火革)

         沢火革は改革、革命の進め方を教える卦。

        改革の時期を早まって進むと、いくら気持ちは正しく

        とも失敗する危険性がある。

         改革を決行するまでには、改革を求める理由を再三

        述べ、賛成反対の議論が何度も行われるという過程が

        必要である。

         そうした過程を経て、改革の機運が大衆の間に広まり、

        それが世論となって、はじめて信頼を得られるものだ。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園

Posted at 2012年10月26日 06時31分19秒

 
この記事へのコメント

バーバリーブルーレーベル

匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_^;)ありがとう。。。
Posted by バーバリーブルーレーベル at 2013/09/15 01:26:51

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*