メインメニュー
粥菜坊パパのよろずのフロク

ロドニー・キング事件・・・って思い出した 【粥菜坊パパのフロク - 番外編】

先週、ロドニー・キング氏が亡くなくなったというニュースがありました。誰だっけ、何となく記憶している名前。ロス暴動…というのを聞いて「あっ、あの事件だ」と思い出しました。

1991年、ロサンゼルスで4人の白人警官が、無抵抗の黒人のキングさんに、よってたかって警棒で殴打する様子が映像にとられ全米に流れます。翌年の1992年、白人警官は起訴されるも無罪となることで、ロスで一気に暴動に発展した事件です。それに怒った黒人達が店舗を襲って略奪し、建物は放火し、市民同士の暴行事件が相次ぎ50人以上の人達が死亡します。ロスでは非常事態宣言が発令され、その暴動はロスだけでなくアトランタやサンフランシスコなどアメリカ各地へも飛び火し、鎮火には州兵だけでなく、数千人の連邦軍も動員されました。当時ニューヨークで働いていた自分は、マンハッタンにも飛び火するのではとニュースを見ては、戦々恐々としていました。そしてついにやってきました。2日後の日中、ニューヨークでも暴動が始まったとの噂とともに、各会社で一斉に帰宅勧告が出されたものだから、街中が人と車に溢れ、クラクションは鳴りやまず、マンハッタンが騒然となります。あのマンハッタンのパニックさは、ちょっと経験できないことと今でも思います。結局、マンハッタンで暴動は起きませんでしたが、かなり緊張しながら歩いて帰宅しました。何せ、知らない誰かがいつ殴りかかってくるかもしれないのです。この暴動、米史上最悪規模の都市暴動だったそうです。

事件の発端となる殴打事件

この殴打事件、日本にいると突如起こったように見えると思いますが、実は潜在的要因としてロサンゼルスに存在する人種間抗争の緊張の高まりがありました。黒人vs白人はもちろん、韓国人に商売を取られた黒人vs韓国人、ヒスパニック系もからんで根深い構図があったのです。ロドニー・キング事件、アメリカに潜む根深い人種間抗争の代表的事件なのです。

人種間の抗争もなく、宗教上の争いもなく、間違いなく平和な国、ニッポン。でも、大飯原発、消費税増税…国がなしくずし的に決めることに、庶民は従うだけの緊張感のない社会、ニッポン。それでも、日々抗争に怯えながら生活するより、幸せなのは間違いないのでしょう。
とはいえ、あまりに「国民の生活が一番最後」的な国のやり方が続くのは、つらいなあ。

Posted at 2012年06月27日 09時25分18秒  /  コメント( 0 )

「輝け☆明日の先生の会」でお話をしました 【粥菜坊パパのフロク - ブログ編】

2012年5月26日(土)

川崎には、「輝け☆明日の先生の会」という小中学校の教員を目指している方や教員なりたての方などを指導する研修機関があります。その会に講師として招かれ、1時間超、70〜80人の受講生を前に、『その人の生き方に学ぶ』というタイトルでお話をしました。

私が話すことになった経緯は、この会を創設し、今でも運営を手がけている先生からの依頼ですが、私のような全くの畑違いの人間が講演することはとても稀れだそうです。私の持つ他人に縛られずに自分で積んできた経験や視点を、是非話して欲しいとのことでした。本職の会計士の仕事では、人前で話すのも珍しくありませんが、会計財務に関係ない話をするのは全く初めてです。案の定、話を上手にまとめられた達成感はゼロで終わってしまいました。話したいことが多すぎてまとまりに欠けましたが、何か知識や技術を教えるという話でもないので、受講生の方々が上手にかい摘んで何かを感じてくれたら、少しでも刺激があったなら、それでいいかとも思っています。


(左から)講演の様子、ゼミ形式のディスカッションを見学

さて、この「輝け☆明日の先生の会」という会は、月2回ぐらいの割合で開かれ、週末を使って全14回開講されます。不確かですが、今年で7〜8年目だったかと思います。受講生は、毎回ただ講話を聞くだけでなく、その講話のテーマを受けて、論文を書き小グループに分かれてゼミ形式で議論します。20数名のベテラン教師の方々も分かれてその議論に参加し、教師の卵の人達に真剣に経験談やアドバイスを送ります。私も、その議論を見学しましたが、ベテラン先生の実例を挙げた体験談も含め、とても有効でためになる会だと感じました。。その会を主管しているNPOの方にお話を聞くと、川崎を良くしていこうという思いがひしひしと伝わってきます。自分が住んでいる川崎、また一つ好きな部分が増えました。

Posted at 2012年05月30日 09時03分15秒  /  コメント( 0 )

