メインメニュー
2012-05

「輝け☆明日の先生の会...

2012年5月26日(土)

川崎には、「輝け☆明日の先生の会」という小中学校の教員を目指している方や教員なりたての方などを指導する研修機関があります。その会に講師として招かれ、1時間超、70〜80人の受講生を前に、『その人の生き方に学ぶ』というタイトルでお話をしました。

私が話すことになった経緯は、この会を創設し、今でも運営を手がけている先生からの依頼ですが、私のような全くの畑違いの人間が講演することはとても稀れだそうです。私の持つ他人に縛られずに自分で積んできた経験や視点を、是非話して欲しいとのことでした。本職の会計士の仕事では、人前で話すのも珍しくありませんが、会計財務に関係ない話をするのは全く初めてです。案の定、話を上手にまとめられた達成感はゼロで終わってしまいました。話したいことが多すぎてまとまりに欠けましたが、何か知識や技術を教えるという話でもないので、受講生の方々が上手にかい摘んで何かを感じてくれたら、少しでも刺激があったなら、それでいいかとも思っています。


(左から)講演の様子、ゼミ形式のディスカッションを見学

さて、この「輝け☆明日の先生の会」という会は、月2回ぐらいの割合で開かれ、週末を使って全14回開講されます。不確かですが、今年で7〜8年目だったかと思います。受講生は、毎回ただ講話を聞くだけでなく、その講話のテーマを受けて、論文を書き小グループに分かれてゼミ形式で議論します。20数名のベテラン教師の方々も分かれてその議論に参加し、教師の卵の人達に真剣に経験談やアドバイスを送ります。私も、その議論を見学しましたが、ベテラン先生の実例を挙げた体験談も含め、とても有効でためになる会だと感じました。。その会を主管しているNPOの方にお話を聞くと、川崎を良くしていこうという思いがひしひしと伝わってきます。自分が住んでいる川崎、また一つ好きな部分が増えました。

Posted at 2012年05月30日 09時03分15秒  /  コメント( 0 )

今年も横浜中華街食材...

2012年5月28日(月)

今年も料理教室の生徒さんを連れて、横浜中華街食材探検ツアーを実施しました。総勢10数名でどどっと食材店に入りこんで、料理教室で使用したあの食材/調味料はここで買えるとか、この食材は何からできていて何に使うとか、この漢方はどんなことに効いて、どんな風に飲む/食べるとかの説明をどんどんしていきます。小さなスーパーや大きなスーパー、かみさんの説明を受けながら、皆さん思い思いに買い物を楽しみます。冷凍品を見ていくと、豚の頭が丸々置いてあったりもして、ちょっとビックリ。中には、決して日本人だけでは入れないような感じのお店にも案内しましたよ。

ランチは、ヤムチャを中心に広東料理の食べ放題。ビールを飲みたい人は飲んで、ひとつの円卓で料理や中国のお話を楽しみました。せいぜい年に一回ぐらいしかできませんが、なかなか楽しい企画だと思っています。


写真:うちのかみさんが漢方を説明中

Posted at 2012年05月30日 09時03分03秒  /  コメント( 0 )

粥菜坊の『被災地食事...

東北へ温かいお粥送りませんか?

被災地では、多くの人が仮設住宅に入居してほっとする一方で、コミュニティはばらばらになり、孤立して苦しんでいるご高齢の方が多くいます。また、暖房器具もなしで、薄っぺらな仮設住宅で厳寒を乗り越えなければならない方々も多くいます。

粥菜坊では、お客様のご協力を頂き、孤立化した方を救う活動やコミュニティ作りの活動をしている方々にお粥や粽を送っています。活動のツールとして役立てて頂いているのです。また、寒さに耐えている仮設住宅居住の方にも送って、せめてひととき、粥菜坊のお粥で温まって頂いています。


