メインメニュー
2010-09

新鮮海老の湯引き(白...

老の甘さってこういう味なんだとよくわかる、他の海老料理では味わえない味です。なんら調理を施さず、さっと茹でるだけですが、新鮮な海老の自然の美味しさにビックリするほどです。これにつけて食べる粥菜坊特製のたれがまたポイントで、にんにく風味が効いていて旨みをさらに引き立てています。店長の家族が中国広州に里帰りした際には、最初の晩ご飯で必ず食べるほど大好きな一品で、当店でも食べた方のほとんどが、次の来店時でご注文頂ける当店リピート率No.1の料理です。

Posted at 2010年09月24日 08時01分41秒  /  コメント( 0 )

新宿生まれの新宿育ち ...

先日、ある常連のお客様が「マスター、新宿のゴールデン街行ったことある?」って聞いてきまして、「もちろん、新宿生まれの新宿育ちですから」に始まって、おおいに新宿話しで盛り上がりました。その方は、30年ぐらい前に風鈴会館の近くで商売をしていたそうで、ゴールデン街の話はもちろん、淀橋浄水場跡や三光町、花園神社やしょんべん横丁(正式名称は思い出横丁)、十二社温泉やフーテン族(昭和40年前半、多くの若者が新宿でシンナーをやってました)…とても懐かしかったです。私は、歌舞伎町の隣町、今の新宿六丁目(昔の東大久保)に20年ぐらい前までいまして、親父が生まれ育ったのが新宿四丁目(今の新宿高島屋あたり)で、私の本籍もそこにあります。そういえば、昔そこそこヒットした歌で「新宿生まれで新宿育ち…」(『新宿ダダ』)なんていう歌もありました。今や歌舞伎町も様変わりして、自分のイメージとは随分かけ離れてしまいました。新宿、いい町でした。(粥菜坊パパのよろずのフロク


花園神社 酉の市

Posted at 2010年09月20日 09時52分56秒  /  コメント( 0 )

『川の流れのように』 ...

うちのかみさんがカラオケでよく歌う歌に美空ひばりさんのヒット曲『川の流れのように』がありますが、昔、私はその川を毎日のように眺めていたと気づいたのは、つい最近のことです。この川は、なんと日本の川ではなく、ニューヨークのイースト・リバーだそうです。私はマンハッタンの一番東(1st Ave.)の30階に住んでいたので、イースト・リバーがよく見え、なんか普通と違うなぁと不思議な感覚を抱きながら、その表情によく引き込まれたものです。もしかしたら、この歌を作詞した秋元康さんと同じ感覚で眺めていたのかもしれません。秋元康さんといえば、今やAKB48の生みの親として注目のあの方です。そういえば、“地図さえないそれもまた人生”、“生きることは旅すること”、“愛する人そばに連れて、夢探しながら”なんて、私の憧れです。実は、粥菜坊のビールと餃子のセット『たそがれセット』(700円)は、“空が黄昏(たそがれ)に染まるだけ”から命名したものです。イースト・リバー…確かに不思議な感じがする川です。(粥菜坊パパのよろずのフロク


自分の部屋からイースト・リバーが見えました(一番左は国連ビル)

Posted at 2010年09月20日 08時41分03秒  /  コメント( 0 )

点心って、なぜ「点」...

日本でもおなじみのヤムチャ、日本では食事と思っている方も少なくないですが、漢字では“飲茶”(広東語でヤムチャと読みます)と書いて、食事と食事の間に点心をつまみながら、お茶を飲むのがヤムチャです。さて、焼売や春巻、、餃子や団子といった点心、なぜ点心というのでしょうか?中国では、はっきりと料理と点心を分けていて、間食・軽食・お菓子の類で、禅の言葉『空心(空き腹)に小食を点ずる』からの言葉とは有力な説の一つです。ただ、いつもうちのかみさんが言っています。「ひとつひとつ、つまり一点一点、心を込めて作るから点心というようになったのでは」と。確かにありえますね。日本では、機械で作られた点心を目にすることがありますが、広州ではひとつひとつ手作業で作るのが点心なのです。(粥菜坊パパのよろずのフロク


粥菜坊の焼売も一個一個丁寧に作ります。

Posted at 2010年09月19日 08時17分28秒  /  コメント( 0 )

会計士バー (粥菜坊パ...