ちょっと驚きのお墓 【粥菜坊パパのフロク - 広州・中国編】

日本でコックとして働いている中国人の友人(40)に子供が生まれました。元気な男の子で、母子ともに元気で何よりです。うちのかみさんは、中国で産婦人科の看護師を長年していたので、赤ちゃんがおなかにいるときから、母親の歩き方やおなかの形で男の子か女の子か結構あたるそうです。かなり前から「男の子、間違いない」と明言していましたが、その通りでした。粥菜坊はお粥のお店ということもあって、妊娠中のお客さんも多いですが、うちのかみさんはそうしたお客さんを見つけると、いつ生まれるとか、おなかの中での状態とか、男の子か女の子とか、産後の食生活についてなど楽しそうにお話しています。そのお客さんが、後日赤ちゃんを見せに立ち寄ってくれると、かなり嬉しそうです。

さて、子供ができたこの中国人の友人、一昨年お墓を作るために3カ月ぐらい、彼の故郷の福建省に帰省しました。先祖のお墓をしっかり作って、ご立派。ここまではいいのですが、なんと息子の名前もお墓に入れてきたそうです。???。彼の子供は女の子一人。奥さんは妊娠もしていない。生きているうちに名前を入れてしまい、カバーをしておくことがあるのは知っていますが、男の子の影も形もないではないか?そんなうちから、男の子の名前を決めてしまい、お墓にまで書いてしまうなんて、中国でも聞いたことがありません。彼の大胆な、男の子を作るぞという並々ならぬ決意の行動にビックしました。そして、2年が経過し、実際に子供ができて男の子だったのでほっとしました。結果、オーライです。でも、そうならなかったら、一体どうするつもりだったんでしょう?広い中国、いろんな人がいるもんです。


写真:中央がその中国人の彼。お祭りではいつも手伝ってくれるいい奴です。

Posted at 2012年05月19日 08時17分13秒  /  コメント( 0 )

二ヶ領用水の桜満開&花見市での復興支援

小杉の桜の名所、二ヶ領用水の桜が満開です。ここ二ヶ領用水は、桜を間近で鑑賞できるとても人気な、知る人ぞ知るお花見スポットです。ちょっとした遊歩道も整っているので春のひとときを過ごすのに、とてもお勧めです。



この時期、粥菜坊では花見がてらのおつまみ(餃子、れんこん春巻、にんにくの香りの鶏唐揚げ、蓮の実あんの胡麻団子など)を店頭で販売します。店頭販売以外のものでも、少しお待ち頂ければどのメニューでもご用意できます。もちろん、生ビール、かめ出し紹興酒、日本酒もお持ち頂けます。お昼はお店に入らずにその辺でちょっと座って…という方も、粥菜坊のおつまみを是非ご利用下さい。

さて、先週末に開かれた花見市ですが、一週間ずれていたらと悔やまれますが、そんな贅沢言ってられませんね。前日の土曜、2日後の火曜の台風並み爆弾低気圧を考えると、合間をぬって晴れたのが奇跡。桜はやっと開花ぐらいでしたが、万々歳でした。その花見市、今年の粥菜坊は、自分の模擬店以外に、東北の応援で南三陸のわかめを販売しました。実際の販売は、支援仲間8名に任せっぱなしで、そのブログ(ママ'sハートプロジェクトアロマ講師の日常☆aroaroma日記)を見て頂ければ、その様子を垣間見ることができます。皆さんにはかなり頑張って頂けました…ほぼ完売です。ちまたでは、三陸のわかめはかなり高価になっていると聞きますので、200〜300円での販売はかなりのお買い得だったのではないでしょうか。そして、なにより三陸のわかめをたくさんのお客さんに食べて頂けたのが感激です。わかめの取り寄せ元の南三陸町歌津の漁師さんも、報告を聞いて大喜び。実は、上京して一緒に販売するはずだったのに、仕事が重なって断念。来年もやるなら、必ず行くからと言ってくれています。支援仲間達と南三陸町歌津の人達と力を合わせた、とても楽しい復興支援でした。


写真:(左2枚)わかめ販売の様子、(右)お疲れさん会

Posted at 2012年04月07日 09時01分19秒  /  コメント( 0 )

3月11日静かに過ごした一日 【粥菜坊パパのフロク - ブログ編】

2012年3月11日(日)

日本にとって特別な日になってしまった3月11日。日本各地でイベントが行われたり、震災関連の報道も多く行われました。私は、かみさんが中国へ帰省中ということもあって、東北に出かけるわけでもなく、イベントに参加するわけでもなく、家の片づけをしながら、いつも通り東北に思いを寄せて静かに過ごしました。

