体感系自転車屋の店長が送る、ブレイキングニュース(意味不明)
メインメニュー
2013-08-14 の記事

RS81C35

連休を利用して、インプレでも……

RS81C35
製品発表の画像ではカッコ良かったが、実物はイマイチ。




馴れが必要バイ(笑)




ちょっと乗ったフィーリングは、「ズルい!」

って事で、恒例の板屋ではなく
43kmの糸島サイクリングへ出かけた。



来ちゃった(笑)




WH6700に比べたら100g増。
インプレは、分かりやすいようにチューブ、タイヤはそのまま。



35mmハイトのエアロ効果は、予想以上にある。
しかも、35km/h程度でも体感できる。まぁ、少しだが(笑)

それよりこのリム、実に面白い。
リムハイトから硬いホイールを想像していたが、そうではない。

だからといって、柔らかいホイールでもない。
カーボンラップの特色なのか、「硬柔」って感じ。

路面からの突き上げが、波長で変わる気がする。
これはRL8の特色と認識しているが、6700装着時より際立って感じる。

踏み込んだ際のダイレクト感は、まさにレースホイールの様相。
立ち上がってもよれず、グイグイ進む。

ところが踏み込んだ際の入力で、反応が違う感じ。
ホント、波長で違いがあるようだ。

RS81C35、RL8にはベストマッチだと思う。
体重59kgの、貧弱なmacのインプレだということを、お忘れなく(笑)

今度は、登りで感触を味わいたい。


Posted at 2013年08月14日 20時05分45秒  /  コメント( 0 )