メインメニュー
店長の「これぞ、イチオシ!」

ケールの餃子 (「飲みにくい青汁を、食べやすい青汁へ」)

"食べる青汁"餃子を作りました。「飲みにくい青汁を、食べやすい青汁へ」というわけで、青汁の定番ケールを使って餃子を作ったんです。ケールは、あまりなじみのない野菜ですが、キャベツの一種。青汁は美味しいという話しはあまり聞きませんが、調べてみるとものすごく栄養豊富なんです。そこで、粥菜坊が美味しい餃子に作り変えてみました。評判は上々で、青汁は感じず濃厚な野菜といった感じというのが、お客様の声です。野菜不足の貴方、是非"食べる青汁"餃子を試してみて下さい。

Posted at 2014年04月10日 10時40分30秒  /  コメント( 0 )

ユニーク宴会のご案内

日差しに春を感じる時期になりました。新学期や新入社、新しいスタートが始まる人…いろんな出会いやお別れがある時期でもあります。同僚たちと、友人と、そして家族や親戚の集まりに、ぜひ、粥菜坊にお手伝いさせてください。ご予約は 044-733-7538 まで。


写真:(左から)牡蠣の中華しんじょう(おまかせコース限定の特別メニュー)、鮮魚の姿蒸し、ご宴会の様子

◎ 裏メニューが中心の「おまかせコース」
コースは「おまかせコース」(税込2500円〜5000円程度)のみで、ご予算に応じて用意します。その時で旬の素材が違いますし、普段は準備していない食材や調味料を取り寄せる事情から料理の内容は固定しておりません。時間をかけて準備するため、「鮮魚の姿蒸し」もご用意できますし、「牡蠣の中華しんじょう」といったコース限定の特別メニューもございます。コースの内容にご希望があれば、是非ご相談下さい。

また、食べきれない場合も大丈夫。お持帰り用のフードパックをご用意しております。

◎ 広東粥で締める健康的満腹宴会
コースには必ず広東粥と餃子が含まれます。たとえば、一番人気の3500円コース(税込)なら、5品の広東料理・4種類の餃子・広東粥・デザート となります(料理内容により、多少変動することもございます)。もちろん、食べたい料理、避けたい食材のリクエスト等はご相談ください。

◎「飲めない」人にもおすすめの飲み放題!
アルコール類(ビール、サワー、紹興酒、白酒、ハイボール、マッコリ、いろんな焼酎、日本酒)、ソフト・ドリンクに加え、20種の本格的中国茶もなんと飲み放題!これなら飲めない人も十分楽しめます。(2時間制限で税込1700円、料理が3500円以上の場合は1500円へ割引き)飲み放題メニューは下記をご覧下さい。

◎ ランチ宴会も好評受付中です。
ランチタイムで宴会を開こうとしても、なかなか適当なお店が見当たりません。粥菜坊ならランチタイムのご宴会でもご対応できます。

◎ お土産も充実!
おうちで待っている方々にお土産はいかがですか?冷凍生餃子・冷凍広東粥・冷凍ザーサイ・冷凍腸粉・冷凍春巻き・冷凍しゅうまい・中国茶のほか、すぐに食べられる温かい料理もご用意できます(別料金)。

◎ 希望日時が定休日、営業時間外の場合でもご相談下さい。

飲み放題のメニューは、
・瓶ビール(スーパードライ)
・紹興酒
・高粱酒 コウリャンシュ (アルコール度56%の中国の蒸留酒)
・日本酒
・芋焼酎
・じゃがいも焼酎
・紫蘇焼酎
・ジャスミン焼酎
・ウーロンハイ
・角びんハイボール
・サワー(柚子、カルピス、ラフランス、ブルーベリー、マスカット)
・桂花陳酒 ケイカチンシュ
・茘枝酒 ライチシュ
・杏露酒 シンルシュ
・金柑酒 キンカンシュ
・藍苺酒 ランメイシュ(ブルーべリーのお酒)
・山楂酒 サンザシシュ

・アイスウーロン茶
・アイスジャスミン茶
・アイスウコン茶
・アップルジュース
・オレンジジュース
・カルピス

・碧螺春茶 へきらしゅん茶
・凍頂鳥龍茶 とうちょうウーロン茶
・四季春茶 しきはる茶
・黄金桂 おうごんけい
・人参烏龍茶 ちょうせんにんじんウーロン茶
・人参片烏龍茶 ちょうせんいんじんへんウーロン茶
・清香鉄観音 淡い香りの鉄観音
・濃香鉄観音 濃い香りの鉄観音
・岩茶大紅袍 だいこうほう
・祁門紅茶 きもん紅茶
・祁門紅茶とバラ花茶のブレンド
・茘枝紅茶 ライチ紅茶
・滇紅 てんこう
・陳年普洱茶 ちんねんプーアル茶
・陳年普洱茶と菊花茶のブレンド
・陳年普洱茶とバラ花茶のブレンド
・茉莉花茶 ジャスミン茶
・バラ花茶
・菊花茶
・雪菊

Posted at 2014年04月07日 10時53分11秒  /  コメント( 0 )

