☆千葉県市原市を中心にした営業エリアで一般住宅・集合住宅・店舗・商業施設などの塗替塗装工事のご用命は『垂石塗装店』 にお任せ下さい!☆完全自社一貫施工でお客様の大事な資産を長期に渡りメンテナンスのお手伝いをさせて頂きます。 〒290−0041 千葉県市原市玉前86−4 TEL:0436-21-4488/FAX:0436-21-4489           
メインメニュー
2011-04-05 の記事

原発事故処理作業員「...

 

 以下産経ニュースからのコピペです。

 原子力発電所で深刻な事故が起きると、高い放射線量が計測される場所に飛び込み素早く任務をこなす「ジャンパー」と呼ばれる男たちがいる。東京電力も今回の福島第1原発事故の処理作業に当たるジャンパーの募集を始めた。そんな折、1986年4月の旧ソ連・チェルノブイリ原発事故(原子炉爆発)の処理作業に当たったジャンパーがロイター通信にその「地獄の体験」とこれから福島に向かうジャンパーたちへのアドバイスを語った。


チェルノブイリで23回出撃


 男性は、現在シンガポールの研究所に勤務するウクライナ系米国人の科学者、セルゲイ・ベリヤコフさん(55)=写真(ロイター)。ベリヤコフさんは家族の反対を押し切り、86年7月から8月にかけて40日間、事故後のチェルノブイリに滞在。この間、ジャンパーとして23回、現場に「出撃」し、「6回、(退却が遅れて)地獄(死)の入り口を見た」という。

 ジャンパーとは、跳びはねるように危険な場所から瞬間移動する能力を持つ者という意味でこう呼ばれている。チェルノブイリ原発事故では、約800人のジャンパーが動員された。東電は現在、原発技術者などをあっせんするバートレット・ニュークリア社(米マサチューセッツ州)を通じて、まず10人のジャンパーを募集。求めているのは原子力産業の経験者で、ロイター通信によると5000ドル(約42万円)の日当を保証しているとされる。

 ベリヤコフさんは86年当時、ウクライナ大学の助教授だったが、陸軍で化学兵器の処理を学んだ予備役でもあったため「義務感から事故処理を志願した」。現場では、主に原子炉をコンクリートで覆って「石棺」にする作業に当たったが、放射線量を示す計測器の数値は恐怖そのもだったという。「被(ひ)曝(ばく)線量の上限は240ミリシーベルトに定められたが、誰も守れやしなかった。40日間ほぼ1日おきに作業してこの数値を守ろうとしたら、せいぜい1日2分ぐらいしか働けない。現実を無視したお題目だけの上限設定だった」


状況熟慮し理性的に考えよ


 東電は今回、事故現場での作業員の被曝線量限度を特例として100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げたが、チェルノブイリ原発事故では大多数のジャンパーがこの数字を大幅に上回る放射線を浴びていたとみられる。

 「数十人いた同じ作業班のメンバーで、知っているだけでも5人がその後10年以内に40歳を前にして死亡した。今、こうして自分が生きていられるのは神の恵みとしか思えない」とベリヤコフさんは振り返る。

 福島で活動することになるジャンパーたちへは「一歩一歩でいいから勇気を振り絞ることだ。そして勇気とは、自然に備わったものではない。状況を熟慮し、何を成すべきかを論理的に考えてこそ生まれる。臆病風やヒーローになろうとする思いも敵と心得るべし」とアドバイスする。

 ベリヤコフさんは当時の日当については明かさなかったが、作業後、ソ連政府から18日間のインド旅行を贈られたという。同行したジャンパー全員にとって初めての海外旅行だった。

 「私はチェルノブイリでの40日間、プレッシャーを朝食代わりに“食べて”いた。これくらいの胆力がないならジャンパーは務まらない」


Posted at 2011年04月05日 17時20分31秒

米空母ジョージ・ワシ...



 長崎県・佐世保港に入港した米海軍の原子力空母ジョージ・ワシントン。原発事故の放射能汚染を避けてと産経ニュースは伝えていますが、日本周辺各国の動きを見るとそれだけでは無い気がします。国際社会では、どんなに国内が震災で混乱していても情け無用と挑発を繰り返してきます。まさに魑魅魍魎。


Posted at 2011年04月05日 16時21分12秒

市原市 K様邸



 屋根・外壁共に最近非常に人気の高い、菊水化学工業の超耐候・超低汚染無機・水性無機有機複合塗料を御指定、さらに板金補修と建物の全てに置いて保守点検と手を加えさせて頂きました。ご主人様が心配をしておられた懸案事項の件も総て上手く綺麗に仕上げられた事だと思っております。

 約10年前に同じく塗装工事でお世話になり、今回で2度目の塗装工事を請け負わせて頂き、誠に感謝しております。工事中は何かと至らぬ事が多かった私達ですが、どうぞこれからもよろしくお願い致します。最後に震災の影響で材料入荷が遅れる等のご迷惑をお掛けした事をこの場を借りて心よりお詫び申し上げます。



Posted at 2011年04月05日 15時20分14秒

朝食の定番

 

 私の好む朝食メニューは、ご飯に味噌汁・玉子焼きに味のりそして「納豆」なのですが、最近何処に買い物に行っても納豆にお目にかかっていません。震災の影響で品不足になっていると納豆売り場に張り紙が出ていました。普段は何気なく食べていますが、品不足で入手困難となると無いものねだりで何故か無性に食べたくなります。

 全国有数の生産量を誇る茨城県の納豆メーカー各社は、震災後の電力供給が不安定だったことや、容器やフィルムを作るメーカーも被災したことで、出荷が困難な状況になっているとしています。納豆の安定供給まで、まだまだ時間がかかりそうな感じで気長に待つしかなさそうです。


Posted at 2011年04月05日 09時16分17秒