☆千葉県市原市を中心にした営業エリアで一般住宅・集合住宅・店舗・商業施設などの塗替塗装工事のご用命は『垂石塗装店』 にお任せ下さい!☆完全自社一貫施工でお客様の大事な資産を長期に渡りメンテナンスのお手伝いをさせて頂きます。 〒290−0041 千葉県市原市玉前86−4 TEL:0436-21-4488/FAX:0436-21-4489           
メインメニュー
2014-02-11 の記事

地獄に仏・・・! ヾ(...



 先週末の2月7日(金)の夕方から、私・母親・叔母の3人で車で法事に出掛けておりました。8日(土)に予想される降雪を見込んで、7日に急遽出掛ける事になり1日余分なホテル宿泊費はかかりましたが、雪による足止めを避けられて法事にも滞り無く出席する事が出来ました。問題は2月9日(日)、さあ〜これから帰ろう!とゆっくり宿を出て最寄りの高速道路を乗り継ぎ順調に首都高速を千葉に向かって走っていた所、京葉道路下りは雪による積雪で通行止めの電光表示板アナウンスに湾岸線を選択致しました。

 首都高9号から湾岸線に乗り換え、交通量が少なくて良いな〜!と考えながら葛西ICを過ぎて、後1時間ほどで自宅に到着出来ると呑気に構えていた所、浦安ICから先は地獄の渋滞が待っておりました。後から分かった事は、何十年に1度の積雪で軒並みに交通機関が麻痺していたという事、特に千葉県と東京都を結ぶ主要な高速道路・鉄道がストップしてとんでも無い事になっていたようです。そんな事はつゆ知らずに、その大渋滞の中に巻き込まれて身動きできない1台となってしまったようです・・・。

 渋滞区間としては、湾岸線下りの浦安ICから千鳥町ICまでの1区間でしたがこの区間の通過時間は7〜8時間かかり、20〜30分で1僂蘯屬動かないというのはざらあるとても酷い渋滞でした。大渋滞となると1番の心配事はトイレ・車の燃料・食事という順番になるでしょうか?男の私などは車を止めて(殆ど動かないので、渋滞のまっただ中に停車)道路脇で用を足す事が出来ますが、女性の方などはそういう訳にもいか無いので申し訳ないという気持ちの元にどうにかならないか?と考えあぐねておりました。
 
 そうこうしている内に、車は立ち止まりながらも閉鎖された浦安ICの乗り口に差し掛かると、路側帯に停めてある軽トラックの電光掲示板に「トイレをご利用下さい!とアナウンスされ文字が目に止まります。それを私が見つけて母親と叔母に告げると、今迄相当我慢をしていたのでしょう!脱兎のごとくとはこういう事をいうのだろうなと感心する程の素早さで、車外に飛び出し一目散に簡易移動トイレに駆け込んで行きました。用を足した後にこの係の人にお話を伺った所、トイレを何とかしろ!という苦情の電話が物凄く、急遽この車を仕立てて来たという事だそうです。

 何十年に1度となる大雪に見まわれたからには、地震・津波・火事等の大災害に対する心構えと同じではいけないなというということを感じながら、正に地獄に仏とはこういうことかな?と思った次第で「行きは良い良い・帰りは怖い」を肌で実感した2泊3日のお出かけでした〜! 
ε=( ̄。 ̄;A ツカレタ…

皆さまの応援が、何よりの励みになります。何卒!下記のバナーにクリックの程を、よろしくお願い申し上げます!゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛



Posted at 2014年02月11日 13時14分28秒  /  コメント( 0 )