今まで縁もゆかりもなかった東北。でも、この一年、決して多い数ではないけれど支援活動を通じて被災地に知人ができました。東北大雪の予報に心配になるし、地震が起きれば震源地が気になります。移転や復興少しは進んだんだろうか、漁や養殖はどうなっているのか、日常的に気になります。…だから、生わかめがとれ出したと聞いた時には、嬉しくてすぐ粥菜坊に送ってもらい、販売のお手伝いをさせて頂きました。炊き出しの回数も11回に及んだので、それなりに思い出すことがたくさんあり、じっくり想いを巡らせた一日となりました。

何気ない日常がいかに大切で、感謝すべきことに満ちているか思い知らされた震災。粥菜坊は、お客さんから「食べて幸せな気持ちになれました」とよく言ってもらえるお店です。あらためて、多くの人の日常に、飲食店が持つべき“小さな幸せのアクセント”としての役割を意識させられました。手間暇をかけた心温まる食事、これからも作り続けなければと思った一日でした。

さて、静かにすごした一日でしたが、最後になって喜びのサプライズが待っていました。お会いしたことはないものの、粥菜坊のお粥や粽を送ったことがある女性の息子さんが日本テレビのゴーイングという番組に出演しました。キャストの亀梨和也さんが、歌津中学のエースと対決するんですが、そのエースというのが息子さんなんです。そして、その女性もテレビに映っていました。食事を送ると毎回必ずお礼の手紙をくれる方です。あっ、この人に送ったんだと判ったら嬉しかったし、息子さんの元気な姿を見れて感激しました。

この一年、たくさん涙を流しました。一生分以上と思うぐらい涙しました。薄情なのか、自分はあまり悲しいことでは泣きません。でも、感動した時には、自然と涙が溢れてきますし、あまりこらえようとも思いません。それだけ、被災した人が頑張る姿や支援する人たちの姿に感動したことが多かった一年なのかもしれません。そういう意味では、この一年は今までのどの一年よりも人間的な一年でした。被災者の方々には、見た目とは裏はらに、心が折れそうな方がたくさんいます。震災発生時にそうしたように、次の一年も自分にできることを考え続けたいと思います。それは、被災した人のためというよりは、自分のためであることを再認識した一日でした。

Posted at 2012年03月14日 09時15分07秒  /  コメント( 0 )

多文化シンポジウムで講演しました

2012年3月3日(土)

先日、川崎市国際交流センターで多文化シンポジウム「外国人の立場から考える地震災害〜みんなが安全に生きるために〜」が開催されました。第1部では、福島県国際交流協会専務理事の渡辺幸吉氏が、外国人支援を中心に、福島であったことや現況を紹介されました。そして、第2部では外国人4名の方が、東京外国語大学の吉田聖子先生のコーディネイトで、震災時の対応や、その後の活動、今思うことなどを発表しました。うちのかみさんもパネラーとして講演させて頂きました。



《外国人4名が講演》
●日本語ができないのに、東北へ出かけて行ったピエロのホジェリオ・アンドラジさん(ブラジル国籍)。こんな大真面目な時に、果たしてピエロのふざけた格好で行っていいものだろうか、とても葛藤があったそうです。でも、実際行ってみるととても喜ばれたとのこと。日本語ができないのに、勇気を持って出かけた彼に、感動しました。ホジェリオさんは、インフルエンザで出席できず、通訳の方が代理を務めましたが、ご本人にお会いしてみたかったです。

●うちのかみさん(中国国籍)。とんちんかんなことを言わないかと、私はハラハラどきどき。“見た目は平常に戻りつつあっても、心はまだまだで、気にかけ続けることも大切”ということをお話しました。(プレゼンテーションに使ったパワーポイントは下に貼り付けました)

●現地で仲間とBBQをした英語教師のエドモンド・ダンカンさん(オーストラリア国籍)。受入先はどう見つけたか、舞台裏で聞いてみました。3カ月かかったそうです。どこにも断られ、最後に宗教関係のつてで他人の名前を借りて、やっと見つけたそうです。場所を見つけることさえそんなに労力を費やし、冷蔵車まで借りてダンカンさんは現地に向かってくれました。

●国際交流センターで相談員をしている小倉ノエミさん(フィリピン国籍)。1990年には、フィリピンはルソン島バギオでも大地震を経験していて、そのお話と震災後に寄せられた相談に付いてもお話しして下さいました。

そして、ホールの入口では粥菜坊が持って来た、東松島のおばあちゃん達が作ったエコたわしを販売しました。支援仲間の庭野さん(ママ'sハートを通していっぱい支援活動をしています)とYさん、2個入り50セットを完売してくれました。このたわし、我々支援仲間にとってただのたわしではなく、思い入れがいっぱいあるたわしなので感激です。多くの人に関心を寄せて頂けて、ほっとしました。庭野さん、Yさんありがとうございました。

以下、シンポジウムの様子(最上段右の写真がエコたわし販売)と、うちのかみさんのプレゼンテーションのパネルです。



《うちのかみさんのプレゼンテーション》

Posted at 2012年03月08日 08時43分57秒  /  コメント( 0 )

