メインメニュー
2012-11

南三陸町福興市に出店...

2012年11月25日(日) 

24日の営業終了後、夜通し車を走らせて宮城県の南三陸へ。11月25日(日)は、南三陸町の福興市に出店してきました。寒さにはしっかり準備したし、風もなく、寒さはつま先が冷えるぐらい。元気いっぱい販売ができました。販売したのは、粥菜坊の海草の餃子(南三陸のわかめを使用)だけ。あっさりしていて食べやすいので、お店では焼き餃子だけでなく、水餃子、揚げ餃子、スープ餃子にも使っている餃子です。

震災を通して知り合った現地の人や支援仲間も駆けつけてくれて、販売スタッフは10人以上に膨れ上がりました。どんどん売ったので、少しは福興市の盛り上げに貢献できたかなと思うし、何よりも嬉しくて楽しい一日でした。だって、震災前は知らなかった者同士が、一緒に力を合わせて販売したのだから。そして、お客さん達は、“わかめ餃子“の文字を見て、興味津々。たくさん食べてもらえました。美味しいを連発する人も多くて、わかめも餃子とマッチングできること、地元の人にも観光の人にも、たくさんの人に知ってもらえたと思います。


写真:(左から)粥菜坊店はこんな感じ。デモンストレーション用に餃子包みマシーンを導入。のぼり旗“南三陸町産わかめ餃子”も支援仲間を通じて有志が作ってくれました。



さて、お店は盛況でしたが、前のブログでも書いたように、今回の本当の目的は、わかめ餃子をご当地グルメとして売り出してみないか、の提案です。ちらしも2種類、飲食関係の方向けと一般の人向けに用意しました。話を聞いてくれそうな人を見つけては、ちらしを渡してアイデアを説明します。真剣に聞いてくれる方もたくさんいました。観光協会のブースに出向いて話もしてきました。


写真:左が飲食関係の方向け。右が一般の方向け。

地元の人で真剣に取り組む人が出てくれば、粥菜坊はスキル支援を惜しみません。南三陸といえばわかめ、と言っても過言でないぐらいに有名なんだから、全国区になって復興のみならず、復興プラスをねらうチャンスと本気で思っているんです。しばらくは、問い合わせ待ちです。

寒い中、味噌汁の差し入れがありました。南三陸の海藻が浮かぶ味噌汁にわかめ餃子を入れると、これまた絶品。こんな食べ方もわかめ餃子はできるんです。


写真:わかめ餃子入り味噌汁(非売品)

目新しいものなので試食も随分出しましたが、用意した餃子はほぼ完売しました。午後2時頃には、そろそろ終わりかなの雰囲気も漂ってきて、片づけの準備に入ります。売れ残りは困るので、なくなるとほっとします。当日の様子は、応援に駆けつけてくれた支援仲間の、レスキュー横浜オーファの島田さんのブログでも記載されているので、是非ご覧下さい。すぎちゃん風に書かれていて、そっちの方が面白いだぜぇ〜。

この福興市は、毎月最後の日曜日に開かれています。県外から来ている方もいっぱいいました。応援バスツアーもあって、なかなかの人出です。機会がありましたら、是非被災地へ赴きましょう。まだまだたくさんの人の応援が必要です!

Posted at 2012年11月30日 09時38分27秒  /  コメント( 0 )

南三陸町へ“南三陸わか...

11月25日(日)は、宮城県南三陸町の福興市に出店します。今回は、販売というよりも、地元の観光協会や商工会、飲食店の方々に、粥菜坊のわかめ餃子をご当地グルメ“南三陸わかめ餃子”として売り出してはどうかという提案することに主目的があります。


写真:福興市のちらし、出店者のリストには、神奈川県川崎市粥菜坊の名があります。

粥菜坊は、炊き出し、や物資支援リクリエーションなどいろんな形で南三陸町を応援してきました。春先の生わかめ店頭販売も、南三陸町のある漁師さんの応援でした。約500キロ販売しましたから、南三陸のわかめがかなり肉厚で、味がしっかりしていることに気付かれた方も多いと思います。粥菜坊のわかめ餃子は、その南三陸産のわかめを使っていて、あっさりしていて食べやすいと好評なので、焼き餃子だけでなく、水餃子、揚げ餃子、スープ餃子にも使っています。

そこで、粥菜坊のわかめ餃子なら、復興の一助に、南三陸のわかめのブランドを生かせるのではないかと考えています。いくつかの飲食店が各店のアレンジを加えながらわかめ餃子を売り出し、さらに、冷凍品を地元や復興デパートのネットモールに載せて、市も一体になってPRし、被災地を応援する人たちがフェイスブックやツイッターを使って拡散させれば、費用を抑えて面白い展開が期待できるのではないかと思うのです。宇都宮餃子だって、市がPRに成功して店と力を合わせたことで、全国規模で有名になったわけですから。

このアイデアについて、地元の多くの方とお話をしたいし、わかめ餃子を食べてみて頂きたいです。今まで飲食に携わったことがない方でもチャレンジできることです。もし、南三陸町近辺に知人がおりましたら、是非、福興市のご来場頂き粥菜坊を探してみてもらって下さい。

Posted at 2012年11月24日 07時08分34秒  /  コメント( 0 )

平日の営業時間変更の...

