ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて

2010.1/26

 おはようございます。
今日の一言 【だめなものはだめだと、はっきり断るのが愛情】

  子供が甘えてくる時は充分に甘えさせる。
        時に「いけません」ときっぱりと言う。
               大人も同じだ。妥協が人をだめにする。

 優しく、愛情を持って厳しく!!
最近の私は、どうも優しすぎる傾向にあるのかも??反省しましょう。

昨日、山口の先生の所で良い張り紙を見ましたので、お知らせします。

[キーワード  がん細胞]
 人の体をつくる正常な細胞の増殖」は遺伝子によって調節されています。
細胞の中の遺伝子の働きに何らかの原因で異常が出て、その異常が修復されず、かえって

新たな異常が起こっていくと、がん細胞になります。
 がん細胞ができる時の遺伝子の異常には、がんを促す遺伝子が活発になること、抑制する

遺伝子の働きが弱くなることの2通りあります。
 がん細胞の大部分は、体から排除されますが、時に細胞が、そのまま体内で成長することが

あります。
 さらに増殖し続けると、それぞれのがんに特有の症状となって現れます。

がん細胞が体内にできてから、がんと診断されるレベルまでに、数十年かかることもあります。

 と言う張り紙でした。

 自然農法家の観点から見た、何らかの原因の一つには、やはり口から入る物が割合として大きいのではと感じられます。そこで、私たちのお米は基よりゼロウォーターを利用して栽培され

た農産物、その他食品を【旨味王(うまおう)】のブランドで癸院ゥンリー1のサプリメント
食品として食して頂く皆様のお役にたちたいと考えています。

Posted at 2010年01月26日 07時32分15秒

 
この記事へのコメント

バーバリーブルーレーベル

お世話になります。とても良い記事ですね。
Posted by バーバリーブルーレーベル at 2013/09/13 00:29:19

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*