メインメニュー
2011-07

【緊急大募集】 被災...

8月初旬、宮城県南三陸町で無料バザーを開くため、バザー品の提供を募集します。

避難所にいた人達、近隣に身を寄せていた人達の仮設住宅への入居がどんどん始まっています。津波で全てを失った人たちが、今、日常品を必要としているため、無料バザーを開きに8月初めに南三陸町に行きます。もらったけど自宅で眠っている物、サイズが合わなくて着てない衣類などなど、当店にお持ち頂けたら助かります。7月末まで募集します。よろしくお願いします。

募集品の目安:

<保存食となるもの>
レトルト、カレーやシチュウのルー、乾物、缶詰、ふりかけ 
(調味料)しょうゆ、砂糖、塩・こしょう、サラダ油、めんつゆ、みりん、料理酒、スープの素、コンソメ、チューブわさび・からし・しょうが       
焼肉のたれ、天ぷら粉、乾麺(そば・うどん・そうめん・スパゲッティ)、麦茶パック、日本茶・コーヒーなど、大人用のお菓子

<日用品>
<衛生用品> シャンプー(詰め替え用)、リンス(詰め替え用)、石鹸、歯磨き粉
<台所用品> サランラップ、アルミホイル、ゴミ袋(45L)、食器洗い洗剤
<その他> 洗濯洗剤、靴下(新品)、除湿剤、夏服(Tシャツ類)新品・新中古、エプロン(新品)、傘、スニーカー(新品・新中古)、ドライヤー、アイロン、サンダル、扇風機、空気清浄機、タオルケット、タオル、シーツ類
<虫対策用品> 網戸の虫コナーズ、ハエ取りのグッズ、蚊取り線香、吊るすだけのバポナ、虫コナーズのような物、ハエ取りリボン、蚊帳
<夏対策品> ひんやり枕、首に巻くと涼しいひんやりベルト

Posted at 2011年07月24日 23時40分01秒  /  コメント( 4 )

暑さに負けない食事、...

暑い時には冷たいもので、体を冷やす。一般にはそう思われがちですが、体にはあまり良い方法ではありません。健康面から言うと、『暑い時には、熱いもの!』です。暑い国では、香辛料や熱い食事による発汗作用が大切だと聞いたこと、ありませんか?亜熱帯地方に属する中国広州でも、40度近くになる夏が長いため、冷たい食事は避け、熱い食事による発汗作用で体温を下げ、体を涼しくさせます。ガンガン効いた冷房で体が冷えきることもありますから、体の芯から温めることも大切でしょう。

さて、粥菜坊の食事は体を温めるものが多いですが、その中でも夏のおすすめを5つ挙げますと・・・



朝鮮人参粥 :食べてるうちに、じわっと汗をかいて体の新陳代謝が活発になるのがわかります。人参のクセを感じないどころか、味も美味しので、当店でダントツ一番人気のお粥です。

麻辣粉皮(マーラー・フンピー) :辣(ラー)だけでなく、麻(マー)のしびれる辛さも効いてます。花椒のスパイスでどっと汗が出ますが、お店を出る頃には、体がスッとしています。

青玄米粥“翡翠” 中華粽(ちまき) :解熱・解毒の効能がある緑豆をふんだんに使っているため、熱中症の予防にかなり有効です。

いけてるザーサイ :食べたくない時でも、ピリッとした辛さが食欲を誘います。ビールにもお粥にも、白ご飯と一緒につまむのに、いくらでもいけそうです。

冷たいものばかりだと、体はだるく気力も失くしがちです。温かいもの、少なくても常温のものをとるよう心がけることで、暑さに負けない体づくりができると思います。

Posted at 2011年07月19日 08時32分04秒  /  コメント( 0 )

黄ニラと海老の春巻

黄色いにらは高級中国料理に使われる食材ですが、ご存じない方も意外と多いのでご紹介します。にらは、刈り取るとそのあとに残った株から再び新芽が出て来る、年に何回も収穫できる野菜です。黄にらは、青にらと別にあるのではなく、青にらを収穫した後の株に、黒いビニール袋をかけて日光や風をさえぎって白い色にさせたものです。だから、光の遮断に失敗すると、普通の青にらになってしまいます。ホワイト・アスパラと同じですね。味はほのかに甘くなって、香りは淡くて上品です。

さて、この黄色いにら。ニラですから、スタミナ食材に変わりありません。なのに、ニラ特有の臭みはなく、ニラが苦手の方でも、何の問題もありません。上品に美味しくて、しかも元気が出る食材、黄にらを是非お試し下さい。


(左から)黄にら、黄にらと海老の春巻

Posted at 2011年07月19日 08時19分26秒  /  コメント( 0 )

中華粽(ちまき)

