メインメニュー
釣り日記

大物は、やっぱり幻?

大物は、やっぱり幻?

4/2(木)久しぶりのボート釣り
ひと月位前から、高校生の娘が「釣りに行きたい!」と言っていたので2日前に釣行決定。
例年ですとボート釣りは初夏〜晩秋にしか行かないので、この時期に何が狙えるのかがいまいち不明。
いつも行く葉山、伊勢町、京浜大津、の釣況を調べてみるとこんな感じ。
葉山:キス、石鯛(50センチを超える大物の写真有)・メジナ・アジ。
伊勢町:カレイ、アジ、キス。
京浜大津:アジ、クロダイ。
久しぶりにカレイをとも考えましたが、やはり楽ちん曳き船付きの葉山へ。
伊勢町や京浜大津の東京湾側よりも、相模湾側の葉山の方が景色が良いという理由もあります。
江の島を眺め、時折ヨットが群れをなしやってきます。晴れ渡った日なら富士山も。

葉山フィッシングセンターに着き、マスターに様子を伺い、コマセ釣りを選択。
キスはやや季節が早いので大漁は見込めないだろうと判断。ポツリポツリ釣れるのも悪くはないのですが、五目釣り的なビシ仕掛けでコマセ釣りを。何か大物が掛かるのも期待できますしね。

教えてもらったポイントあたりで始めましたがアタリがありません。1時間ほどで場所移動。
朝一で釣れないと、その日の釣果が心配になります。
ところが移動先でもアタリがありません。
娘は置き竿で寝ながらやっています。
しばらくして娘の竿を見てみると、竿先が水面方向へしなっています。



「アタッてるんじゃない?」と声をかけ、竿を上げさせてみると、
「ん?」
「根掛かりか?」
「ううん、何かかかっている感じなんだけど。」
青物のようなヒキも動きもありません。
竿を立てようとしても、少ししか上がりません。
少しだけポンピングで糸を巻きますが、重い動きで引く力があり、逆にラインを出さざるを得ません。
どうも大物のようです!
強引にいけば竿が折れるかラインが切れるかです。
「慎重にじっくり時間をかけて、弱ってくるのを待つしかないよ。」
そうアドバイスして見守ります。
20分ほど経過すると、娘は竿を持つ手が疲れ
「握力がなくなってきた〜。」
ということで、一時だけ私が竿を操作。
やはり何か掛かっているのですが、重すぎてどうにもなりません。
また娘に竿を返して、10分くらい粘ったのですが。
「あっ!」
残念ながらバレてしまいました。
針が外れてしまったようです。
私に頭の中では、大物をつった写真をお店の人に取ってもらい、店のHPに載せてもらうことまで想像が進んでいたのですが・・・。



気を取り直して再開。
10分位すると、また娘の竿がグッとしなっています。
「またキタよ!今度はさっきよりもいけるかも。」
と、娘。
先ほどと違い、相手は時折横に動きます。船体の右側から左側に。少し経つとまた左から右へ。
ただ、竿を立てられないのは同じです。
やはり40分格闘していたのですが、このままではラインがじわじわと出ていき、時間が費やされるだけで釣り上る可能性が見出せません。
この装備ではムリ!
そう判断して、仕方なく意図を直接手繰ることに。
当然のことながら、針が外れてしまいました。
ライトタックルとはいえ、60僂らいのイナダや30僖ラスの真鯛なら、この装備で十分なのですが。
本格的な磯竿でないと対応できなかったのかという感じでした。
まったくもって、残念無念。
娘も残念がってはいましたが、大物の重さを実感できたことのはちょっとだけ満足した模様。
そんなこんなでボウズを覚悟したのですが、結局アジ(30センチ越え)2尾、メジナ1尾、ベラ1尾、シコイワシ2尾をクーラーボックスに納め帰宅。
アジは刺身にしておいしくいただきました。

う〜ん、姿を見られなかった大物、モチベーションが上がりますね。




Posted at 2015年04月03日 02時05分30秒

秋のボート釣り

秋のボート釣り

本日、息子と一緒に葉山にボート釣りに行ってきました。
息子の小学校は、秋休みということでお休み。
私も仕事の都合がつきましたので、久しぶりの釣行です。
朝方は北東の風がやや吹き、うねりも少しあり、例によって息子は船酔い気味。
それでも、寝たり釣ったりの繰り返しで、無事14時納竿。
爆釣とはいきませんでしたが、まずまずの釣果。
なかなか強い引きのイナダと格闘した息子も、満足そうです。

イナダ(ワカシ)2、ヒラソウダ1、マルソウダ6、サバ3。

帰りに、ボート屋の奥さんに写真を撮ってもらいました。
葉山釣り具センターのHPに載せてくれました。

http://hfckee.jugem.jp/?cid=1/

今晩は、家族でおいしくて新鮮なお刺身をいただきます!








