メインメニュー

N君の近況

アメリカにいるN君から、メールをいただきました。


塾長先生、純子先生、

お久しぶりです。
皆様お元気でしょうか?

こちらは家族皆元気にやっております。娘は11ヶ月になりました。
未だに夜なかなか寝てくれなくて手のかかる子ですが、笑顔はなかなか可愛いです。多分、親ばかですが。

私も元気に仕事を頑張っています。最近、今の会社でポスドクではなく正社員として働き始めました。
これからの目標は自分で金を稼ぎつつ、新しい学問の分野に挑戦することです。
自分と自分の家族の為に金をバリバリ稼ぎつつ、なおかつ新しい学問的発見をしていきたいと思います。
どちらか一方では私の人生は成り立たないです。

私も皆様や家族に会いに日本に帰りたいのですが(もう何年帰ってないでしょう…)、なかなか難しいです。
1年後くらいに帰れれば良いのですが。


彼が帰ってきたら、お知らせしますね。同世代のみなさま、お楽しみに!

Posted at 2009年12月26日 22時54分04秒

 
この記事へのコメント



同期生は、今

小学校から高校まで、長いことスクエアにお世話になりました。
卒後、スタッフとしてもお世話になりましたが、
当時の同期や教え子を思い出すとき、
みんなの顔はいつも笑顔で輝いています。

私ももうすぐ社会人2年目を迎えますが、どんなに辛いときも
笑顔を絶やさずいたいと思います。

同期のみんなは今頃どこで何をしているのでしょうか・・

塾長先生、純子先生を囲む会でもできたらいいのですが!!
今も、生徒さんたちは笑顔ですか?(^^)

近いうちに、また伺います!!
Posted by M at 2010/01/07 20:30:53



未タイトル

塾長先生、純子先生

HP拝見いたしました。N君に触発されてのメールです。

私が生徒としてお世話になってから20年経ちましたが、あのころ受けたご指導の数々が未だに思い出されます。

先生方との和気あいあいとしたやりとりのおかげでしょう。受験に必須の基礎知識からその応用まで、いつのまにか体得できていました。少人数制ならではの双方向性の賜ですね。
現在、本業のかたわら、大学にて民法や環境法の講義をしておりますが、たくさんの学生さんを相手にしているため、どうしても一方的な講義になりがちで、その理解度を肌で感じることは難しいと感じることがあります。
その意味で、少人数制ってやはりすばらしい。

本業では、様々なトラブルに巻き込まれた方々のために活動しておりますが、教科書どおりのトラブルはありません。教科書の基礎知識はあたりまえ、その応用力が問われます。先生方の教えはこんなところでも生きているわけです。

あぁ、先生方の好物を持ってご挨拶に伺わなければ(もちろん喜んでですよ。念のため。)。このメールを書いているうちに、そんな気がしてきました。
また、OB・OG会をやりたいですね。

そろそろ本番ですが、生徒の方々、先生方にとってよい結果となるよう、祈念しております。
Posted by タナカです。 at 2010/01/10 15:44:00

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*