ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて

2012,10/24

 朝、犬の散歩をさせるのにシャツ一枚では寒くなり
ジャンバーを羽織ってしまいました〜^^。

 北海道の友人のところは、もう既に雪が舞っているようです。
いやいや、やっと雪解けか?・・・と思っているうちにまた雪ですョ^^。

ハッハ―〜〜^^。「ジャネの法則」とはいえ、何と早く感じることか。
 今日の一日も午前中にはクボタの色彩選別機のPRで試験選別。

午後は午後でお米袋の商談。その後の夜は会議と百姓仕事は
出来ずじまいでした〜〜^^。

 明日はいよいよキャタビラの交換修理ができます。
何とか刈り取りができますように!^^。



 一度刈り取りした後にお出ましになって、収穫を待つ稲穂さんです^^。

 ● 「易経」一日一言

      いかに人を裁くか
       乾秭を噬み、金矢を得。艱しみて貞なるに
       利ろし。          (火雷噬嗑)

        火雷噬嗑は、邪魔者を噛み砕いて、問題を解決する

       という意味の卦。悪者を裁いて刑罰を与える、牢獄に

       入れる時を説く。

        「乾秭」は骨付きの乾し肉。これは顎に相当力を入

       れないと噛み切れない。

        同様に、剛強な罪人を裁く時は侮ってはならない。

       また、いかに裁くかで悩むほど考え、誠実に問題に取

       り組まなくてはならない。そうすれば、解決した時の

       功績は大きなものになる。

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

              健幸一番楽らく農園

Posted at 2012年10月26日 05時40分27秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*