12月より、平日の夜の営業時間の開始を夕方6時に変更させて頂きます。
以下のようになりますので、ご注意下さい。

火〜日 11:30〜15:00(LO14:30)
火〜金 18:00〜23:00(LO22:30)
土日祝 17:00〜23:00(LO22:30)

よろしくお願い致します。

Posted at 2012年11月13日 13時24分22秒  /  コメント( 0 )

素晴らしい香りの中国...

ウイグルの秘境に極上の甘美な香りを持つ花があります。その花は3000m以上の山に生息し、8月の雪解け時にしか摘めないため産出量が極僅かです。その花は雪菊と呼ばれ、中国でも主要都市の限られた専門店でしか飲めない花茶を作ります。日本では、中国茶のお店に行ってもめったに見ることができないお茶でしょう。

ストレスを和らげ、香り・味は優雅で、美肌・美容にも効く、漢方としての効能も一級品の中国茶です。是非、お食事をしながら、あるいはお食事の後にお楽しみ下さい。


写真:(左から)色はワインのような赤。雪菊の花。

Posted at 2012年11月09日 08時09分59秒  /  コメント( 0 )

川崎のおせちオードブル

地元武蔵小杉の代表的スーパー大野屋さんの“川崎のおせち”が復活します。大野屋さんが選んだ川崎市で人気のお店8店舗が、各お店の味で埋め尽くす楽しいオードブル。粥菜坊も下の写真、二番の位置で“しゅうまいの真実”と“広州風蒸し鶏”を出品しています。お申し込みは12月22日(土)迄で、12月31日(月)お渡し、100台の限定品です。11月中のご予約なら早期割引もあるようなので、食べてみたい方はお早めに大野屋さん(小杉店電話:044-711-8001)にお問い合わせください。

Posted at 2012年11月08日 08時48分33秒  /  コメント( 0 )

広東家庭料理教室 1...

月一回、川崎市国際交流センターで開いている広東家庭料理教室のご案内です。通常は3品をテーマにレシピを配って調理の模範をお見せし、グループ分けして実習します今回は中華街でもめったに目にしない銀針粉を作ります。見た目はモヤシのようですが、もちっとした日本では麺のひとつと考えられる食品です。つくり置きして冷凍もできるので、お客さんが来た時に見たことがないと驚かせてみてはいかがでしょうか?

◆日時 平成24年12月3日(月) 午後1時〜4時半頃
◆場所 川崎市国際交流センター
◆申込 粥菜坊(044−733-7538)
◆料金 2500円(食材費、設備利用料込)
◆料理内容 
     銀針粉


写真:銀針粉

来年1月分(1月28日)分も申し込み受け付け中です。

Posted at 2012年11月06日 08時22分19秒  /  コメント( 0 )

2012川崎多摩川国際マ...

11月18日(日)、昨年に引き続き川崎多摩川国際マラソンに出店します。この大会では、走り終えた選手の方々にお粥を食べていく人がたくさんいます。きっと、胃に負担の少ないお粥がちょうど良いのかもしれません。今年はランナーの皆さんの早い疲労回復のため、朝鮮人参のお粥を作ることにしました。朝早くから用意しますので、たくさんの人達に食べていって頂きたいものです。もちろん、お粥以外でも、焼きビーフン、焼き餃子、中華粽(ちまき)、蓮根春巻、鶏唐揚げ、ハスの実あんの胡麻団子、などを用意する予定です。多摩川マラソンに参加の皆さん、観覧の皆さん、是非粥菜坊の品々を食べていって下さい。

Posted at 2012年11月05日 08時37分50秒  /  コメント( 0 )

11月&12月の営業...

11月の臨時休業:11日(日)のランチタイムは臨時休業させて頂きます。夜は通常通り営業致します。また、18日((日)および25日(日)は終日臨時休業させて頂きます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。
12月の臨時休業:現在のところ、予定はありません。

定休日および営業時間は通常通りです。
定休日:月曜日
営業時間:11:30〜15:00、17:00〜23:00(LO22:30)

Posted at 2012年11月02日 08時36分02秒  /  コメント( 0 )