Posted at 2011年10月07日 17時42分24秒

ボート釣り 京急大津 石田ボート

ボート釣り H22.5.6

京急大津の石田ボート店に初めて行ってみました。
狙いは、アジ
情報によれば、連日良い人で20数匹。
ならば、20匹を目標と気合を入れましたが・・・。
とにかく、初めての場所なので、どこに根があるのか、どこがポイントなのかがよくわかりません。
ボート屋のポイント図とおばちゃんの話で富士山?とかいう根がいいらしいとのことなので、たぶんこの辺りだろうということでアンカーを下ろしました。
少し経ってから他のボートもその付近に来たので、まあこの辺りでいいのかなって感じです。
2本出しでサビキ仕掛けを下ろすと、すぐにアタリ!
アジにしてはアタリが小さい。
上げてみると、シコイワシが鈴なり。
その後もシコイワシばかり。



「おいおい、シコイワシなら本牧海釣り施設で十分だよ」、とちょっとブータレ気味。
そこで、1本の竿には、サビキの針にアオイソメを付けてみることに。
事前情報では、これでイシモチが釣れるとか。
すると、シコイワシよりもやや強い引きが。
掛ってきたのは狙い通りイシモチ




「ヨシ!」と思い、この作戦を続行。
すると今度は、なぜかシロギスが2連チャン。




シロギスがいるんならと、1本を、天秤仕掛けに変更。
ところが、これが全く釣れない。サビキイソメの方もアタリが来なくなってしまい、釣れるのはやっぱりシコイワシ。
「んっ、待てよ。このイワシをえさにしたら・・・。」
ということで、3本目の竿を出し、マゴチ仕掛けで生きたイワシをえさに。
「マゴチやヒラメが来たら面白いかな」ってことでお遊び程度に。
しばらく狙うも特に成果なし。
で、移動。

他のボート。すでに移動している。たぶん沖の方に。
風が結構強くなってきていたので、沖へは出ずに平行移動。
だが、そこでもシコイワシ。
なんで、生き餌作戦を置き竿にしたまま続ける。
天秤仕掛けは不発。

しばらくして、置き竿をあげようと糸を巻いててみると、糸が沖の方に流れている。
「?」
とりあえず、竿がやや重い。
「ググッ」
おお!なかなかの手ごたえ。
近づいてくるとかなり強烈な引きです。
やり取りに苦戦しながらも、なんとかタモに収める。
上がったのはサバ38センチ。肉付きもよい。
マゴチ仕掛けだったので、ハリスがもったというところ。





「これはいける!」と引き続きイワシえさで投入。

しばらくたってもアタリがないので、様子見に巻きあげてみると、針先にはイワシの頭だけが付いている。食い逃げだ!
少しして、サビキ仕掛けに強い当たり。
ラインが走っていくので、サバと判断。
強い引きなので慎重に巻き上げようとしましたが、途中で軽くなってしまい痛恨のバラシ!!
ハリスが切られてしまいました。
アジ狙いだったのでハリスは1.5号。
いつでも大物に備えて、頑丈な仕掛けにしておかなければいけないんだなあ、と反省。
そうこうするうちに風がかなり強烈に。かぶっていた帽子もぶっ飛んでしまいます。(キャップストッパーをしているから大丈夫なんですが。)

やばい状況なので、港近くの浅場に移動。
強風のため、前には進まない、まっすぐに漕げないとなかなかの重労働。
結局、浅場では結果が出ず、15時納竿。
狙っていたアジは?
いやあ、自分の下手さ加減が浮き彫りになりましたねえ。
特にポイントの選び方がダメダメ。

しっかりと狙った獲物が釣れるよう、まだまだ頑張るぞ!

(ちなみに、ボート屋によると、その日は強風で沖の方のポイントにはみんな入れず、良い人でアジ10匹でした。)





↑イシモチは塩焼きでいただきました。美味、美味



↑サバは〆サバに。ちょっと塩につけすぎてしょっぱくなりすぎてしまいましたが。

Posted at 2010年05月12日 14時29分23秒

ボート釣りでカレイを狙う!

ボート釣りでカレイを狙う! H.22 3/22

本牧海釣り施設での釣果が散々でしたので、餌(青イソメ)が余っているということを言い訳にして、今度はボート釣りでリベンジ!

