メインメニュー
2012-01-26

横浜中華街でのCCTV取...

2012年1月23日(月)

中国の中央電視台(CCTV)の記者の方から再度連絡があり、先週の取材に続き、うち一家のお正月の過ごし方を取材したいとの申し出がありました。そこで、行く予定にしていた中華街へ同行して頂き、恥ずかしながら中華街での撮影・インタビューとなりました。関帝廟の前でインタビューしていると、パラついていた雨が大粒の雪に変わり、なんか良い感じなんて思っていたら、降り落ちた雪が、なんだか溶けません。雪だと思いこんでいたら、関帝廟から風で運ばれて来たお線香の灰だったんです。な〜んだ。撮影は、近いうちに中国で全国放送されるもようです。


写真:(左から)関帝廟の前でインタビュー。中央通り前で撮影。

さて、撮影後、記者の方と昼食をともにしたのですが、この方、昨年の大震災の際には、震災直後に4時間ヘリコプターで空中から現地を撮影・取材したそうです。そして、その後仕事を休んで、外国人ボランティア団体に加わり、1か月もの長い間、岩手県の大槌町でボランティア活動を続けたとのことでした。日本に来て1年半とのことですが、仕事を休んでまで被災地入りし、しかも直後の大変な時期にと思うと感謝でいっぱい。頭が下がります。逆に、うちがその記者の方を取材したい気持ちになりました。

Posted at 2012年01月26日 08時12分20秒  /  コメント( 0 )