神奈川県横浜市泉区にあるペットの総合病院(犬・猫・ウサギ・フェレット)、西田ペットクリニック。一般外来(病気・ケガの治療)、入院治療、各種ドック、予防接種、避妊、去勢手術、一般外科手術、しつけ相談など様々な診療を受け付けております。また、西田ペットクリニックではカラードップラーによる心臓病の検査を受けられます。
メインメニュー

ネコのワクチン関連肉腫について

*ネコのワクチン関連肉腫*
ワクチンを接種した部位がしこることは、時々みられますが通常2〜3ヶ月で消失します。ごくまれに肉腫という悪性腫瘍が発生することが知られています。発生率は研究によってばらつきますが1万頭で2頭以下位の確立と言われています。起こりやすいワクチンは狂犬病ワクチン、ネコ白血病ワクチンです。また、アジュバンドという添加剤をしようしている不活化ワクチンで起こることが多いいようです。つまり通常の3種混合ワクチンのうちアジュダンドを使用していない生ワクチンでは比較的起こりにくいということになります。当院も未だ発生した経験はありません。
 接種部位に関しまして、頸背部〜肩甲部が一般的ですが、肉腫が発生してしまった場合、これらの部位ですと完全に切除できないので後肢末端、尾(断脚、断尾が可能)をすすめる獣医師もいると思います。当院では1.生ワクチンの3種混合ワクチンを使用している2.今まで発生経験がない3接種しやすくネコも不快感がないという理由から頸背部〜肩甲部に接種しています。
とはいっても100%安全とはいえませんので、心配なかたは事前に接種部位の相談をされるようにお願いいたします。

Posted at 2012年01月18日 18時43分07秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*