メインメニュー
2017-02-06 の記事

2017合格メッセージ

慶應義塾湘南藤沢中等部
        他 合格

Hさん

 小学校三年生の二月からスクエアに通いはじめました。私が受験をしようと思ったきっかけは三歳から始めたバレエで一番結果が出せる時期に高校受験や大学受験で休みたくないと考えたからです。周囲からは中学受験とバレエの両立は難しいよと言われましたが塾長先生や純子先生に励まされ、六年生最後の九月にある発表会まで参加することができました。
 スクエアの良いところは人数が少ないので、みんなの仲間意識が強いことと先生との距離の近さです。分からないところはいつでも聞ける雰囲気があるだけでなく、私の鉛筆が止まっていると「なんだ、分からないのか?」と直ぐに声をかけてくれます。
 慶應SFCを第一志望にしたのは、スクエアで教えてくれる先生方はSFC出身者が多く、みんな個性的で明るく面白くて素敵だなーと思ったのと、SFCには勉強だけでなく打ち込んでいる何かがあって活動的な生徒が多いと塾長先生に教えていただいたからです。
 受験は二月一日スタートです。第一志望のSFCは一次が二日、二次が四日、合格発表が二月五日と長く、みんなが受験を終わる中、五日間が一年にも感じられましたが、塾長先生と純子先生がその間ずっと支えてくれていて、発表の日、何故か母の携帯で結果が見られずにいたところ、塾長先生からの電話で合格を知りました。先生方にお祝いを言われた時には泣いてしまいました。
 受験勉強には大変なこともありましたが、スクエアの先生方と仲間のおかげで乗り越えることができました。これからもずっと続くこの関係は私の宝物です。
 本当にありがとうございました。

Posted at 2017年02月06日 00時04分52秒  /  コメント( 0 )

2017合格メッセージ

フェリス女学院
学芸大附属世田谷中
       他 合格


Hさん

 フェリス女学院の受験は本当に「まさか」の連続でした。
 まず、一月下旬にまさかのインフルエンザ、最後の一週間、塾に通えなかったことです。私だけ、スクエアのみんなに会えないまま、受験の日を迎えました。次に、試験問題の傾向が今までとちがったことです。驚きました。他にも面接での質問が予想外だったり。でも私は塾長先生からいただいて大切にしているお守りを握りしめ、自分に「いつも平常心」と言い聞かせて臨みました。今までの努力は裏切らない、素の自分を見てもらえばいいんだ。そう考えながら受験したから合格できたのだと思います。
 もちろん合格だと聞いた時は本当に驚いて腰が抜けました。「どんな時も平常心で臨む」今回の受験を通して学んだことです。これからも「まさか」はたくさんあると思います。けれど平常心を失わず堂々と生きていけるよう、一生懸命努力していきたいです。
 最後になりましたが、今まで支えてくださった先生方、家族、そしていっしょに頑張ってきたみんなに心から感謝しています。本当にありがとうございました。

Posted at 2017年02月06日 00時03分01秒  /  コメント( 0 )

2017合格メッセージ

日本女子大附属中
      他合格

Mさん

 私は四年生の半ばからスクエアに通い始めました。初めは大手の塾に通っていましたが、授業の進め方についていけず、苦手な算数は家に帰ってきて母に説明してもらい、初めて理解するといった感じでした。これではいけないと思い、塾をスクエアに変えました。
 スクエアは『自分で考えて自分で解く』という形で、まずはその場でじっくり問題と向き合います。分からなければ先生がヒントをくれたり、分かりやすい解説をしてくれます。初めはあまり解けなかった算数も、徐々に自分で解けるようになっていきました。自分の力だけで問題を解くことができると、すごい達成感を感じて嬉しかったのを覚えています。
 夏期講習や冬期講習では、お昼休みに皆で公園へ行ったりトランプをしたりして遊び、とても良い気分転換になりました。なので、長時間の講習も苦にならず、毎日塾に行くのが楽しみでした。また、純子先生お手製のクリスマスケーキやお汁粉を皆で食べたり、こんな温かい素敵な塾は他にはないと思います。
 私が無事に合格できたのも、スクエアの先生方、またこの塾に通わせてくれた両親のおかげです。本当に感謝しています。

Posted at 2017年02月06日 00時00分32秒  /  コメント( 0 )