☆千葉県市原市を中心にした営業エリアで一般住宅・集合住宅・店舗・商業施設などの塗替塗装工事のご用命は『垂石塗装店』 にお任せ下さい!☆完全自社一貫施工でお客様の大事な資産を長期に渡りメンテナンスのお手伝いをさせて頂きます。 〒290−0041 千葉県市原市玉前86−4 TEL:0436-21-4488/FAX:0436-21-4489           
メインメニュー
2011-03 の記事

東北地方太平洋沖地震...



 この度、発生した東北地方太平洋沖地震により、被害を受けられた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。被災地の一刻も早い復興を、心から従業員一同お祈り申し上げます。

                                  垂 石 塗 装 店    
                                    代表 垂 石 力  


 
 


Posted at 2011年03月31日 20時23分54秒

燃料不足解消に

 


 震災で操業を一時ストップしていた、石油元売り各社は今週に入り震災で被害を免れた製油所で軒並みフル生産体制に移行しています。昭和シェル石油では約30万KL(約15%)増強して関東以北向けに供給するとし、LPGタンク付近での火災がようやく鎮火したコスモ石油製油所では、生産は停止していますが在庫分を陸上・海上共に出荷作業が始り、四日市・坂出製油所で生産能力の増強をしています。

 
 JX日鉱日石エネルギーも震災前の生産レベルに復帰、エクソンモービルは被災地に通常の1.4倍の燃料を配送するとしています。深刻な燃料不足も解消に向いつつあるので、さらなる復興・復旧のスピードアップを願っています。
 


Posted at 2011年03月31日 17時16分10秒

続 オペレーション・...



 東日本大震災の救援活動「オペレーション・トモダチ(トモダチ作戦)」に当たる在日米軍で、「友」と日本語で刺繍(ししゅう)されたワッペンをジャケットにつける隊員が増えている。ワッペンは、米海軍関係者と長年親交のあった日本人が救援活動に感銘を受けて製作し、「日米の懸け橋になれば」と無償で提供したものだった。

 「トモダチ作戦という名前を聞いて涙が止まらなくなった。お礼の気持ちからワッペンを作ろうと、手がすぐに動いた」。そう語るのは、「友」ワッペンを考案した月刊誌「航空ファン」編集部員の雨宮隆太さん。妻の亜希美さん(33)が運営するインターネットの航空グッズショップを通じて、台湾の刺繍工場に発注し、14日から製作にとりかかった。

 デザインは雨宮さんが担当。「トモダチ」をイメージし、日の丸の中央に「友」という漢字を置いた。「がんばろう日本」という文字を添えたのは、「被災された方も『アメリカ人が助けにきた』とすぐに分かり、被災者にも安心が伝わると思ったから」という。

 厚木基地(神奈川県綾瀬市)で開かれる航空祭での通訳やボランティアなどを通じ米軍と親交を深めてきた雨宮さんはこれまでに1000枚を基地の部隊に無償提供。その後も、各部隊から「こんなにフレンドシップを感じるものはない」「みんなでつけて頑張るから全員分ほしい。原価だけでも払いたい」と追加注文が殺到したという。

 原価は1枚約400円だが、1枚1ドルで9000枚を提供することにしたという。

 「友」ワッペンが報道されると、「ぜひほしい」という、一般からの問い合わせが相次いだため、1枚1000円でチャリティー販売することも始めた。製作コストなどを除いた利益の全額を東日本大震災の義援金として寄付するという。

 ワッペンには「Don’t give up!」という英文も添えられている。雨宮さんは「部隊の結束力を高める効果が期待されるなど、ワッペンの力は大きい。日本人の気持ちを理解してもらい、救援活動に尽力してほしい」と話している。
 
 米軍救援活動の中核部隊は米海兵隊と米海軍。東北地方の太平洋側に艦船を展開している。第7艦隊によると、救援活動には約1万8280人が従事。艦船19隻と航空機約140機で物資を被災地に届けている。(大竹直樹)


Posted at 2011年03月31日 15時40分54秒

続 危機管理の緊急提言

3月16日の緊急提言に続き、重ねて提言します。

序――まだ「コップには半分の水がある」。
今からでも間に合う。
以下の提言を菅総理、本気で決定せよ!!

