メインメニュー

2013合格体験記

慶応義塾普通部
栄東 東大機‖捷膤

S君

 ぼくがスクエアに入ったのは四年生の時です。先生の授業が面白く、教室にもすぐなじめ、少人数で質問もしやすかったので、大好きになりました。
 塾長先生の社会は、世の中のことなど知らないことをたくさん教えてくれるので、社会に興味を持ちました。純子先生が話してくれた東京スカイツリーの問題が一月校で出た時は、やった!と思いました。
 週テストや模試の成績が悪い時もありましたが、いつも励ましてもらったので、最後まで目標の学校を変えずに頑張ることができました。
 当日は、いただいたお守りと手紙を持って試験に行きました。教室に入るとみんな静かに勉強していて、すごく緊張したので、リュックからお守りを取り出してズボンのポケットの中でずっと握って、深呼吸を繰り返すと、始まってからは落ち着いて解くことができました。
 合格が決まった時にはうれしくてたまりませんでした。こんな喜びが味わえたのは、今まで支えてくださった先生方、スクエアの友達、家族のおかげだと思います。本当にありがとうございました。

Posted at 2013年02月07日 20時23分47秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*