メインメニュー
その他

「めちゃイケ」でのAKB48メンバーに感動!

「めちゃイケ」でのAKB48のメンバーに感動!

今晩放映されたフジテレビ「めちゃ×2イケてる」は、>AKB48へのドッキリ!

「グループ総監督・高橋みなみの恋愛スキャンダル&卒業宣言!」




ドッキリを仕掛けられているとは知らずに、真実と思っているメンバー。
彼女たちの表情・コメント・態度。
驚き・戸惑い・涙・思いやり。
真剣に「AKB48」の活動に取り組んでいる少女たち。
その想いが、如実に現されるものでした。

口を開けたままのさくら



怒った表情のさえちゃん

涙が止まらないなーにゃ中野郁海
センターの重責を全うしようとしているまゆゆ、たかみなの後継者さやねえ、この二人の心の内は?





番組ではあまり注視されませんでしたが、偽番組の収録で、「好きな男性」を選ぶ時に、たかみなと同じ岡村を選んだ指原、峯岸、こじはる、の仲間をかばい思いやる気持ち・友情。



これには、切なくなる思いがしました。

メンバーの、総監督・たかみなに対する気持ちや48グループに対するその真剣で純粋な気持ち。
そして、たかみなのグループ全体とメンバー一人ひとりに対する気持ち。



感動して、思わず涙が出てしまいました。

私はAKB48のファンなんですが(この年齢ですから、子供たちには「キモイ!」と言われていますが。)、それはただ、カワイイから、とかそういうことだけではないのです。
彼女たちは「アイドル」というものに真剣に取り組んでいます。
「高校で部活や習い事に懸命になっている」+「自分が生きるために、仕事に死に物狂いで取り組んでいる」
私は、彼女たちをこんな感じで捉えています。
過去にはない異質な存在です。
チャラチャラした若者とは全く次元が違いますし、一般的なアイドルとも様相が異なります。
AKB48グループのメンバーの一人ひとりの取り組み方を見ていると、色々と考えさせられることがあります。
なんとなく「ただのアイドルグループ」としか見ていない人は、気付かないことと思います。

そういった彼女たちの気持ち・想いを捉えていくと、とても興味が沸くし、応援したくなります。
フィギュアスケートの浅田真央羽生結弦に対して、ほとんどの人が感動したり応援したくなりますよね。
その理由は、実は共通しているものなんです。

ただ、このドッキリは、人として最低な企画です。
彼女たちの真剣で純粋な心を弄び、それを視聴率に換える。
TV局というものは、そういうものです。
そして、秋元康の考えが暴露された、ということでしょう。
彼は人の心情を捉える天才です。
ですから、彼はとても良い歌詞を書きます。
ただ、彼は「人の心を大切にする」ということに重きを置いてはいないということです。
商業主義&世間がどう動くのかへの私的関心、これだけです。
とんだブタ野郎です。

人の心というものは、踏み込んではいけない部分があります。
面白がっていじくってはいけないものがあります。
尊いものがそこにはあります。



たかみなには失望しました・・・。



彼女は、この企画は断るべきでした。
結局、「仕事」・「社会」というものに負けてしまいました。
まだ若い女性ですから、仕方がないといえばそうなってしまうのですが。

しかしながら、これからもAKB48グループを応援したいという気持ちが強くなったのは言うまでもありません。
(このこと自体が、秋元の策略に嵌ってしまったということになってしまうのですが。)


Posted at 2014年12月07日 00時01分17秒

「AKB48グループ冬だ!ライブだ!ごった煮だ!〜遠征できなかった君たちへ〜」

「AKB48・チームBライブ!」

行ってきました!
11/27「AKB48グループ 冬だ!ライブだ!ごった煮だ!〜遠征できなかった君たちへ〜」 in舞浜アンフィシアター。
いやいや、サイコーでした!
座席も>前から8番目で、ひとりひとりの顔が認識できましたしね。これはホントにラッキー!

