メインメニュー
2012-05-17

中国が認めた紹興酒と...

粥菜坊では、甕だしの紹興酒というのを置いていますが、紹興酒には中国政府が認めた紹興酒と、それ以外の紹興酒があるのをご存じでしょうか?

中国政府は、紹興酒は上海の南に位置する水郷地帯、紹興市にある鑒湖(かんこ)の湧水を使って造られたものだけを紹興酒とし、本来は使用するもち米や仕込み水は厳しい基準で規定されています。それなのに、製造法をまねて作った紹興酒や、中には台湾で作られたものまで、一般には紹興酒と呼ばれて出回っています。そのため、本来、紹興酒は中国八大銘酒にも入る世界で評価されたものですが、片やザラメが必要な紹興酒も存在するわけです。

中国が認めた紹興酒は、華やかな香りがあって、口に含めばまろやかさが違います。もちろん、ザラメなんていりません。豊かで上品な熟成による甘みがすばらしいからです。粥菜坊では、もちろんそんな紹興酒をお出ししているので、是非お試し下さい。これが、粥菜坊で「初めて紹興酒が美味しいと思った」と言われるお客さんが数多い理由です。


写真:粥菜坊では中国が認めた紹興酒をお出ししています。

Posted at 2012年05月17日 08時48分19秒  /  コメント( 0 )