ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて

2010.1/27

 今朝の天草は、一面、真っ白の霜におおわれました。水道管も氷つけたようで
家の中の水道が出ないところがあります。

私たちの小さい頃は、藁屋根には大きな氷柱が下がっていたものです。
道路は舗装されていなく、厚い氷に霜柱、懐かしいですね。

  今日の一言【何か一つ、親の喜ぶことを】

 どうすれば両親が喜んでくれるのか考えて
        行動してみよう。親心の一端に触れることで
                    生きる力がみなぎってくる。

 私の両親は、一昨年、父が88歳で、母が4年前85歳でそれぞれ旅立ちました。
次は私の番が回ってきます。(笑)希望は、畑か田圃でひと汗かいた後に元気で旅立ち!!

いわゆる、ぴんぴんころり、を目指していますが先のことは皆目わかりません.
私が、自然農法を始めた当初は、母が怒り出して家庭内紛争がしばらくは続いたのですが

晩年は喜んでくれていました。やはり感謝の気持ちを込め優しい一言を言うのが一番のよう
です。  幸せー、幸せー、と言ってれば幸せの道がつくれていくようですよ。

長くて、短い人生、せっかくですからお互い自分の役割を努めながら幸せの道を
つくっていきましょう。

Posted at 2010年01月27日 08時13分31秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*