体感系自転車屋の店長が送る、ブレイキングニュース(意味不明)
メインメニュー

楕円

予想以上の効果をもたらした楕円ですが、先日の状況は記録会の競り合いで出た特殊な状況でした。

となれば、単独の状況も確認したく、大門〜背振へ行ってきました。

結果は、たくさんのセグメントでシーズンベスト。
しかも、その全部がパーソナルレコードというオマケ付き。

詳細を、私なりに解析。
長文なので、てきとーにフェードアウトしてつかーさい(笑)


ゝす腓入った大門〜涼山泊

ラウンドのアウターを多用する前半はあまり関係ないのですが、気分的についつい踏んでしまう。いつもより早目にインナーへシフト。すでに脚は売り切れ気味だが、PR2分更新。


⇔短廓顱組腸案

36X21〜23で板屋峠に突入。10カーブまで合計18分ちょっと。
椎原〜10カーブのセグメントを見ると、ここでPR1分更新。
ここでの指令は、11劼鮟个気覆い茲Δ砲垢襦
20カーブに25分ちょっと。まずまずのタイム。でも、あと何分かかるかの計算が出来ないほどの頭真っ白状態。その後はタレまくり。ところが、タイムはそこそこでびっくり。
板屋最後の27〜ピークのセグメントは、良いところなしの30秒遅れ。
それでも前半の貯金が効いて、大門〜板屋2分20秒更新。


H腸亜素愎

いつもの背中痛が出てきた。
下りは全く踏まず、平常心で下る。そして自衛隊道路へ突入。
ここまで良いタイムで来てるのを常に自分に言い聞かせ、心を折れないように保つ。
ここでの課題は10劼鮴擇蕕覆ぁ時折28Tに入れ、急こう配をやり過ごす。
でも後半、本当に踏めなくなり体重をかける休むダンシングを多用。そのおかげで、楕円ピーク抜けの独特の感覚を体感出来た。
背振のセグメントで、1分30秒更新。

下りも入れて、合計4分4秒更新。
もはや、これを楕円のおかげでは無いとは言えない。

確かに、最初の入りがハイペースだったのもある。でも、その分脚は使っている。
楕円により効率よくピークを踏め、しかもその直後のトルク抜けがもたらす効果が絶大だと感じます。
力が掛かるピーク時(4時)から片方のペダルが上死点過ぎるまで、知らず知らずのうちに無駄な踏み方をしていたのでしょう。

という訳で、楕円ギアは上りに有効です。私見ですが。



あ、ちなみにROTOR Q RING シマノ4アーム用36T在庫あります(笑)

Posted at 2015年05月21日 14時39分33秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*