「委員会の立ちあげ」無用。
「シッカリ検討する」のも無用。
“Do it now”――決断し、責任をとる覚悟で命令せよ。


1.事態は平時でなく非常時である。

平和時の地方自治体の活動を前提とする「災害対策基本法」から、国家非常事態に備えて中曽根内閣(後藤田官房長官)により1986年7月1日から施行された「安全保障会議設置法」に切り替えるべし。

事態は、「人命の危機を伴う大自然災害」である。
災害対策基本法第28条の2「緊急災害対策本部の設置」は、同法制定後初めてのことであり、阪神大震災時の村山内閣よりは一歩前進だが、これは物流確保・物価安定のための買いだめ売りおしみを強権をもって防ぐ「経済戒厳令」であり、経済産業大臣の指揮下にあるが、安全保障会議は内閣官房長官が所管大臣で、補佐機関は当時新設された内閣安全保障室長(現・内閣危機管理監)である。
その下に外務・防衛・警察・消防・海保などが入る「国家危機管理機構」なのである。

2.国民保護法の準用も
原発において万が一「メルト・ダウン」が起きた時点で、小泉内閣時代に民主党も賛成して成立した「国民保護法」を準用すべし。

同法は「武力攻撃事態」を前提としているが、一部改正あるいは総理解釈でこの事態に準用すべし。
警報→避難誘導→緊急輸送→緊急治療→被災民の救護と、本件のニーズがすべて規定されている(第44〜79条)。
また第107条には「放射性物質等による汚染の拡大防止」の条文もある。


3.前回からの提言
警察法第71条、72条の「緊急事態の布告」の用意をすべし。
同布告が行われると、全国24万警察官は瀬尾売りの指揮下に入る。
現在は管区機動隊5500人以外は各都道府県公安員会の指揮下にある。

4.海上輸送の活用を
大量避難は、陸上ではほとんど不可能である。

港湾の復旧を急がせ、仙台、八戸、気仙沼などの港に海上自衛隊の大型輸送艦「おおすみ」「くにさき」や、ヘリ空母「ひゅうが」、掃海艇母艦「ぶんご」などを集結させ、ホバークラフト、ヘリなどで日本版の「ダイナモ作戦」(第二次大戦時のダンケルク撤退作戦)を実施すべし。

また、米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」、強襲揚陸艦「エセックス」、「トルテューガ」の支援を求め、海路の救出を考慮せよ。
避難先は、首都圏FEMAの8都県市。


5.「政治主導」撤回を
「政治主導型」の宣言を撤回し、菅総理が誤りを認めた上で、次官会議はじめ各省庁の全面協力を懇請せよ。

役人の協力なくして政務官たちをいかに増やしても、無能で未経験で不勉強な政務官がたとえ50人集まったとしても「無能の50倍は無能」である。


6.「ヤマタノオロチ」体制で
内閣官房長官は国をあげての放射能危機の対策の総まとめ役の危機管理大臣であって、福島原発危機に専従の「広報官」ではない。

朝から晩まで3週間1人で、原発の危機管理スポークスマンであってはならない。
感情を抑え冷静沈着、連日半徹夜の過酷な任務に耐えるリーダーとしての資質は高く評価し、その労を多とするも、長期戦に入った危機管理は、交代制の「ヤマタノオロチ」体制をとらなければいけない。

平時は「すべての頭が眠ってはならない」「必ず1つか2つの頭はアラートであれ」。
有事は逆に、「全部の頭が起きていてはならない」「必ず交代で眠れ」という基本原則である。

内閣には副長官が3人もいる。
内閣広報官も内閣危機管理監もいる。
このままでは、いずれ総理以下全員が睡眠不足から健全な判断能力を失い、大変な誤判断をする恐れがある。

早く交代制にするべし。

7.機能しない外務大臣
9.11のとき、コリン・パウエル国務長官は頻繁にテレビに出て、次々と弔問に来る各国指導者や応援部隊、ボランティアたちに、間断なく謝辞を述べ、協力を依頼していた。

松本外相は、ただでさえ面識率・知名度ゼロに等しい大臣である。
テレビに頻繁に出て、各国の援助に礼を述べるべし。

大新聞も、まず同盟国アメリカの「トモダチ作戦」の活動(空母、揚陸艦ら19隻、1万8000人、航空機140機での応援)に対し、大きく謝辞を述べるべきである。

ボランティアの受け入れ体制は国が整え、通訳ボランティアも組織化せよ。
湾岸戦争や9.11のときに、ニューヨークタイムスなどは全面に各国の国旗入りで謝意を表している。
それに近いことをしたのは、産経新聞だけではないか。
朝・毎・読・日経は、直ちに国費による謝礼の大広告を掲載せよ。