「ボート釣りでカレイを釣ってくる。」と家族に言うと、今度は中1になる娘が、
「私も行きた〜い!」

ということで、三浦半島の伊勢町海岸へ。
ここはカレイが釣れるので有名です。
いつも利用している「ながつかボート」から7時に出船。



手漕ぎボートで、ノリ棚周辺を狙います。
実績のあるポイントですから、期待十分。

「カレイを2匹ずつ、合計4匹」が目標です。

気合十分の私でしたが、海の上は冷たい風が吹いていて、顔や手が寒い寒い。
娘は竿を置いたまま、コクリコクリと夢の中。
早起きしていますから、無理もないですね。

とりあえず朝は狙い時ですから、「絶対釣ってやるぞ!」の気持ちに応えて、竿にアタリが。

釣れてきたのは・・・。

トチザメでした〜。




その後何回か場所を移動しましたが、全くカレイは顔を見せず。

娘はフグばかり釣りあげています。

もちろんクサフグ

食べられないどころか、歯でハリス(糸)を切ってしまいますから、外道中の外道。

ところが、

「結構重いよ!」と娘。

上がってきたのは、大きなフグ!

「ん、これは?」

この大きさ、目の色、模様からして、どうもクサフグとは違います。

目の色が赤い!

赤目フグかも!

ということでキープ。

娘は、もう1匹大きなフグをゲット。

これは目が赤くありません。

ただ、クサフグとはやはり違うようなので、こちらも一応キープ。

15時まで粘りましたが、結局カレイは・・・。

ボート屋に戻って店の人に見てもらうと、1匹はやはり赤目フグ。

もう1匹は、ショウサイフグのようです。

どちらも食べられる魚です。



もちろん毒がありますから、自分ではさばけません。

そこで笹塚中の後輩のT君に電話。

行きつけの店にフグの調理師免許を持った板前さんがいるとのこと。

帰宅後、T君と2人でその店に。

アカメはさばいてもらって、その店で焼酎を飲みながら味わいました。

ポン酢など、板さんが高級割烹と同じようにして出してくれたので、実においしい。

ただ、フグは〆てから8時間くらいおいてから食べるものだそうで、そうすることで柔らかさと甘みが出るのだそうです。

もう一方のショウサイフグは、さばいてもらって自宅に持ち帰り。
翌日家族が食べました。

釣りあげた娘も、フグが食べれたので大満足。

狙ったカレイは釣れませんでしたが、カレイよりも高級なものが食べれて、ラッキーでした。

何が釣れるかわからない、これも釣りの醍醐味?ですね。


↓こんなのも釣れました。(なまこ?)

Posted at 2010年04月08日 01時20分59秒

釣り日記〜本牧海釣り施設

本牧海釣り施設 H.22 3/20

「とにかくどこでもいいから釣りに行きた〜い!」

ということで、行ってきました「本牧海釣り施設」。

ここは、おととしの秋は、サバが爆釣で、開場時間ですでに満員御礼。
その実績を知っている人は、昨年秋も大集合。
ところが、・・・。

サバの群れが来ません。

サバは、たまにぽつぽつ釣れる程度。

コノシロの方が数は上がっていました。

今年に入っても、とくに釣果は目立つものがありません。

でも、釣果は時の運潮まかせ、ということで今春から4年生になる息子を連れて行ってみました。

6時の開場時間ピッタリに到着。
駐車場はまだガラガラ。

「やっぱり、釣れていないときはみんな来ないんだなあ。」
と思いつつ、すいていたほうが良い釣り場が取れるから、それも良し、ということで沖桟橋に釣り場を決めました。

サビキ釣りと投げ釣りの2本釣り。
サビキ釣りでシコイワシやアジなどを。
投げ釣りでカレイを。

ところが、

10時になると風が出てきて、すぐに強風に。

風速10メートル、15メートル・・・20メートル

もう釣りどころの騒ぎではありません。
キケンです。

施設からの沖桟橋での釣りは中止との放送。

残念ですが本日はここで竿仕舞い。

さて、釣果の方は・・・。

息子が、10僂らいのシコイワシ1匹
私が、37僂アナゴ1匹。

さびしい釣果ですが、全く釣れていない人も大勢いたようです。

まあ、こんな天気ですし、ボウズを食らうよりはまし、といったとこでしょうか。

いつもは釣れないと不機嫌になる息子ですが、

「風がすごく強くて、面白かったよ!」

と言ってくれたので、救われました。

次回に期待です。

Posted at 2010年04月07日 23時44分24秒