自家製干し肉製造中 【粥菜坊パパのフロク - 料理編】

ただ今、干し肉の製造中です。何に使うかというと、近いうちに中華おこわをメニューにラインナップさせようと思って、それに使います。

さて、下の写真のような大きな豚バラ肉から作ります。切って、吊るして、そして中国のお醤油に漬けます。この時、高粱酒を使うと、風味が断然違ってきます。そして、また吊るします。本当なら、これを外に吊るすのですが、日本ではカラスに狙われるのでそれはできません。ということで、店内で干します。そういえば、広州ではカラスって見ないなぁ。カラスは全世界で人を困らせているわけではないようです。さて、干し肉ですが、何日干すかは風やら熱やらの状態で違ってきますが、おおむね3〜5日といったところでしょうか。


写真:(左から)大きな豚バラ肉。いったん吊るします。中国醤油・高粱酒で味付け。


写真:(左から)また吊るして乾かします。出来上がりを切るとこんな感じ。

Posted at 2012年02月10日 08時51分31秒  /  コメント( 0 )

スーパーマーケット・トレードショーに行ってきました【粥菜坊パパのフロク - ブログ編】

2012年2月2日(火)

お台場の国際展示場で開かれているスーパーマーケット・トレードショーに行ってきました。こだわりの食材を見つけたり、新しい発想を磨いたり、粥菜坊を運営していくに当たり、とても大切な場であります。お店を閉めてまで出かけるので、お客様にはご迷惑をおかけしましたが、この場を借りてお詫び申し上げます。

さて、粥菜坊の一番の関心は、地方の特産品コーナー、その中でもこだわり商品のコーナー。実にたくさんの商店や中小企業が参加していて、見たことないものが並びます。たくさんの特産品を一気に見れて、試食できて、サンプルも気前よく頂けます。直接卸しで仕入れる商談もできるので、すばらしいコーナーなんです。また、それぞれ独自で手掛けている開発品も驚くほどの数で、そこから粥菜坊も「こうしたらこんなことができるんじゃないか」なんてことも頭を巡らせるのです。

そんなこと考えながら、粥菜坊の料理で使えるものを探して歩くのですが、今年は‘つまめる卵’に注目。話には聞いたことありましたが、黄身の張りが素晴らしく、臭みがないので料理の味を邪魔しない卵なんです。さっそく、サンプルを一箱頂き、持ち帰って卵料理がどう変わるか試してみたいと思います。。その他のブースからも、なかなか手に入らない食材や調味料のサンプルをいくつか貰ってきました。これから数日間、いろんな実験を楽しむのに忙しくなりそうです。


写真:(左から)会場の中。つまめる卵(楊枝を何本刺しても崩れません)

Posted at 2012年02月03日 08時01分52秒  /  コメント( 2 )

◆緊急提言◆ インフルエンザ対策 【粥菜坊パパのフロク - 広州・中国編】

わが家では、先週小学6年の息子がインフルエンザにかかってしまい、40度まで発熱しました。そのため、お店も臨時休業させて頂きましたが、おかげ様で1日で熱も下がり、大事には至りませんでした。高熱を心配して、枕を並べて付き添いましたが、親も移されずに難なきを得ました。さて、こうして家族がインフルエンザにかかってしまった場合、試して頂きたい一つの方法をご紹介します。

お鍋にお酢500佞汎盈未里水を入れて沸騰させます。窓を閉め切ってお酢とお湯が無くなるまで煮たて、部屋中にお酢の蒸気を回します。その後は、窓を開けて少し空気の入れ替えしてかまいません。これは、お酢が持つ殺菌効果を利用したものです。お酢の殺菌効果は、古くから知られており、中国の漢方の古書『本草綱目』でも記されているのです。

ちまたでは、インフルエンザが流行しているようです。この方法なら、たいした費用も手間もかからないので、是非、予防に試してみる価値ありと思います。


写真:『本草綱目』に記されたお酢の効果

Posted at 2012年02月02日 01時14分45秒  /  コメント( 0 )

中国中央電視台で放送 【粥菜坊パパのフロク - ブログ編】

2012年1月28日(土)

先日取材を受けて作成された中国中央電視台の番組が、中国で全国に流れました。被災地での炊き出しの模様が収録されています。放送時間がはっきりしていなかったため、誰にも教えてませんでしたが、親戚のうち一人が気がついたらしく大騒ぎで親戚中に電話をしたようです。確かに、中国で中央電視台で紹介されるなんて、一大事。うちのかみさんが異国で元気で頑張っている姿を、テレビを通して見せることができ、感謝です。テレビでの放送内容は、ネットで見れますので、よかったらご覧下さい。 >>>こちら

Posted at 2012年01月29日 09時25分01秒  /  コメント( 0 )

前へ |  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  | 次へ