8.交番相談員の活用を
被災地は広範囲にわたり瓦礫の山で、自己完結型の自衛隊以外は長期配備がほとんど不可能ときく。

しかし、これからは強盗、窃盗、性犯罪など、警察庁の刑事局・生活安全局がらみの治安対策が急務となってくる。
停電による闇は、犯罪者の味方でもある。

そこで、「交番相談員」(全国約7000人)の動員を提言する。
交番相談員は空き交番対策として創設されたが、60歳を超え、なお身体強健で使命感に燃える警察官OBであり、警察官に似た制服を着て、拳銃こそ持たないが警棒は所持している、いわば予備自衛官ならぬ予備警察官である。

これから先、自殺、家族紛争、セクハラなどが予想される数千か所の避難所に交代勤務させ、「相談員」としての多年の経験を生かして、防犯の任に当たらせるべきである。

9.活動経費を支給せよ
現地派遣の自衛隊、警察官、消防官などが一様に困っているのが、ガソリン代、食費などの公務の活動経費である。

予算的には3500億円の予備費が枯渇しているのはわかるが、また予算案成立が遅れていることはわかるが、4月1日から「現金」を工面して派遣部隊に配布することが必要だ。

10.失言の公的謝罪
仙谷由人氏は、全国放送のテレビに出演し、「暴力装置」「武器を持った集団」と、いわれなき謗りと侮辱を与えた自衛隊、海上保安官に公式に謝罪してから、官房副長官に復帰せよ。

国民は命がけで原発のメルト・ダウンを防ごうとし、災害地で行方不明者を捜索している自衛隊員、警察官、炉心冷却のため文字どおり命がけの放水を行っている消防官、そして使命観だけで危険な修復作業に従事している東電や下請け協力会社279人の職員たち。

これほど少数の人々に1億2000万人というわが国の国民の安全が委ねられたことは、史上例をみない。
皆、手を合わせて感謝している。

それを「暴力装置」と呼んだ仙谷氏よ、まず謝れ。


結語――世界中が日本民族に驚嘆し、賛辞を呈している。
前回も少し述べたが、日本人の、とくに東北人の忍耐強さ、冷静さ、勇気に、まさに世界中が感心している。
「被統治能力(ガヴァナビリティ)」にかけては、阪神大震災時にもそうだったように、日本民族は誇るに足る一等民族だ。

それに比べて、「統治能力(ガヴァナンス)」のお粗末はどうだ!
まさに国辱ものである。
放射性物質の数値を、1万倍、10万倍、1000万倍(!)、そしてまた10万倍とは、恥ずかしくて表を歩けない。

国民は主権者である。
ただ、それは4年に1度しか行使できない間接民主主義だ。
いま、日本人がその優れた「統治能力」を行使する4年に一度のチャンス、統一地方選がそこにある。
国民の皆さんには、己の投票行動に責任をもってもらいたい。

私も、日本を東京から守るため、病躯老骨にむち打って尽力する所存だ。(2011,3,29)

「良薬口に苦し」真に国家・国民の事を思えば恥・外聞・プライド等、取るに足らぬものだと思うのですが。佐々淳行氏のHPからコピペさせて頂きました。


Posted at 2011年03月30日 08時07分35秒

たばこ出荷を一時停止

 日本たばこ産業(JT)は25日、東日本大震災による製造工場の被害により、通常通りの生産・出荷態勢が維持できないため、東海地区以西の製造拠点での製品の出荷を30〜4月10日まで一時停止すると発表した。11日から数銘柄の出荷を順次再開し、5月中旬には主要25銘柄に絞って出荷する。

 JTは、たばこ製造工場6工場のうち2工場が被災し、製造能力は約3分の2に落ち込んでいる。加えて、タバコの葉の製造工場や包装材、フィルターなどの製造工場も影響を受けており、資材の調達も難しくなった。このままでは、主要銘柄などで予期せぬ欠品が発生する可能性が出たことから一時出荷を停止し、供給体制を見直すことにした。

 愛煙家の私にとって、正に正念場となりそうなタバコの出荷停止。真面目に禁煙を考えないと・・・。


Posted at 2011年03月29日 18時10分08秒

家族のもとに



 震災直後から「海猿」で知られる海上保安庁の「特殊救難隊」が行方不明者の捜索をしているが、土砂で海中視界50センチの手探りの捜索・海上を埋め尽くす膨大ながれき・遺体が浮かびにくいリアス式海岸と多くの悪条件が任務にあたる潜水士の前に立ちはだかっています。

 海保は震災と同時に全国管区から、船艇・航空機を派遣投入して救難・救助に全力であたり、約2週間で救助したのは、一つの管区の年間救助者数に匹敵する324人。海保幹部は「できることを最大限やっているが、被害の母数から見ると極端に少ないかもしれない」と無念な思いをにじませています。

 「生きて救助できることを願うが、亡くなっていたとしても一人でも多く、ご家族のもとにお戻ししたい」。東北を管轄する第2管区海上保安本部(2管)の井上彰朗・総務課企画係長(34)はこう語っています。


Posted at 2011年03月28日 07時28分57秒

自衛隊による災害派遣...