東京ドーム(AKBグループ)じゃんけん大会、に続いて今回でAKBを観に行ったのは3回目。
この日は、チームBの公演でした。

実はそれほど詳しくなく、主要メンバーとじゃんけん大会にでたメンバー以外はあまり知らなかったので、チームBだけということもありちょっと不安な状態で臨みました。
チームで知っているのは、まゆゆ(渡辺麻友)、ゆきりん(柏木由紀)、なーにゃ(大和田南那)、しーちゃん(大家志津香)、いこまちゃん(生駒里奈)、あきちゃ(高城亜樹)、さやや(川本紗矢)、といったところ。しかもこの日は、ゆきりんといこまちゃんは出演しません。
でも、まあなんとかなりました。
はじめのMCで自己紹介はあるし、ユニットナンバーの時はモニターに名前出るしで、それなりに覚えましたよ〜。

やはりNo.1なのは、まゆゆですね。
生まゆゆは、超絶カワイイ!
ルックスだけでなく、ダンスも結構キレてました。
彼女がすごいと思うのはそこだけではなく、精神的な面が表情やコメント・態度に表されているところなんです。
自分がAKBのトップ、センターであるという責任感というのかな。真剣さや気合が他のメンバーとは明らかに異なります。




次に目立ったのは、なーにゃ
彼女は、じゃんけん大会の時にチェックしていました。
その時も良かったのですが、更にかわいさ倍増!
私の印象としては、この日はまゆゆに続いてNo.2的な扱いでしたね。




そして、もう一人。
りょーちゃん(大島涼花)。
ものすごく目を惹きました。
プロフの写真とかはそうでもないんですが、とにかく目立ってましたね。
「おおっ、これは!」って感じで。
全く知らないに近い存在でしたから、「発見した!」的な強烈な印象でしたよー。
すぐに推しメン登録しちゃいました!






その他の子達もみんな可愛いですし、頑張っていましたね。
21(20)人だけですから、一人ひとりが皆主役といった感じで、本人たちもやる気満々だったんじゃないのかなー。
このくらいの劇場でチーム単位の方が、見ている方も楽しめることを実感しました。
たまたま隣の席の人がなかなかのファンのようで、MIXやコールが正確で、真似させてもらいました。
いや〜、いい盛り上がりでしたよ〜!
本当にサイコーでした!!
チャンスがあれば必ずやまた行こうと心に決めた今日このごろです。

ちなみに、家族からは「いい歳して、バカじゃないの!」とか「変態オヤジ!」と言われていますが、そんな罵声には負けずに、10代20代の自分になったつもりでこれからも頑張りますよー!




Posted at 2014年11月29日 03時09分05秒

エヴァ一番くじ

「エヴァンゲリオン一番くじ」


ただいま開催中、「セブン-イレブン×エヴァンゲリオン」
エヴァ・ファンとしては、うれしい企画です。
ということで、引いてきました「一番くじ」
景品は、
S賞:「スペシャルアートポスター」
A賞:「アスカ・フィギア」
B賞:「レイ・フィギア」
C賞:「使徒クッション」
D賞:「マフラータオル」
E賞:「グラスアソート」
F賞:「ラバーストラップ」
G賞:「ウォールステッカー」
H賞:「プチエヴァの小さな人形」

さあさあ、何が当たるのやら。
夏の一番くじでは、当たるのは末等ばかり。
ということで、今回は鼻から末等狙い。全4種コンプを目指します。
※本心は、上位ランクが当たることを狙っています。
とりあえず2枚購入。
当たったのは、D賞E賞
どちらも種類を選べます。
もらってきたのは、写真のとおり。
家に帰って、「当たったよ〜!」と娘に報告。
すかさずカオル君ファンの娘が、「これは、私のものだな!」と言って持って行ってしまいました。
涙・涙・涙

また引いてくるぞ〜!





Posted at 2014年11月18日 02時14分08秒

復活!川上憲伸

復活!川上憲伸

やりました〜!
今期110試合目にして初登板で初勝利。
5イニングを投げ、3-1で広島を抑えました。
岡田、マドリガル、浅尾とつないで、岩瀬で締めくくり。
いや〜、嬉しいですね。
3回には2アウト満塁で迎えるバッターは広島・4番キラ。
見事三振に。
本人も思わずガッツポーズ。
待望の元エース復活で、順位は厳しいですが、より応援にも力が入ります。
私の持っているドラのユニフォームは11川上41浅尾
両人が活躍してくれたのも、うれしくてたまりません。
まだまだ期待してるぞ!

