メインメニュー
2014-01

豚げた肉のトーチー蒸し

"豚げた肉"は、豚肉の中でもあばら骨の骨と骨の間のお肉で、一匹から僅かしか採れない稀少部位。肉質は柔らかくて、コク・旨味があり、とっても美味しい部位なんです。粥菜坊で使うお肉は、挽肉は買わずブロックで買って自分で切ったり挽いたりするので、以前からいつもげた肉は手許にあったんです。でも、日本名がわからず賄いで食べていました。最近、粥菜坊が採り上げられた日本テレビの番組内で、とんかつ屋さんの"げたとんかつ"も採り上げられていました。その映像を見て、"げた"と呼ぶことが分かったんです。なるほど、骨を除いた後の形が、げたみたいになるからなんですね。かなりのお勧めです!是非お試し下さい。


写真: (左から) 豚げた肉の豆豉(トーチー)蒸し、げたの部分を切っているところ

Posted at 2014年01月26日 11時30分44秒  /  コメント( 0 )

広東料理教室生徒募集...

◆久しぶりの新規募集です◆

料理教室を月一回、月曜日に川崎市国際交流センター(粥菜坊から徒歩7〜8分)で実施しています。広東料理は食材、調味料、調理法のどれをとっても実に豊富。その中から身近な食材を使って簡単に作れる料理から珍しいもので手の混んだものまで様々な料理をご紹介しています。

教室では、毎回3品をテーマに掲げて調理の模範をお見せし、グループ分けして実習します。もちろん、その後は皆さんで会食する楽しい会です。一緒に作って食べて、お話ししませんか?

●日時:平成26年2月17日(月)午後1時〜4時半ころ
●場所:国際交流センター調理室
●申込:粥菜坊(044-733-7538)
●料金:2500円(食材費、施設利用料込)
●内容:落花生の中華前菜、菜の花とピーマンのスープ、鶏モモ肉の三杯煮

次回3月17日(月)分も同時募集中です。(内容は未定)


写真:(左から)前回の教室の様子、前回作ったうちの二品で柚子の牛肉団子、キャベツと桜海老の炒め

Posted at 2014年01月25日 16時57分36秒  /  コメント( 0 )

ザーサイの雑学

粥菜坊の"いけてるザーサイ"は、なかなかのヒット商品です。が、テーブルから「ザーサイって何?」とひそひそ話しているのをよく耳にします。実は、下の真ん中の写真で持っているのがザーサイで、日本でも茨城県や神奈川県で作られています。だから、近くのスーパーでも置いてることがあるんです。

茎の肥大した部分を漬物にしたのが、いわゆる"ザーサイ"ですが、炒めものにして全体を食べることもできます。肥大した部分は、ブロッコリーの茎のような甘さがありますが、葉や茎の部分は菜の花のような苦味があります (実はザーサイは、菜の花と同じアブラナ科です) 。"野菜としてのザーサイ"も、甘味あり苦味あり、面白い食材なんです。ザーサイの雑学でした。


写真:(左から)粥菜坊の"いけてるザーサイ"、野菜としてのザーサイ、ザーサイの炒め

Posted at 2014年01月16日 23時55分21秒  /  コメント( 0 )