 3月14日に、東北方面総監を指揮官とする統合任務部隊を編成し、陸自・海自・空自で約107、000名の自衛官がその任務に当たっています。航空機539機(回転翼215機・固定翼324機)艦船53隻が活動中で震災被害者の捜索・救難にあたり、約193,00名を助けだしてくれています。
 
 災害派遣の主な対応状況として、航空機による情報収集・被害者の救助・人員及び物資輸送・給食及び給水支援・入浴支援・医療支援・ヘリコプター映像伝送による官邸及び報道機関等への情報提供・自衛隊施設(防衛大学校)における避難民受け入れをしています。これだけ頑張って被災地の皆さんの為に身を惜しまずに貢献・尽力しているのに、なぜマスコミは報道をしないのか首を傾げます。

 


Posted at 2011年03月27日 15時56分27秒

居ても立ってもいられず

 東日本大震災の津波で壊滅的被害を受けた岩手県大槌町の避難所に、沖縄県の離島から医師が駆け付け、診療に当たっている。被災地の惨状を知り、「居ても立ってもいられない」と同県医師会の呼び掛けに応じて現地に飛んだ。はるか遠方からの熱い思いは、被災者の気持ちも温めている。

 沖縄・宮古島で診療所院長を務める打出啓二さん(41)はこれまでスマトラ島沖地震やスリランカの津波被害などで現地に入り、診療活動に従事してきた。今回も「放っとけない」と、飛行機を3機乗り継いで大槌町に20日に到着。津波で流され廃虚と化した街並みを見て、「災害のスケールが大きい」と驚いた。

 診察室は同町の災害対策本部と同じ建物にある避難所内に設置された。次々訪れる患者の症状は高血圧や風邪、下痢、不眠と幅広い。「慢性的な症状が多く、インフルエンザなどの感染症が広まらないか注意しないといけない」と警戒する。

 伊江島の診療所に勤務する阿部好弘さん(51)も大きな被害を知って、参加を決意した。被災から2週間が過ぎ、「患者の体力が落ちている」と指摘。「手の消毒、きちんとした食事などで病気の予防が必要だ」と話す。

 電話が不通で連絡手段がない中、「これまで在宅診療を受けていた方が困っている。巡回して患者さんの容体を把握したい」と避難所まで来られない被災者にも目を向ける。

 2000キロ以上離れた島から医師や看護師が訪れたことで、避難所の雰囲気も変わった。それまで暗かった避難所内の電灯をともし、「よく来てくれた」と被災者たちが荷物運びを手伝ったという。診察後に「遠くからありがとう」と感謝の言葉を忘れない患者らを見て、打出さんは「少しでも安心してもらえれば」と話す。(2011/03/26-15:05) 

 


Posted at 2011年03月26日 19時56分49秒

超えて行こう!

 未曽有の大地震から、津波・原発災害・放射能の拡散と依然として深刻な暗いニュースが尽きない中で、災害の推移を一喜一憂しながら見守り続けた震災から2週間が経ちました。何とも形容し難い痛ましい災害が、立て続けに起こると被災を免れた私でさえ背中を丸めて俯き加減で、仕事も手に付かない状態に・・・。

 こう言う時だからこそ、虚勢でも、嘘でも、何でもいいから「元気です。」と自分を懸命に奮い立たせ、一日一日を大事にして今を精一杯生きようそして、只ひたすらに前を向いて目の前のものを一つ一つ、超えて行こうと想っています。


Posted at 2011年03月25日 18時38分30秒

スギ花粉



 先週の土曜日に、綺麗に洗車を終えた軽自動車の車体全体に黄色い粉が・・・、未確認ながらスギ花粉なのではないかと思っています。今年のスギ花粉飛散量は例年の数倍との事、車の車体に目視出来るほど付いている理由ですから、大気中に浮遊するスギ花粉の量は相当なものだと推測出来ます。

 弟やY君のように、急に今年から花粉症の症状が見られる様になったのは、これで納得合点が行きます。福島原発の地震・津波による災害事故は、現場で作業員の方が劣悪で困難な作業条件の中で不眠・不休の懸命な作業を続けている最中なので、これ以上の放射能汚染はないと信じていますが、このスギ花粉だけは困ったものです。


Posted at 2011年03月24日 08時10分03秒

 1  2  3  4  5  | 次へ