メインメニュー
2012-04 の記事

絶叫マシン&エヴァン...

絶叫マシン&エヴァンゲリオン!

4月の春休みに、かねてから希望のあった富士急ハイランドに、家族で行ってきました。
子供たちは春休みですから、1度くらいは家族でお出かけしないといけませんからね。
当初は、「春休みといえども平日ならそれほど混雑はしていないだろう。」と考えていたのですが・・・。
甘い!!
これが全くの見込み違い。
開業時間の午前9時には、すでに入り口で行列。
絶叫マシンは、1時間半〜2時間待ち
焼きそば、お好み焼き、ケバブなど、食べ物屋でも行列。(食券を買わなくてはいけない。)
しかも、天気は晴れてはいますがめちゃくちゃ寒い。

高校生や大学生がグループでこぞって来ており、絶叫系へ。
子供連れの家族は、キッズエリアへ。
いやあ、大人気ですね。

娘と私は絶叫系が大好き。富士急ハイランドにいったみたいと言っていたのは娘なんですね〜。
逆に、息子と妻は全く絶叫系はダメ。
ということで、私たちは、中3の娘と私は絶叫系へ、小6の息子と妻はキッズエリア中心に、2組に分かれて行動。

大行列のおかげで、絶叫系は「FUJIYAMA」「トンデミーナ」「鉄骨番長」の3つしか乗れませんでした。
久しぶりの絶叫系マシンだったので、始めはちょっと緊張しちゃいました。
「FUJIYAMA」は世界一長さを誇るジェットコースター。急下降する際お尻が浮き上がるもんですから、さすがに焦りました。思わず上体を抑えてある安全バーを強く握ってしまいました。
しかも、スピードも凄いので涙目に。
これば今まで乗ったものの中で、一番のスリル感でしたよ〜。
「トンデミーナ」は、まあまあ。期待ほどではありませんでした。
「鉄骨番長」は全くの期待外れ。高所でブランコに乗ってるだけといった感じ。景色がいいのとスピード感があるのはいいのですが、上空?は風も強く、寒いことこの上ない。これなら他のマシンに並んだ方が良かったの感。







最後は、家族みんなで「エヴァンゲリオン・ワールド」へ。
実は私はこれが最大の目的。
中に入ればすぐに初号機が。
それだけで心ウキウキ!
その他にも、初号機2号機(ビースト)の実物大立体像カオル君の実物大立体像など、エヴァ・ファンにとっては夢の世界といったところですね。
もう、写真撮りまくりです。
もちろん、エヴァ・ヴァージョンのプリクラも。
お土産に少々エヴァ・グッズも買いました。
もちろん、「NERF臨時職員証」も作りましたよ。
(行列並びで相当疲れていたので、じっくり楽しむ余裕がなかったのですが。)

有効に時間を使えなかったのは残念でしたが、まずまずの一日でしたね。
「高飛車」「ええじゃないか」「ドドンパ」「レッドタワー」を次回のお楽しみに。
もちろん「エヴァンゲリオン・ワールド」も。(エントリープラグ搭乗券を予約するぞ!)













Posted at 2012年04月14日 08時48分21秒

DeNA横浜B VS. 中日D

DeNA中畑監督、横浜スタジアムで初陣飾れず!

4/4(火)、行ってきました、横浜スタジアム。
今シーズン初のプロ野球観戦。
ドラゴンズファンですから、新生・高木ドラゴンズを見るのを楽しみにしていました。
加えて、中畑監督のDeNAを見るのも。

妻と長男の3人で、昼食を中華街でとり、お土産を買ってから横浜スタジアムへ。
もちろん座席は外野レフト側自由席。
応援用の座席ですね。
ちなみに、妻は巨人ファンなのですが、まあ付き合いということで。

DeNAはホームでの初めての試合でしたので、開始前にオープニング・セレモニーがありました。
それがちょっとサプライズ。(横浜ファンは知っていたようですが。)
ピチャー:佐々木主浩、キャッチャー:谷繁(現ドラゴンズ)のかつての横浜日本一の黄金バッテリーが復活!
しかもバッターは、ローズ。なかなか凝ってますね〜。
「継承と革新」
これがDeNAのコンセプトということですから、それを具体化した企画なんですね〜。

DeNAの先発メンバーには、昨年までドラゴンズにいた小池(横浜⇒中日⇒横浜)、元中日の中村紀洋と、縁のある選手がおり、ドラ・ファンも拍手していましたよ。
なぜか、元巨人のラミレスにも声をかけている人が多かったですね。
ラミちゃんは人気者ですな。

さて試合の方はというと、結果は4−0でドラゴンズの勝ち。



試合は勝てばそれで良し。
しかしながら、内容が両チームともお粗末と言わざるを得ないものでした。

ドラゴンズの投手、守備はまずまず良かったのですが打線の方が・・・。
4点は、犠牲フライによる2点と押し出し2回の2点。
ノーアウトで先頭ランナーを出すことしばしば。
なのに結局、タイムリーなしですから。
応援している方としては、ホームランやタイムリーヒットでバシッと得点してほしいわけですよ。
一生懸命声を張り上げ、みんな応援していたのですが、今一つスッキリしませんでしたね〜。

特に4番山崎、5番和田にヒットなし。
和田は、球が見えていないのか、スイングのタイミングやバット使いがうまくないのか、打率1割切っちゃいました。
「べんちゃん、がんばれ〜!」

DeNAも、攻守ともにいいとこなし。
まあ、若い選手が多いですから、これから頑張ってほしいものです。
特に筒香は期待大ですから。(今は身体の具合が良くなく、戦列を離れているようです。)

試合とは関係ないのですが、ちょっとビックリしたことが。
観戦中、すぐ横の階段を背番号30の森野選手が下りて行くではありませんか。
一瞬「???」。・
実は彼は森野選手のそっくりさん
今までお会いしたことがなかったのですが、ほんとにそっくり。
本物の森野選手が打席に立つと、そっくりさんに向かって、頼むぞ〜!」と掛け声がかかります。
凡退すると「しっかりしろ〜!」
彼もゴメンナサイとばかりにお辞儀をします。
結構な人気者でした。




↑森野選手のそっくりさんと長男のツーショット。

Posted at 2012年04月05日 01時40分04秒