メインメニュー
2013-01-03

新年明けましておめで...

2013年1月1日(火)&2日(水) 

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。今年も食を通して、たくさんのお客様と小さな幸せを共有できるよう頑張りたいと思います。お客さんには粥菜坊で小さな幸せを感じてもらえるような、そして粥菜坊もお客さんの笑顔を見て小さな幸せを感じれるような、そんな気張りのない温かいお店づくりを目指したいと思います。新年は、1月15日(火)からです。手術があるため始まりが少し遅いですが、ご来店お待ちしております。

さて、大晦日から友人とともに計6人で伊豆へ出かけました。元旦は早朝から伊東の大室山(おおむろやま)に登り、初日の出を拝んできました。初日の出を見に出かけるなんて人生初。太平洋上の空が赤く染まって、光り輝く太陽がじわじわと昇る感動的シーンをしっかりと眺めてきました。力が湧いてくるすばらしい初日の出。地球上の皆が自分に幸せを感じて、人を幸せにすることに幸せを感じて、そんな世の中に一歩近づく一年でありますように…と心でお祈りもしました。(でも、日の出の逆側に、誰にも注目されないでひっそりたたずむ月も妙に気になりました。)そして、太陽もそこそこ上がって明るくなると、青い空と蒼い海、富士山もはっきり見える絶景360度の大パノラマが待っていたのです。寒さに耐えるのに厳しい場所ですが、大室山、初日の出スポットにおすすめの場所です。


写真:(左から)太平洋から初日の出。気になった逆側の月。明るくなると富士山もバッチリ。

元旦は宿の近くにあるシャボテン公園でぶらぶらとしていましたが、一日中風も穏やかで素敵な一日。自然に囲まれて、富士山も一日中はっきり見えて、とてものんびりできた稀少な一日でした。夜は、近くに住む東北支援仲間であり伊東里山クラブ代表の高野さん夫妻も合流して、新年会!鍋を囲んで乾杯して、楽しい楽しい一日でした。


写真:(左上から)朝ごはんはお雑煮。シャボテン公園から真っ青な海。ペリカン(本物)とも遊びました。一日中綺麗に見えた富士山。カピバラの温泉。夜は鍋で新年会。


そして、翌日は伊東里山クラブが原木椎茸を育てている場所を見学させて頂きました。いました、いました、椎茸君たちが原木から顔を出していました。時期が少し外れているので、椎茸は全体的に小粒で渇き気味とのこと。ここにある原木は、椚(くぬぎ)と小楢(こなら)だそうです。原木栽培の椎茸君は、原木の栄養をしっかり吸い取るため味も香りも濃厚なんです。かみさんは中国でよく見たそうですが、原木栽培の現場を見るのは私は初めて。これで、粥菜坊の原木椎茸の餃子の販売にも力が入れられそうです。
この後川崎へ帰りますが、東名高速は避けて下の246号線を選びました。ツィッタ―情報では、東名の渋滞は60キロだとか。246も込んでいましたが、いつでもトイレに行けたり休める分、正解だったかもしれません。楽しい楽しい二泊三日のお正月休みでした。


写真:(左から)原木椎茸ここで育てています。こんな感じで出て来ます。皆で記念写真。

Posted at 2013年01月03日 11時16分37秒  /  コメント( 0 )