Posted at 2013年08月22日 21時15分13秒

大谷翔平、初勝利! in札幌ドーム

大谷翔平、初勝利! in札幌ドーム



5/31、6/1と6年ぶりに札幌に行ってきました。
用事があって行かなくてはならなかったのですが、ただ用事を済ますだけの為にわざわざ札幌に行くのももったいない。
ということで、ドラゴンズファンの私は交流戦で日ハム対中日の日程に合わせることを計画。
もちろん、札幌ドームには初めて行きました。

5/31は5-4でドラゴンズ見事勝利!
和田のホームランも飛び出て、まずまず。





ドアラも上機嫌!

6/1は3-7で惨敗
しかも、二刀流で今話題の大谷翔平の初勝利のおまけつき。
投球内容は大したことなかったのですが、ドラの山内投手が良くなくてファイターズのホームラン3本が飛び交い、打線にに助けられ見事初勝利。ご両親もさぞお喜びでしょう。
ドラファンとしては試合の結果と内容は残念ですが、大スターの記念すべき初勝利の試合を観戦できたことは、なかなかの思い出となるでしょうから、良しとしましょう。
今年は谷繁の2000本安打達成の試合も観戦できたし、記念試合を見る機会に恵まれているようです。









余談ですが、旅先ということもあってか、球場で他のドラファンの方といろいろ話もしてそれも楽しかったですね。
地元札幌の方や、名古屋からきている方などいらして、みんな熱狂的です。
東京ではなぜかあまり話しかけたりしないので、これからは同じドラファンとして交流を深めていこうかなと思いました。

今シーズンはダメダメのドラゴンズですが、まだまだ応援は続けますよ〜!



↑ドラゴンズのマスコットのパオロンと記念撮影!

Posted at 2013年06月02日 12時34分36秒

螢螢宗雫軌薐主総会

螢螢宗雫軌薐主総会

行ってきました、株主総会に。
今まで興味はあるものの、出席したことはなかったのですが、たまたま日程の調整がついたので、行ってみました。
初めて株主総会なるものに出席したのですが、思っていたよりも温和な雰囲気。
株主さん達も老若男女いらっしゃり、服装も様々。
なんかもっと厳格な、物々しいものかと思っていたのですが。

後方から会場を見渡すと、知っている方がちらほら。
まあ、自分が勤めていた会社ですから、当たり前といえばそうなのですが。
ある方と目線が合い、軽く会釈。
営業部にいた方でお世話になった方なのに、どうしても名前が出てこない。
他の方々も、そんな感じで。(申し訳ありません)
いやあ、私の記憶力は大したことないですねえ。
前列に座っている方の中には、現社員(管理職)もいます。
壇上には、岩佐会長をはじめ取締役の面々。
かつては上司・同僚だった人たちです。
同僚だった人たちが、役員やかなり上の管理職になっており、大変素晴らしく喜ばしいことですね。

外部の者となって、こうして株主総会に出席してみると、改めて感じることもあります。
なんといっても、岩佐会長。
やはり企業人・経営者といては一流です。
お話を聞いていて、当時多くの研修をいただいたことを懐かしく思いました。
たくさんのことを教えていただきました。
業務はきつく、辛いこと・いやなことも多くありましたが、その経験と、会長や上司の方に研修していただいたことが、今の私に大きな影響を与えています。
何とかおそうじ屋の経営者としてやれているのは、本当にそのおかげです。
今となっては、感謝の気持ちでいっぱいです。

自分は大したことのない人間ではありますが、しっかりした考え方や言動のできていない経営者に出会うと、物足りなく感じてしまいます。

まあ、当時学んだことを書きだしたらきりがないので控えますが、今回リソー教育の株主総会に出席したことにより、なぜだか勇気ややる気が湧いてきたように思います。
またまた、自分に良い影響を与えてくださったことに、感謝です。


Posted at 2013年05月16日 15時32分04秒

読売ジャイアンツ、セ・リーグ優勝!

