体感系自転車屋の店長が送る、ブレイキングニュース(意味不明)
メインメニュー
音楽のある暮らし

sade

空が霞む午後
気怠さは黄砂のせい……?

macBGM、本日の1枚。

Sade / Lovers Rock




今日は、コレが聴きたかった。
なんだろね、理屈はいらない。






急いで走ったけど、疲れちゃった。
でも楽しかったわ。(意味不明w)


Posted at 2013年03月29日 17時45分13秒  /  コメント( 0 )

Jackie Mclean

深夜残業中
macBGM、今夜の1枚

Jackie Mclean / DEMON'S DANCE




サイケなジャケに相通ずる熱さ。
ノリノリで、もはや仕事にならない。

1967年作品
おっと、macの生まれ年。

24bitデジタル・リマスタリングは、超絶の出来。






名作も鳥肌の仕上がり。
ようつべじゃ味わえない。


Posted at 2013年03月28日 01時38分22秒  /  コメント( 0 )

Norah Jones

肌寒い午後
雨も降り出した。

こんな日は、しっとりとした曲が聴きたい。
macBGM、本日の1枚。

Norah Jones / come away with me




ほらね、ぴったり。
彼女のスモーキーボイスは、憂鬱な気分も心地よく変えてくれる。







とびきりのコーヒーとともに、楽しみたいね。


Posted at 2013年03月22日 17時51分06秒  /  コメント( 0 )

Manhattan Jazz Orchestra

昨夜のランの疲れが、何とも心地よい午後。

macBGM、本日の1枚。

Manhattan Jazz Orchestra / BACH 2000




今日は、こんな気分。
説明は出来ない。そんなもの。






中でもこの“Toccata And Fuga”やね。


Posted at 2013年03月21日 14時22分48秒  /  コメント( 0 )

THE REMO FOUR

昨夜の宴の余韻を
引きづりまくるmacBGM、本日の1枚。

THE REMO FOUR / SMILE!




ジャジーでグルービーなオルガンサウンドに、二日酔いはブッ飛んだ!


知らんかったバイ、こげん素敵なバンド。
1966年?darjeelingさん、たまげたバイ。






いや〜カッコイイ!!


Posted at 2013年02月17日 13時35分12秒  /  コメント( 0 )

ANNE SOFIE VON OTTER

コステロウィークの今週。
なんでこうなったかの、原点をたどる。

macBGM、本日の1枚。

ANNE SOFIE VON OTTER meets ELVIS COSTELLO / For The Stars




たおやかでしなやか。
そして時折、素朴さも感じる。

そう、こんなボーカルをこのスピーカーで聴きたかったのだ。
閉店後の店内で、コーヒー片手に聴き入りたい。

2001年作品。
豊潤な時間を堪能。







トム・ウェイツとポール・マッカートニーの曲をミックス。
喜びのため息が止まらない。


Posted at 2013年02月10日 12時35分08秒  /  コメント( 2 )

ELVIS COSTELLO & THE BRODSKY QUALTET

コステロウィーク
17枚アルバム持っているので、まだいけるが……

macBGM、本日の1枚。

ELVIS COSTELLO & THE BRODSKY QUARTET / THE JULIET LETTERS




弦楽四重奏とのコラボ。
見事な美の世界。弦楽器好きのmacには堪らない逸品。

1993年作品。
次なるステップへのプロローグか。






PVもなかなかいいね。


Posted at 2013年02月08日 13時50分57秒  /  コメント( 0 )

MY AIM IS TRUE

コステロウィーク
macBGM、本日の1枚。

ELVIS COSTELLO / MY AIM IS TRUE




記念すべきファーストアルバム。
怒れる若者は、当時からソングライティングの才能は抜群。

名曲“Alison”も収録。
1977年作品。







今回は、RED SHOESをチョイス。


Posted at 2013年02月07日 00時54分33秒  /  コメント( 2 )

THIS YEAR'S MODEL

まだまだ続くコステロウィーク

macBGM、本日の1枚。

ELVIS COSTELLO / THIS YEAR'S MODEL




セカンドアルバム。初期コステロの最高傑作。
アトラクションズとの出逢いが、決定的なこのアルバム。

ライブで使われる名曲揃い。
リマスター盤がたくさん出ているのも、頷ける。

1978年作品
一気に駆け抜けるドライブ感を、ご堪能あれ。






このトラックは、US盤、JPN盤、リマスター盤のみの収録。
チェルシーもいいんだよね〜


Posted at 2013年02月06日 13時25分14秒  /  コメント( 2 )

THE COSTELLO SHOW

コステロウィーク
macBGM、本日の1枚。

THE COSTELLO SHOW / KING OF AMERICA




何を歌っても、自分の物にしてしまうコステロ。
Don't let me be misunderstoodを聴くだけでも、このアルバムの価値はある。

1987年度作品。







本家に引けを取らないね(笑)


Posted at 2013年02月04日 12時49分32秒  /  コメント( 0 )

前へ |  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  | 次へ