豚げた肉のトーチー蒸し

"豚げた肉"は、豚肉の中でもあばら骨の骨と骨の間のお肉で、一匹から僅かしか採れない稀少部位。肉質は柔らかくて、コク・旨味があり、とっても美味しい部位なんです。粥菜坊で使うお肉は、挽肉は買わずブロックで買って自分で切ったり挽いたりするので、以前からいつもげた肉は手許にあったんです。でも、日本名がわからず賄いで食べていました。最近、粥菜坊が採り上げられた日本テレビの番組内で、とんかつ屋さんの"げたとんかつ"も採り上げられていました。その映像を見て、"げた"と呼ぶことが分かったんです。なるほど、骨を除いた後の形が、げたみたいになるからなんですね。かなりのお勧めです!是非お試し下さい。


写真: (左から) 豚げた肉の豆豉(トーチー)蒸し、げたの部分を切っているところ

Posted at 2014年01月26日 11時30分44秒  /  コメント( 0 )

牛肉と白菜の餃子 【店長の「これぞ、イチオシ!」】

粥菜坊の白菜の餃子は、普通の餃子と違って豚肉は使っていません。使っているお肉は牛肉です。白菜のしゃきしゃき感とともに、豚肉や鶏肉とは違った牛肉の美味しさが味わえます。

牛肉なので、お肉がより赤っぽいのですが、不思議なことに十分焼いた後もお肉は赤っぽいままなのです。豚肉でも鶏肉でも焼いた後は肉の赤みがなくなります。でも、牛肉は違うんです。だから、お店で出す時も「お肉が牛肉なので、中は赤っぽいですがナマではありませんのでご安心ください」と言って出さないと、お客さんを不安にしてしまうんです。理由は、よくわからないのですが、餃子に包まれていて空気に触れていないからぐらいしか考えつきません。

Posted at 2013年06月26日 08時29分59秒  /  コメント( 0 )

ふきのとうの餃子

春の食材、菜の花や芹に続き、ふきのとうも農家さんから届いて餃子にしました。もちろん全部無農薬。独特の香りとほろ苦さが春を感じさせます。こうした野菜が出てきて食卓に並びだすと、自然と心もうきうきし始めます。残念ながら、ふきのとうはあまり数がありません。無くならないうちに、お早めにどうぞ。

Posted at 2013年03月16日 08時11分29秒  /  コメント( 0 )

せりの餃子

春らしい陽射しの日もだんだん多くなってきました。千葉県の農家さんから天然ものの芹(せり)が届き、そんなところからも春の息吹きが感じられます。芹は、今の春先の時期に一番おいしい部分の若い芽をぐんぐん伸ばします。粥菜坊は、そんな春の香りの代表的食材の芹を餃子に包みました。是非、芹の餃子で春の到来を楽しんで頂きたいと思います。

Posted at 2013年03月12日 08時53分33秒  /  コメント( 0 )

飲み放題メニューを更新しました

ご宴会の飲み放題メニューを更新しました。中国茶も全20種飲み放題なので、飲めない方も楽しめる飲み放題です。

Posted at 2013年01月25日 09時25分43秒  /  コメント( 0 )

牡蠣の福建お好み焼き 【店長の「これぞ、イチオシ!」】

最近作り始めたものですが、かなり好評です。10個、20個単位で冷凍品をお持ち帰りしていく方が結構いるので、ちょっと驚いています。日本にも、岡山のほうに牡蠣のお好み焼があることを聞いたことがありますが、粥菜坊のは中国の福建地方にある作り方です。日本のものとの大きな違いは、使う粉がお好み焼き粉や小麦粉ではありません。だから、食感が全然違って、ふわっという感じではなく、もちっとしてちょっとパリッとした感じです。お好み焼きというよりもチヂミといった感じかもしれません。

刻んだ牡蠣がたくさん入っていて、牡蠣の香りがかなり漂います。ビールにもバッチリ合うし、冷凍品をご自宅でストックしておくことも可能。是非、お試しください。

Posted at 2012年12月28日 09時44分06秒  /  コメント( 0 )

帰って来た柚子大根 【店長の「これぞ、イチオシ!」】

冬は大根がとても美味しい時期です。大根は南風にあたると苦みが出てくるので、それまでの甘みがある時期に食べるのがお勧めなのです。

粥菜坊にはそんな美味しい大根を使って、冬だけ作る料理があります。粥菜坊独特の柚子大根です。漬けものの柚子大根とは違って、柚子を染み込ませて煮た大根を卵でとじたのが、粥菜坊の柚子大根です。“帰って来た〜”と付けているのは、一年中作るわけではなくて、冬にしか作らない料理だからです。暖かくなってきたらもう作ってませんので、是非この機会にお試し下さい。

Posted at 2012年12月21日 09時39分31秒  /  コメント( 0 )

素晴らしい香りの中国茶 雪菊

ウイグルの秘境に極上の甘美な香りを持つ花があります。その花は3000m以上の山に生息し、8月の雪解け時にしか摘めないため産出量が極僅かです。その花は雪菊と呼ばれ、中国でも主要都市の限られた専門店でしか飲めない花茶を作ります。日本では、中国茶のお店に行ってもめったに見ることができないお茶でしょう。

ストレスを和らげ、香り・味は優雅で、美肌・美容にも効く、漢方としての効能も一級品の中国茶です。是非、お食事をしながら、あるいはお食事の後にお楽しみ下さい。


写真:(左から)色はワインのような赤。雪菊の花。

Posted at 2012年11月09日 08時09分59秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  | 次へ