読売巨人軍、セ・リーグ優勝!

ジャイアンツ・ファンの皆さん、優勝おめでとうございます。
ドラゴンズ・ファンの私としては残念な結果ですが、まあ、総合的に戦力を分析すれば、この結果は当たり前でしょうね。
ジャイアンツは、読売らしいとんでもないやり方で今シーズン補強しましたから。
それに比べて、我が中日ドラゴンズは、史上最強軍団を作った名将・落合監督が辞めましたからね。
まあ、エース・吉見が戦列を離れたとはいえ、あの昨年のMVP・浅尾が帰ってきましたから、CSでの逆襲が楽しみです。

さて、我が家はドラゴンズ・ファン2名(息子と私)、ジャイアンツ・ファン2名(妻と娘)という構成なのですが、今家族で盛り上がっているのは、巨人軍の「48矢野謙次」選手の応援歌です。



これが「盛り上がる&笑える」で、超ウケています。

どんな歌かといいますと、歌詞は以下の通りです。

<前奏>
ヤノ〜 ケンジ〜 気合の戦士
ヤノ〜 ケンジ〜 さあ、立ち上がれ〜!
(かっとばせ〜 ケンジ!)

<本編>
その心に火をつけて〜 (オイ!オイ!オイ!オイ!)
熱く、熱く、身体を燃やせ〜 (オイ!オイ!オイ!オイ!)
正義のために〜 (ヤノケンジ!)
愛のために〜 (ヤノケンジ!)
命をかけて、戦え〜
(かっとばせ〜 ケンジ!)


どうですか?
完全に正義のヒーローの歌ですね。
(you tube で聞いてくださいね。)
http://www.youtube.com/watch?v=vDpWjro20xU


初めてこの歌を知ったのは、今年の7/31の東京ドームでの巨人VS中日戦。
レフトスタンドに陣取った私と息子。
座席はバックスクリーンから2ブロックの所。
ここは、ドラゴンズ・ファンとジャイアンツ・ファンの混在する席。
ドラゴンズの攻撃の時は私たちが立ち上がり応援歌を歌い、ジャイアンツの攻撃の時は
ジャイアンツ・ファンが立ち上がり応援歌を歌います。
ジャイアンツの攻撃のある時、後方から、
「正義のために〜 愛のために〜 命をかけて、戦え〜!」
なる歌声が聞こえてきました。
私と息子は思わず目を合わせ爆笑。
「おいおい、ヒーローかよ。」
すぐ後ろのドラゴンズ・ファンも気付いたらしく、全く同じコメント。
あまりに面白かったので、後日インターネットで検索。
歌詞を完全に把握し、今では家族全員で矢野選手が打席に立つたびに歌っています。
ジャイアンツ・ファンもこの歌の時が一番盛り上がるとのこと。

他のドラゴンズ・ファンからはヒンシュクを買うでしょうが、矢野選手の時だけは、球場でもこの応援歌を歌っちゃいます。
ゴメンナサイ!

Posted at 2012年09月22日 02時01分18秒

桑田佳祐「I LOVE YOU」、そして中日ドラゴンズ選手別応援歌2012

桑田佳祐「I LOVE YOU」、
そして
「中日ドラゴンズ選手別応援歌2012」


桑田佳祐のベストアルバム「I LOVE YOU」、が、7/18発売されました。



当然のごとく事前に知っていた私はamazonにて購入。
いやあ、やっぱりイイですね〜。
多様な音楽性を見せつけてくれている同時に、すべてが「桑田節」をぷんぷん匂わせていますね。
中でも、私のお気に入りは最も桑田色(というよりサザン色かな?)を感じさせる「波乗りジョニー」
夏の恋のわびさびを歌わせたら桑田がNO.1!
夏・恋心・楽しさ・情熱・純情・性・すれ違い・季節の移り変わり。気持ちの移り変わり・寂しさ、etc...。
なぜか心が感じてしまいます。
中3の娘には、
「桑田の詩・曲の本当の良さは、お前が高校生・大学生になって、いわゆる青春をいろいろと経験しないとわからないだろうな」
などと語ってしまいました。
(娘は今、修学旅行後の提出物を必死で作成しています。明日が提出期限です!!)

