体感系自転車屋の店長が送る、ブレイキングニュース(意味不明)
メインメニュー
2009-12-02 の記事

新入荷

キャンプシーズンは終わりを告げたが
今頃ツーリングバッグが入荷した。

というか、九州の冬はあまり寒くないので
冬のキャンピングはどうだろう?



寂れたキャンプ場で、野郎同士が肩寄せ合う。



こんな感じで。






そうそう、懲りずにまた仕入れた。



今度は表記にほど近い数値。
ドイツってアバウトな国なのか。



この違いは1センチではない。






ちょっとゴキゲンなものを見つけた。



ネオプレーンのチェーンステーカバーだが、なかなか愛嬌があるデザインだ。





反対に巻いたら意味は無いが、ちょっとカワイイ。





クロモリフレームなら、フレームパッド代わりにもなる。
スナップを交互に付けたら生き物のようで、何ともカワイイ。




全く関係ないが
手ブレ補正機構ボディー内臓で、防滴仕様のデジイチが欲しい。


Posted at 2009年12月02日 18時36分46秒  /  コメント( 16 )

こんがり鶏肉と春菊炒め

子供の頃、春菊なんて人間の食べるものじゃないと思っていた。

ピーマンやししとうなども
何で食べなきゃいけないのか理解に苦しんだ。

今ではどれも好物だが。


本日の男弁当



こんがり鶏肉と春菊の炒め物、キャベツの塩もみ、玉子焼き。

炒め物は春菊半束(通常売っている束)、鶏肉200g、彩でニンジン半分程度。

作り方は、フライパンで鶏肉をちょっとカリカリ気味に炒め、次に春菊の茎を先に入れる。しばらくして葉の部分を入れ炒める。予め固ゆでしたニンジンを入れ、春菊がしんなりするちょっと前に、酒大さじ1、醤油大さじ1,5、みりん小さじ1、すりおろした生姜適量、ごま油で香り付けする。絡んだら火を止め桜海老?乾燥エビ?オキアミのようなものを上からふりかけ完成。

副菜が切れていたので、キャベツの葉2枚で塩もみを作る。
生のままだとありえない量だが、塩もみして水分を絞ると、ビックリするくらい少なくなる。弁当の副菜にちょうど良い。




今日はネギで、チヂミを作ろうと思う。


Posted at 2009年12月02日 14時11分47秒  /  コメント( 0 )