(左から)コミュニティでお粥を食事中。仮設住宅でお粥を直接配布中。

◆粥菜坊のお客様が購入し、粥菜坊が被災地へ届けます!300円/袋で1袋〜承っております。◆

1.お客様に粥菜坊の店頭で、あるいはホームページのオンラインショップで、(ホームページでの販売は4月いっぱいで終了しました)朝鮮人参粥735円、あるいは中華粽600円を特別支援価格で300円/袋でご購入頂きます。どちらを送るかは粥菜坊にお任せ下さい。1袋からご注文頂けます。
届け先は、粥菜坊が面識がある見回りボランティアをしている方やコミュニティづくり活動している方、炊き出しをしたことがある仮設住宅です。



2.注文が各15袋に達したら、粥菜坊が5袋加えて、被災地へ送ります
3.お客様による送料やクール便代の負担はありません。
4.ご注文によりお預かりした大切な商品が、その後どうなっているか、お客様ご本人が確認できるよう、頂いた注文(日時、注文者イニシャル、居住区)、被災地に届けた数は『被災地食事支援プログラム』注文&出荷状況でご覧頂けるようになっています。

★ 朝鮮人参粥は、被災者に不足がちなビタミン、ミネラル、蛋白質、どれもしっかり補い、活力を与えるものです。中華粽は体を温めるもち米、体の毒素を排出する緑豆がいっぱいです。被災者の方々には、これらの食品で栄養を補充して頂きたい思いでいっぱいです。是非、店頭で、あるいはオンラインショップで、ご注文よろしくお願い申し上げます。

そして、ツイッター利用者の方は、当プログラムをつぶやいて頂けるだけでも、とてもとても助かります。ぜひ、ご協力をお願い致します。

Posted at 2012年05月30日 09時01分16秒  /  コメント( 3 )

ちょっと驚きのお墓 ...

日本でコックとして働いている中国人の友人(40)に子供が生まれました。元気な男の子で、母子ともに元気で何よりです。うちのかみさんは、中国で産婦人科の看護師を長年していたので、赤ちゃんがおなかにいるときから、母親の歩き方やおなかの形で男の子か女の子か結構あたるそうです。かなり前から「男の子、間違いない」と明言していましたが、その通りでした。粥菜坊はお粥のお店ということもあって、妊娠中のお客さんも多いですが、うちのかみさんはそうしたお客さんを見つけると、いつ生まれるとか、おなかの中での状態とか、男の子か女の子とか、産後の食生活についてなど楽しそうにお話しています。そのお客さんが、後日赤ちゃんを見せに立ち寄ってくれると、かなり嬉しそうです。

さて、子供ができたこの中国人の友人、一昨年お墓を作るために3カ月ぐらい、彼の故郷の福建省に帰省しました。先祖のお墓をしっかり作って、ご立派。ここまではいいのですが、なんと息子の名前もお墓に入れてきたそうです。???。彼の子供は女の子一人。奥さんは妊娠もしていない。生きているうちに名前を入れてしまい、カバーをしておくことがあるのは知っていますが、男の子の影も形もないではないか?そんなうちから、男の子の名前を決めてしまい、お墓にまで書いてしまうなんて、中国でも聞いたことがありません。彼の大胆な、男の子を作るぞという並々ならぬ決意の行動にビックしました。そして、2年が経過し、実際に子供ができて男の子だったのでほっとしました。結果、オーライです。でも、そうならなかったら、一体どうするつもりだったんでしょう?広い中国、いろんな人がいるもんです。


写真:中央がその中国人の彼。お祭りではいつも手伝ってくれるいい奴です。

Posted at 2012年05月19日 08時17分13秒  /  コメント( 0 )

中国が認めた紹興酒と...

粥菜坊では、甕だしの紹興酒というのを置いていますが、紹興酒には中国政府が認めた紹興酒と、それ以外の紹興酒があるのをご存じでしょうか?

中国政府は、紹興酒は上海の南に位置する水郷地帯、紹興市にある鑒湖(かんこ)の湧水を使って造られたものだけを紹興酒とし、本来は使用するもち米や仕込み水は厳しい基準で規定されています。それなのに、製造法をまねて作った紹興酒や、中には台湾で作られたものまで、一般には紹興酒と呼ばれて出回っています。そのため、本来、紹興酒は中国八大銘酒にも入る世界で評価されたものですが、片やザラメが必要な紹興酒も存在するわけです。

中国が認めた紹興酒は、華やかな香りがあって、口に含めばまろやかさが違います。もちろん、ザラメなんていりません。豊かで上品な熟成による甘みがすばらしいからです。粥菜坊では、もちろんそんな紹興酒をお出ししているので、是非お試し下さい。これが、粥菜坊で「初めて紹興酒が美味しいと思った」と言われるお客さんが数多い理由です。


写真:粥菜坊では中国が認めた紹興酒をお出ししています。

Posted at 2012年05月17日 08時48分19秒  /  コメント( 0 )

広東料理教室のご案内...