中華の粽(ちまき)は、和菓子のような日本のものとは随分違って、点心あるいは食事のひとつです。また、中国の中でも、地方により相当な違いがあり、広東地方の粽は、シンプルな北方地方の粽に比べて味付けにこだわった粽です。

粥菜坊の粽は、もち米を笹の葉っぱで包み、しかも生もち米から作っているので、葉の香りが全体に行き渡っています。もち米以外には、緑豆、落花生、椎茸、大きな豚肉を入れており、緑豆をたくさん使うのが、広州の粽の特徴です。ぎっしり詰め込んだ中身を、糸でしっかり締めるので、見た目は小さくても、食べ応えは十分。緑豆は、熱中症の予防にも効果があるので、夏の体調維持にも有効です。是非、お試しください。

Posted at 2011年07月19日 08時16分34秒  /  コメント( 0 )

7月17・18日は連...

7月17日(日)臨時休業、18日(祝・月)定休日と、連休させて頂きます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承下さいませ。

Posted at 2011年07月17日 06時18分26秒  /  コメント( 0 )

なんとなく忙しい日々...

本格的な夏になって、徐々に時間をもてあますスローな時期のはずですが、今年はなんとなく忙しい。

2011年7月12日(火)

東急沿線のケーブル・テレビ、イッツ・コムさんの『地モトTV おかえり!』という番組の取材を受けました。番組の中で、「ココ コレ!」というコーナーで2分半ぐらい、写真を交えながら当店が紹介されるそうです。放送日は、7月28日(木)17:00〜(再放送 19:00〜、21:00〜)ですので、加入者の方、是非ご覧ください。



2011年7月7日(木)

フジサンケイグループが出しているOL向け情報誌『シティ・リビング』さんが取材にやってきました。「オトナの電車旅」というページで当店を紹介するそうです。ところが、ちょっとしたハプニング。お粥の写真を撮りに来たはずが、カメラが御機嫌ななめ。粥菜坊のカメラをお貸しして事なきをえましたが、立派なカメラだったのでもっと良い写真が撮れたはずだった…のに、残念。「朝鮮人参粥」と粥菜坊の人気もの「豚肉腸粉」が紹介されます。


(左から)朝鮮人参粥、豚肉腸粉

2011年7月6日(水)

NHKさんから南三陸で炊き出しした時のDVDが送られてきました。その日のニュース、『てれまさむね』という番組で報道されたのに、自分では見損なったので、お願いしておいたものです。改めて、映像を見ると熱そう。そういえば、結構日焼けしたっけ。作っている時は、無我夢中で熱いのも気にならなかったのかも。いい記念となりました。


右のブルーのTシャツが私、粥菜坊パパ

2011年7月4日(月)

月に一度開いている広東料理教室。左の写真、今日はたこ焼き・・・ではなく、これ厚揚げなんです。豆腐の部分を残しながらくり抜いて、肉を詰めてあんかけに。真ん中の写真は、れんこんの漬け豆腐(腐乳)炒め。これ、作るのめちゃくちゃ簡単そうです。腐乳というのは、沖縄の豆腐ようみたいなもので、今日は料理に使いましたが、そのままビールのつまみによし、ご飯に乗せてもよしです。初めは見た目でとっつき難いかもしれません。が、是非トライをおすすめする調味料です。そして、右の写真は中国のり。日本のようにそのまま食べることはしませんが、スープに入れると、プリプリした食感があって、食べ応えあり豊かな味わいありの食材になります。



2011年7月3日(日)

国際交流センターのインター・ナショナルフェスティバルに出店しました。国際交流がテーマなので、粥菜坊も毎年参加しております。日本人だけでなく、日本に住む多くの外国の方が様々なイベントで盛り上げます。音楽あり、踊りあり、買い物ありと、今年もとても楽しそうでした。それにしても、バカ熱い一日。でも、雨が降らなくてよかったぁ。


オープニング前にフロンタ君と記念撮影

2011年6月29日(水)

川崎国際交流センターが季刊紙『signal』に「日本で活躍する外国人」というコーナーがあります。そのコーナーにかみさんを掲載したいということで、取材を受けました。国際交流センターとはもう8年ぐらいのお付き合いでもあり、簡単にいいですよと答えたものの、過去の掲載を見ると、映画監督であったり、楽器演奏者やフロンターレ選手といった広く活躍されている方々。うちみたいなローカルな一飲食店が載っていいものだろうか?と取材を受けて見ると、なるほど、災害関係の活動のお話が中心でした。この話になると、私達も熱が入ります。自然、粥菜坊の『被災地食事支援プログラム』を宣伝してしまいました。発行は、秋になります。


インタビュー中

Posted at 2011年07月16日 04時30分34秒  /  コメント( 0 )