メインメニュー

「めちゃイケ」でのAKB48メンバーに感動!

「めちゃイケ」でのAKB48のメンバーに感動!

今晩放映されたフジテレビ「めちゃ×2イケてる」は、>AKB48へのドッキリ!

「グループ総監督・高橋みなみの恋愛スキャンダル&卒業宣言!」




ドッキリを仕掛けられているとは知らずに、真実と思っているメンバー。
彼女たちの表情・コメント・態度。
驚き・戸惑い・涙・思いやり。
真剣に「AKB48」の活動に取り組んでいる少女たち。
その想いが、如実に現されるものでした。

口を開けたままのさくら



怒った表情のさえちゃん

涙が止まらないなーにゃ中野郁海
センターの重責を全うしようとしているまゆゆ、たかみなの後継者さやねえ、この二人の心の内は?





番組ではあまり注視されませんでしたが、偽番組の収録で、「好きな男性」を選ぶ時に、たかみなと同じ岡村を選んだ指原、峯岸、こじはる、の仲間をかばい思いやる気持ち・友情。



これには、切なくなる思いがしました。

メンバーの、総監督・たかみなに対する気持ちや48グループに対するその真剣で純粋な気持ち。
そして、たかみなのグループ全体とメンバー一人ひとりに対する気持ち。



感動して、思わず涙が出てしまいました。

私はAKB48のファンなんですが(この年齢ですから、子供たちには「キモイ!」と言われていますが。)、それはただ、カワイイから、とかそういうことだけではないのです。
彼女たちは「アイドル」というものに真剣に取り組んでいます。
「高校で部活や習い事に懸命になっている」+「自分が生きるために、仕事に死に物狂いで取り組んでいる」
私は、彼女たちをこんな感じで捉えています。
過去にはない異質な存在です。
チャラチャラした若者とは全く次元が違いますし、一般的なアイドルとも様相が異なります。
AKB48グループのメンバーの一人ひとりの取り組み方を見ていると、色々と考えさせられることがあります。
なんとなく「ただのアイドルグループ」としか見ていない人は、気付かないことと思います。

そういった彼女たちの気持ち・想いを捉えていくと、とても興味が沸くし、応援したくなります。
フィギュアスケートの浅田真央羽生結弦に対して、ほとんどの人が感動したり応援したくなりますよね。
その理由は、実は共通しているものなんです。

ただ、このドッキリは、人として最低な企画です。
彼女たちの真剣で純粋な心を弄び、それを視聴率に換える。
TV局というものは、そういうものです。
そして、秋元康の考えが暴露された、ということでしょう。
彼は人の心情を捉える天才です。
ですから、彼はとても良い歌詞を書きます。
ただ、彼は「人の心を大切にする」ということに重きを置いてはいないということです。
商業主義&世間がどう動くのかへの私的関心、これだけです。
とんだブタ野郎です。

人の心というものは、踏み込んではいけない部分があります。
面白がっていじくってはいけないものがあります。
尊いものがそこにはあります。



たかみなには失望しました・・・。



彼女は、この企画は断るべきでした。
結局、「仕事」・「社会」というものに負けてしまいました。
まだ若い女性ですから、仕方がないといえばそうなってしまうのですが。

しかしながら、これからもAKB48グループを応援したいという気持ちが強くなったのは言うまでもありません。
(このこと自体が、秋元の策略に嵌ってしまったということになってしまうのですが。)


Posted at 2014年12月07日 00時01分17秒