ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて

ゼロウォーター(天命水)


   不知火湾(新和町大宮地川下流の海)における環境改善事例

 ここは平成17年に水田70アールからゼロウォーターの利用を始めた所です。
最初は何もわからず始めたのですが、お米の強度の違いと海水の水質バランスの違いで、このゼロウォーターは本物だと感じました。その後平成18年から農園の水田10ヘクタール全てに利

用する事になり、先に見える水門から排水が流れ出る事によりこれまで激減していたコアマモが
御覧のように再生してきたのです。この様子を見たときは、言い表せない感動をおぼえました。

ゼロウォーターを使用する以前の海水質濃度は−7でしたが、今は1年通じて±0となりコアマモは年々広がってきています。水質バランスを整えることで環境回復に繋がるようです。
今、新和町では約200ヘクタールの水田で利用を始めて2年になります。

その事により、周りの海はその他の所も水質バランスが良くなってきています。

Posted at 2010年01月12日 18時03分59秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*