小倉南区にあるヘアーサロンambition hairの新着情報公開用ブログです!!
メインメニュー
2010-05-14 の記事

シャンプーの仕方

今日はシャンプーの正しい



洗い方です






俗に言う「髪を洗う」というのは




「頭皮を洗う」ということになります。







しかし、頭皮より髪の毛を洗っている方が


実は多いと思います。






では今から正しい洗い方をレクチャーします。








シャンプーとは


「頭皮の古い角質や






汚れを落とす」





このことをしっかりと頭に入れておいて下さい。













1・髪を濡らす



  あまり熱すぎないお湯(ぬるま湯)がベストです。


  勢いよくお湯をかけると、キューティクルなどが


  はがれたり、切れ毛などの原因にもなります。


  しっかりと、髪全体をお湯で濡らします


  そのときに、手のひらでお湯をためながら


  頭皮をすすぐつもりで髪にお湯を含ませて


  いきます。











2・シャンプーをつける



  シャンプー剤を1〜2プッシュとり


  お湯を少し混ぜながら髪につけていきます。
       (泡立ちがよくなります)  


  しっかりと、頭皮に泡が届くように


  もみ込みながらつけていきます。


  まずは頭頂部につけて、泡がたりないときには


  もう1〜2プッシュとり、後頭部へつけていきます。


  スタイリング剤がついてる場合は


  一度軽く洗い流しましょう。


  








3・マッサージするように洗う



  髪の毛の間に指を入れて(頭皮指をつける感じ)

  
  指の腹を使ってやさしくマッサージするように


  洗っていきます。


  頭頂部は洗いやすいので


  後頭部・えり足もしっかりと洗います。


  「髪の毛を洗う」というより「頭皮を洗う」


  心がけてください。


  髪の毛の汚れはお湯だけでも落とすことが


  できますので、頭皮を意識して洗います。








4・シャンプーをお湯で流す



  髪を濡らすときと一緒でお湯を手の平で

  
  ためながら頭皮をしっかりとすすいでいきます


  シャンプー時もそうですが、やさしくしないと


  髪のトラブルに繋がります。


  







5・トリートメントをつける



  シャンプーとは違って頭皮にはつけては


  いけません。

  毛穴をふさぐ原因になります。


  髪の毛にやさしくもみ込みます。


  キャップや蒸しタオルなどを使い


  5〜10分間くらい時間をおくと


  よりよい効果がでます。



  「シャンプー=頭皮」


  「トリートメント=髪の毛」








6・素早く乾かす



  濡れた状態の髪をそのままにしておくと


  ダメージに繋がりますので


  素早く乾かしましょう


  顔の周りから乾かす方が多いと思いますが


  まずは乾きにくい、えり足からです。


  乾かすといっても髪ではなく


  頭皮からになります。


  頭皮を乾かしていれば自然に髪も乾き


  髪にもツヤがでやすくなります。


  さらには、頭皮が濡れていると


  イヤな臭いの原因になります。


  しっかり乾かすことで次の日の朝も


  寝ぐせがつきにくくなるので


  朝の時間が有効に使えます。







以上、正しいシャンプー講座でした。


  


  




  

Posted at 2010年05月14日 14時06分05秒  /  コメント( 0 )