当サロンは、精油(エッセンシャルオイル)の力と、人の手の優しいタッチにより、自然の中の水のように、お客様ひとりひとりの心と体に潤いを取り戻し、笑顔で輝きつづけるお手伝いをさせていただきたいと思っております。 ファウンテンでは、日常を忘れて、深いリラックスを味わっていただけるよう心を込めておもてなしいたします。
メインメニュー
.好漫璽坤譽鵝

身体にハンディがある子の学校で・・・

約25年の教員生活の始まりは、岩手の小学校でした。

ちょっとさかのぼってお話ししますと、岩手大学では、小学校教員養成課程に所属していて、私は心理学を専攻。そこで、小学校と特別支援学校と幼稚園の教諭の免許を取得しました。
卒業後は、関東のある会社のカウンセラー、そして小学校の教員を、約6年間。
ただこの6年間に結婚、出産、転居があり、岩手から茨城へ。ここまでは小学校の普通学級。
この後、千葉に転居してからは、4年間、小学校の特別支援学級。
そしてその後10年間、肢体不自由の特別支援学校に勤務していました。

松戸にあるその学校に勤めていたとき、スヌーズレンに出合いました!
自立活動部に所属していて、毎年夏休みには、解剖学等、体のことを勉強するため、中目黒まで、通ったことが、今では懐かしい…
この頃、体の観察の重要性や心の状態が体に表れることなど、学んび、そしてそれは、障害があってもなくても同じだと思いました。

スヌーズレンは、イギリス大使館で、ワークショップがあるとのことで、当時の上司から、誘われて、実は何も分からずに参加したしたのが始まり…

スヌーズレンは、感覚刺激(視覚、聴覚、嗅覚、触覚など)により、リラックスしたり、探索して楽しんだりできる環境設定でした!

ここで、嗅覚刺激のアプローチを知ることができたのです。

学校で、少しずつ機材を購入してもらい、子供達と一緒に体験しました。
筋緊張の高い子がリラックス出来たり、光刺激に興味を示して追視したりなど、子供たちは、楽しみながら活動出来ていたと思います。

その後、知的障害の特別支援学校でも、自分のクラスで、手作りスヌーズレンを考えて取り組んでみました。
このころは、すでにアロマテラピーに興味があったので、自分のディヒューザーを教室に持ち込んで、スヌーズレンの時間には、嗅覚刺激としてエッセンシャルオイルを芳香させていました。

特にストレスをためやすい子には、定期的に取り組むことで、ストレスがリセットされ、また次の日から、学習活動に頑張ることが出来るように感じました。

2008年3月に教員を辞めて、4月から週2回教育相談の仕事をしていました。
その年の11月に柏市旭町にマンションを借りて、アロマテラピーサロンをオープンしました。
そのころ、以前の同僚にスヌーズレンについて、訊かれたことをきっかけに、日本スヌーズレン協会の会員になり、ヨーロッパでの取り組みを知り、自分のサロンでも、提供できたら…と夢を描いていました。

そして、2010年4月、2年間続けていた教育相談の仕事を辞めて、善は急げと、スヌーズレンセラピーが出来るように店舗を移転しました。


Posted at 2010年04月09日 05時28分22秒  /  コメント( 0 )