ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて

1/15ゼロウォーター


  尋常性乾癬症の改善事例
 尋常性乾癬症とは
皮膚病で難病のひとつ。細菌性ではないので伝染、感染はしない。日本人の発病頻度は1000人に
一人。一般的な治療法は外用薬、内服液、光線療法などがあるが、的確な治療方法はない。

30年来の持病をお持ちの患者様の同意のもと、ゼロウォーターを飲用、浴用に、3週間使用していただきました。

  この人は、昨年3月、イチゴ農家にゼロウォーターの利用を推進に行った時に、農園の手伝いに来ておられた人だそうです。写真は右足のすねの所ですが、処理前の生体水が、−7でゼロウォーターを飲用、浴用に、3週間使用していただいた後は±0に変化し、皮膚の改善が確認されました。
 まだ、完全な治癒までに至っていませんが一進一退で、改善の方向に進んでいるようです。
その他の所でも記入していますが、動植物は同じように、生体水を±0に移行することで健康体を取り戻せそうです。

Posted at 2010年01月23日 17時34分43秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*