メインメニュー

TE250のNewエンジン勉強会

TE250 2010年モデルのエンジン分解!

ハスクバーナ2010年モデルの中でもTE250は新しいエンジンを搭載しています。
触ったこともないエンジンをばらしてみよう!ってことで、行ってきました!静岡まで。。。

MV AGUSTAに初めてお邪魔しました。


500mも行けばもう太平洋だそうです。
広いです。もちろん平屋です。上に広くする必要がないのです。ウラヤマシイ。。。

さて、本題のエンジンの分解です。

ハスクのサービススタッフSさんが手際よく(?)ばらしていきます。
基本構造はそんなに変わっていませんが、パーツひとつひとつがとにかく小さい!

ときには力づく(?)で!初めてのエンジンは楽しいんです♪

このエンジン、かけるときのセルの音が独特なんですがその理由がこれです。

ウォームギヤを使っているためらしいです。国産ではあまり見ないですね。
セルモーターもちょっと変わったカタチです。


腰上だけかと思ったらクランクまでばらし始めました!
単気筒だからできる講習ですね。4気筒もあったら1日じゃ終わりませんから。

今回の講習を受けたハスクディーラーさんは走りもエキスパートな方ばかりでした。
メンテナンスに関してもきっと頼りになるディーラーです。
Newエンジンでもお客様のハスクライフのお手伝いができると確信しました。
あ。。。特殊工具を買わなきゃ。。。。

あのエンジンがちゃんと組みあがるのはいつなんでしょうか。。。

Posted at 2008年12月12日 17時19分15秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*