メインメニュー
2012-05-30

「輝け☆明日の先生の会...

2012年5月26日(土)

川崎には、「輝け☆明日の先生の会」という小中学校の教員を目指している方や教員なりたての方などを指導する研修機関があります。その会に講師として招かれ、1時間超、70〜80人の受講生を前に、『その人の生き方に学ぶ』というタイトルでお話をしました。

私が話すことになった経緯は、この会を創設し、今でも運営を手がけている先生からの依頼ですが、私のような全くの畑違いの人間が講演することはとても稀れだそうです。私の持つ他人に縛られずに自分で積んできた経験や視点を、是非話して欲しいとのことでした。本職の会計士の仕事では、人前で話すのも珍しくありませんが、会計財務に関係ない話をするのは全く初めてです。案の定、話を上手にまとめられた達成感はゼロで終わってしまいました。話したいことが多すぎてまとまりに欠けましたが、何か知識や技術を教えるという話でもないので、受講生の方々が上手にかい摘んで何かを感じてくれたら、少しでも刺激があったなら、それでいいかとも思っています。


(左から)講演の様子、ゼミ形式のディスカッションを見学

さて、この「輝け☆明日の先生の会」という会は、月2回ぐらいの割合で開かれ、週末を使って全14回開講されます。不確かですが、今年で7〜8年目だったかと思います。受講生は、毎回ただ講話を聞くだけでなく、その講話のテーマを受けて、論文を書き小グループに分かれてゼミ形式で議論します。20数名のベテラン教師の方々も分かれてその議論に参加し、教師の卵の人達に真剣に経験談やアドバイスを送ります。私も、その議論を見学しましたが、ベテラン先生の実例を挙げた体験談も含め、とても有効でためになる会だと感じました。。その会を主管しているNPOの方にお話を聞くと、川崎を良くしていこうという思いがひしひしと伝わってきます。自分が住んでいる川崎、また一つ好きな部分が増えました。

Posted at 2012年05月30日 09時03分15秒  /  コメント( 0 )

今年も横浜中華街食材...

2012年5月28日(月)

今年も料理教室の生徒さんを連れて、横浜中華街食材探検ツアーを実施しました。総勢10数名でどどっと食材店に入りこんで、料理教室で使用したあの食材/調味料はここで買えるとか、この食材は何からできていて何に使うとか、この漢方はどんなことに効いて、どんな風に飲む/食べるとかの説明をどんどんしていきます。小さなスーパーや大きなスーパー、かみさんの説明を受けながら、皆さん思い思いに買い物を楽しみます。冷凍品を見ていくと、豚の頭が丸々置いてあったりもして、ちょっとビックリ。中には、決して日本人だけでは入れないような感じのお店にも案内しましたよ。

ランチは、ヤムチャを中心に広東料理の食べ放題。ビールを飲みたい人は飲んで、ひとつの円卓で料理や中国のお話を楽しみました。せいぜい年に一回ぐらいしかできませんが、なかなか楽しい企画だと思っています。


写真:うちのかみさんが漢方を説明中

Posted at 2012年05月30日 09時03分03秒  /  コメント( 0 )

粥菜坊の『被災地食事...

東北へ温かいお粥送りませんか?

被災地では、多くの人が仮設住宅に入居してほっとする一方で、コミュニティはばらばらになり、孤立して苦しんでいるご高齢の方が多くいます。また、暖房器具もなしで、薄っぺらな仮設住宅で厳寒を乗り越えなければならない方々も多くいます。

粥菜坊では、お客様のご協力を頂き、孤立化した方を救う活動やコミュニティ作りの活動をしている方々にお粥や粽を送っています。活動のツールとして役立てて頂いているのです。また、寒さに耐えている仮設住宅居住の方にも送って、せめてひととき、粥菜坊のお粥で温まって頂いています。


(左から)コミュニティでお粥を食事中。仮設住宅でお粥を直接配布中。

◆粥菜坊のお客様が購入し、粥菜坊が被災地へ届けます!300円/袋で1袋〜承っております。◆

1.お客様に粥菜坊の店頭で、あるいはホームページのオンラインショップで、(ホームページでの販売は4月いっぱいで終了しました)朝鮮人参粥735円、あるいは中華粽600円を特別支援価格で300円/袋でご購入頂きます。どちらを送るかは粥菜坊にお任せ下さい。1袋からご注文頂けます。
届け先は、粥菜坊が面識がある見回りボランティアをしている方やコミュニティづくり活動している方、炊き出しをしたことがある仮設住宅です。



2.注文が各15袋に達したら、粥菜坊が5袋加えて、被災地へ送ります
3.お客様による送料やクール便代の負担はありません。
4.ご注文によりお預かりした大切な商品が、その後どうなっているか、お客様ご本人が確認できるよう、頂いた注文(日時、注文者イニシャル、居住区)、被災地に届けた数は『被災地食事支援プログラム』注文&出荷状況でご覧頂けるようになっています。

★ 朝鮮人参粥は、被災者に不足がちなビタミン、ミネラル、蛋白質、どれもしっかり補い、活力を与えるものです。中華粽は体を温めるもち米、体の毒素を排出する緑豆がいっぱいです。被災者の方々には、これらの食品で栄養を補充して頂きたい思いでいっぱいです。是非、店頭で、あるいはオンラインショップで、ご注文よろしくお願い申し上げます。

そして、ツイッター利用者の方は、当プログラムをつぶやいて頂けるだけでも、とてもとても助かります。ぜひ、ご協力をお願い致します。

Posted at 2012年05月30日 09時01分16秒  /  コメント( 3 )