色合いは違いますが、アニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマ「100万年の幸せ!!」もなかなか良いですねぇ。

さて、今回CDを購入するにあたって、他に2枚もついでに買ってしまいました。
1枚は、ジッタリン・ジンの「8・9・10!」。
デビュー10年を記念して作られたベストアルバム。(発売されて相当年月がたっていますが。)
ホワイト・ベリーがカバーし夏祭り」が有名ですね。

そしてもう1枚は、「中日ドラゴンズ選手別応援歌2012」。



いやぁ〜、ドラゴンズ・ファンとしては燃えますね〜。
普段は球場で大声で歌っているわけですが、実はこれが正確なメロディ^だったのか、なんて思ったりして。
アレンジもなかなかカッコ良く、ドラゴンズ・ファンをさらに熱くさせること間違いなし。
個人的には、42ブランコのアレンジが珠玉。30森野、9野本も素敵な仕上がり。
欲を言うならば、7山崎のテーマが入っていないことと、6井端の応援歌が始まる前の合唱?の「おーおー、おおおお〜・・・」のテンポが速すぎることでしょうか。
しかしながら、明日からのしごとの行き帰りに、車の中でガンガン繰り返し聞いてしまうでしょうことは、簡単に予想できます。(もちろん大声で歌いますよ。窓を閉めてね。)

いやいや、今回の買い物は、なかなか充実したものになりそうです。

Posted at 2012年07月20日 02時19分02秒

脱原発集会〜代々木公園

H24年7月16日(祝)<さようなら原発10万人集会>

「原発問題を考える」





恥ずかしいことですが、「さようなら原発10万人集会」が行われることを私は知りませんでした。
当日のお昼頃、渋谷区広尾のお客様のところへ作業に行くときに、井の頭通りが渋滞中。
「デモ行進のため渋滞中」の表示が見えたので、迂回していきました。
帰りも六本木通りが渋滞。
帰宅後調べてみて、この集会があったことを初めて知りました。

デモ行進には、幼いころ父親に連れられて行ったことがありますが(確か沖縄返還を訴えるものでした。「沖縄を返せ〜!」と歌った記憶があります。)、それ以来参加したこともなく、今回の集会には趣旨の上からして参加してみたかったなあと思いました。

音楽家の坂本龍一さんは、
「たかが電気のために、この美しい日本や、国の未来である子供の命を危険にさらすようなことをするべきではない」
と呼びかけたそうです。




本当にその通り。同感です。

そもそも日本の原発政策は、100%おかしいと以前から考えていました。

1986年当時のソ連で起こった「チェルノブイリ原発事故」で社会にどんな影響が出たのか。そしてそれらをどう捉えなくてはならないのか。
人体的・健康被害、経済的被害、そういった観点からして、原子力発電所を推進していくということは、キチガイとしか思えません。
日本も他の国々も、
「歴史から何を学ぶか」
という人間の本来持っている学習・思考能力を全く無視するという愚行。

「原発は安全です。」
「事故は起こりません。」


そう言って日本の政府(当時は自民党政権)は原発政策を推し進めてきました。
当時何かのメディアでは、
「そんなに安全なら、東京に作れ!」
と訴える人のコメントを紹介していました。
まさにその通り!!

東京に原発を作るというのは、土地的にも非現実的ですので、せめて原発施設内に要人宿泊施設(当然シェルターなど無し)を作り、東京電力等の電力各社の社長と総理大臣およびその家族は、そこで年間の半分以上の日数を寝泊りしなくてはいけない、という法律を作ればよいのです。
安心なら何の問題もないでしょう?