月一回、川崎市国際交流センターで開いている広東家庭料理教室のご案内です。通常は、3品をテーマにレシピを配って調理の模範をお見せし、グループ分けして実習していますが、今回は参加者の希望により、いよいよ餃子を作ります!時間的な制約から、少量ですが餃子の皮も作ります。お申込みをお待ちしております。

◆日時 平成24年6月18日(月) 午後1時〜4時半頃
◆場所 川崎市国際交流センター
◆申込 粥菜坊(044−733-7538)
◆料金 2500円(食材費、設備利用料込)
◆料理内容 焼き餃子、水餃子

7月分(7月9日)分も申し込み受け付け中です。


●●●横浜中華街食材探検ツアーのお知らせ●●●
当料理教室に参加したことがある方から募集します。中華街のスーパーで食材を見ても、どう使ったらよいか、一体何なのかさえわからないものが、多々あると思います。それらを説明しながら中華街を巡ります。希望者には、ご一緒のランチも予定しています。
日時:5月28日(月)お昼時〜4時頃
参加費:無料
買い物、食費は実費

Posted at 2012年05月15日 08時58分00秒  /  コメント( 0 )

マーラー(麻辣)茄子

暑くなってくると瓜系や茄子系の季節、ますます美味しくなってきます。しかも、食欲が減退する夏は、ピリッと辛いのが欲しくなるので、体を芯から温めてスッキリさせる粥菜坊の麻辣茄子がおすすめです。

さて、粥菜坊の麻辣味は、しっかり麻味(花椒の舌が痺れるような辛さ)と辣味(唐辛子の辛さ)、ともに効いています。下の写真で、小さな玉がちょっと見えると思いますが、これが花椒でこの味が効いてないと麻辣味といえません。効いているとはいっても、日本人が辛い辛いと言いながら食べ進める程度に控えめです。中には、使う油が合わない麻辣味がありますが、粥菜坊のものは油が少なく、お腹にも優しい麻辣味です。是非、粥菜坊のマーラー茄子お試し下さい。


写真:麻辣(マーラー)茄子。小さな玉が花椒です。

(補足)ちなみに、麻婆豆腐の「麻」は、麻味の麻ではなく、顔のぶつぶつ(中国語で麻)という意味です。婆は結婚した女性を指すので、麻婆豆腐は“顔ぶつぶつねえさん(おばさん?)”の豆腐といっているわけです。

Posted at 2012年05月13日 08時48分33秒  /  コメント( 0 )

とろとろトマトの卵とじ

夏になると帰ってくる“とろとろトマトの卵とじ”を始めました。とまとの酸味をおいしい卵で優しく包むから、夏の人気メニューなんです。このトマトと卵を炒める料理は、中国で最もポピュラーな料理のひとつ。日本ではあまり目にしない気もしますが、トマトと卵の組み合わせはオムライスという立派な人気メニューもありますね。

さて、実はトマトというと夏が旬と思われがちですが、真夏というより春や秋の方が旬。スーパーでは一年中並んでいる野菜であっても、やっぱり野菜は旬の時に食べるのが美味しさも栄養も一番。美味しい料理を食べるひとつのコツなんです!みずみずしいとろっとした旬のトマトを粥菜坊の味つけでお試し下さい。

Posted at 2012年05月10日 08時45分10秒  /  コメント( 0 )

5月の営業スケジュール

5月の臨時休業:20日(日)の夜、および26日(土)の昼は臨時休業させて頂きます。

定休日および営業時間は通常通りです。
定休日:月曜日
営業時間:11:30〜15:00、17:00〜23:00(LO22:30)

Posted at 2012年05月09日 08時36分10秒  /  コメント( 0 )