メインメニュー
2010-10-07

中華点心&中国茶教室...

10月1日発行の『かわさき市政だより』でご案内されていますが、中原区役所および中原商店街連合会主催の教室が、粥菜坊で開かれます。10月20日(水)の中国茶教室に続くもので、11月17日(水)には中華点心の教室、12月1日(水)には再度中国茶教室となっています。時間はともに午後2時〜4時ぐらいです。

●11月17日(水)中華点心教室
何を作るかはまだ検討中ですが、参加者の方々で中華点心を一緒に作ることを予定しています。
●12月1日(水)中国茶教室
2点ぐらいの中国茶を飲みながら、中国茶の入れ方、楽しみ方や効能についてご紹介します。
また、手軽な中華デザートの作り方もご紹介します。

10月15日から区役所地域振興課(744-3161)でお申込みの受付を始めます。定員は各20名、費用は各700円となっています。先着順の受付で、10月20日に開かれる中国茶教室は受付開始後1時間でほぼ定員近くに達したと聞いてますので、ご興味ある方は早めにご連絡下さい。

Posted at 2010年10月07日 09時09分47秒  /  コメント( 0 )

中原区と中原商店街連...

今年も中原区と中原商店街連合会が進める「商店街と連携したまちづくり推進事業」に協力させて頂くことになり、粥菜坊で何度か教室が開催されます。その第1回目は10月20日(水)午後2時〜4時となります。ゆっくりと手元でアルコールランプでお湯を沸かしながら、茶盤など茶具を用いて楽しむ“功夫茶”の教室です(700円)。中原区在住・在勤の方は、ふるってご参加下さい。お申し込みやお問い合わせは、区役所地域振興課(744-3161)まで。

◆中国茶の入れ方・楽しみ方・効能についてのご紹介
・陳年プーアル茶
広州や香港のヤムチャで、最もよく飲まれているお茶です。発酵が進んだお茶なので、独特な香りがあります。脂肪分を体外によく流し出すので、ダイエット志向の方には、ぜひお薦めしたい中国茶です。
・朝鮮人参片烏茶
朝鮮人参のクセを全然感じさせない、とても飲みやすいお茶です。朝鮮人参が茶葉に練り込まれていて、人参のスライスも入っており、健康志向の方には、日常的に飲まれると良い中国茶です。
◆手軽な中華デザートの作り方をご紹介
 シナモンときな粉を使った簡単に作れるデザートをご紹介します。シナモンは、中国では桂皮(ケイヒ)と言われ、漢方の一つとして使われるほど、体に良い効能がいっぱいあります。きな粉も使って、ちょっと変わった独特な味をご紹介します。


『かわさき市政だより』(平成22年9月1日)

Posted at 2010年10月07日 08時34分50秒  /  コメント( 0 )