「目先の利益や利便性に目を奪われ、本来重要視しなければならないことを人々は見ることができない。」
人間とは愚かな生き物です。


原発をなくすことは、無理なことでしょうか?
いいえ、私はそうは思いません。
物事は、
「どう考えるか、どう捉えるか」
ということで、
その先に生まれてくることが異なってきます。

原発があるから、原発を効率的な唯一の電源と考えてしまうのです。
ですから、
「原発は存在しない」
と考えればいいだけなんです。
そして、他の方法を考えればいいんです。

たとえば手元に1万円があれば、それでおいしいものでも食べよう、あるいは欲しい洋服を買おう、といったことになりますね。
でも、手元に1万円がなければどうでしょう?
どうしても買いたいものがあるのなら、1万円を手に入れる方法を考え、行動するでしょう。
あるいは、買いたいものを我慢するという手もあります。
しかし、今手元にあるものを工夫して使用することで、本来ほしいものの代わりになるものを作り出す、そんなことも考えるはずです。

優秀な頭脳を持った人間が多くいるはずですから、いくらでもいい知恵が生まれるはずです。

Posted at 2012年07月18日 02時23分49秒

絶叫マシン&エヴァンゲリオン! in富士急ハイランド

絶叫マシン&エヴァンゲリオン!

4月の春休みに、かねてから希望のあった富士急ハイランドに、家族で行ってきました。
子供たちは春休みですから、1度くらいは家族でお出かけしないといけませんからね。
当初は、「春休みといえども平日ならそれほど混雑はしていないだろう。」と考えていたのですが・・・。
甘い!!
これが全くの見込み違い。
開業時間の午前9時には、すでに入り口で行列。
絶叫マシンは、1時間半〜2時間待ち
焼きそば、お好み焼き、ケバブなど、食べ物屋でも行列。(食券を買わなくてはいけない。)
しかも、天気は晴れてはいますがめちゃくちゃ寒い。

高校生や大学生がグループでこぞって来ており、絶叫系へ。
子供連れの家族は、キッズエリアへ。
いやあ、大人気ですね。

娘と私は絶叫系が大好き。富士急ハイランドにいったみたいと言っていたのは娘なんですね〜。
逆に、息子と妻は全く絶叫系はダメ。
ということで、私たちは、中3の娘と私は絶叫系へ、小6の息子と妻はキッズエリア中心に、2組に分かれて行動。

大行列のおかげで、絶叫系は「FUJIYAMA」「トンデミーナ」「鉄骨番長」の3つしか乗れませんでした。
久しぶりの絶叫系マシンだったので、始めはちょっと緊張しちゃいました。
「FUJIYAMA」は世界一長さを誇るジェットコースター。急下降する際お尻が浮き上がるもんですから、さすがに焦りました。思わず上体を抑えてある安全バーを強く握ってしまいました。
しかも、スピードも凄いので涙目に。
これば今まで乗ったものの中で、一番のスリル感でしたよ〜。
「トンデミーナ」は、まあまあ。期待ほどではありませんでした。
「鉄骨番長」は全くの期待外れ。高所でブランコに乗ってるだけといった感じ。景色がいいのとスピード感があるのはいいのですが、上空?は風も強く、寒いことこの上ない。これなら他のマシンに並んだ方が良かったの感。







最後は、家族みんなで「エヴァンゲリオン・ワールド」へ。
実は私はこれが最大の目的。
中に入ればすぐに初号機が。
それだけで心ウキウキ!
その他にも、初号機2号機(ビースト)の実物大立体像カオル君の実物大立体像など、エヴァ・ファンにとっては夢の世界といったところですね。
もう、写真撮りまくりです。
もちろん、エヴァ・ヴァージョンのプリクラも。
お土産に少々エヴァ・グッズも買いました。
もちろん、「NERF臨時職員証」も作りましたよ。
(行列並びで相当疲れていたので、じっくり楽しむ余裕がなかったのですが。)

有効に時間を使えなかったのは残念でしたが、まずまずの一日でしたね。
「高飛車」「ええじゃないか」「ドドンパ」「レッドタワー」を次回のお楽しみに。
もちろん「エヴァンゲリオン・ワールド」も。(エントリープラグ搭乗券を予約するぞ!)













Posted at 2012年04月14日 08時48分21秒

 1  2  3  | 次へ