粥菜坊のホールを切り盛りしている私、粥菜坊パパの本職は公認会計士です。今でも自分個人の会計事務所を経営してますし、ある監査法人の社員でもあります。毎日粥菜坊のホールで動き回っていますが、定休日や夜の時間を使って会計士の仕事をしています。ということで、一時話題に上ったカウンター越しの弁護士バーのような「会計士バー」とはいきませんが、会計・税務・経営のことでご相談があれば、お相手できるかもしれません。手持ち無沙汰なポーズを見計らって、話題を振ってみてください。少しでもお役にたてればと思いますが、あくまで雑談ベースということでお願いします。(粥菜坊パパのよろずのフロク


本職は公認会計士、「会計士バー」(?)開業中です

Posted at 2010年09月18日 07時51分39秒  /  コメント( 0 )

「これ、何?」の黒い...

「これって、何ですか?」セットメニューの最後のデザートでよく受ける質問です。粥菜坊では、皆さんがあまりご存知ない中華デザートをあえてご紹介しているからです。日本では、中華デザートというと杏仁豆腐一辺倒で、それ以外は少ないのが残念でなりません。そこで、広州・香港の定番デザートのひとつ、豆類などの穀物を煮込んだデザートを多くご紹介しています。大衆的なデザート屋さんでよく見られるものです。その中でも粥菜坊がよく作るのが黒ゴマをすり潰して煮込んだ「芝麻糊」(中国語や広東語で「ジーマーウー」や「チーマーフー」)という「黒ゴマのお汁粉」のようなデザートです。ただ、「黒ゴマのお汁粉」と紹介すると、日本のお汁粉とは随分違うのでけげんな顔をされてしまいますが。また、温かい芝麻糊をお出しするとよく驚かれますが、中国では温かいデザートも一般的です。中国では、体を冷やすのを避ける傾向にあるので、プリンやババロアの類いでさえ、温かいものも好まれています。(粥菜坊パパのよろずのフロク


広州の大衆的なデザート屋さん。 
メニューは全部穀物を煮込んだものです

Posted at 2010年09月16日 08時32分10秒  /  コメント( 0 )

シニア・デー

粥菜坊では、毎月第3水曜日にシニア・デーを実施しており、60歳以上の方には“本日のセットメニュー”を半額でご提供しております(9月は15日、10月は20日です)。これは、ご高齢の方に敬意を表しつつ、もっとおじいちゃん、おばあちゃんに広東粥を広めたい、食べて頂きたいという気持ちからです。意外なことに、ご高齢の方に、お粥はちょっと…という方が多いのです。いったん口にすれば、日本のお粥と違いがわかって、好きになる方も大勢いらっしゃるのですが…。胃にも負担が少なく、歯が弱くなってもいっぱい食べられるので、おすすめです。身近におじいちゃん、おばあちゃんがいらしたら、是非お誘いしてご来店下さい。


特に朝鮮人参粥のセットはおすすめです

Posted at 2010年09月13日 22時45分18秒  /  コメント( 0 )

9月&10月の営業スケジ...

9月中は臨時休業を予定しておりませんが、10月は12・13日(火・水)及び29〜31日(金〜日)に臨時休業を予定しております。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

Posted at 2010年09月13日 22時33分43秒  /  コメント( 0 )

ニューヨークでの代表...

ニューヨークでの生活に終止符を打つ際、日本円にして50万円ほどの3か月定期預金を解約に銀行へ行った時のお話です。銀行員は既に自動更新になっているので、次の満期日前の解約には手数料が必要と主張します。となると、手元に戻る現金はなんと元本割れになってしまうのです。「そんな、バカな!」満期日までは定期預金の金利で、それ以後は普通預金の金利になるならわかりますが、預金で元本割れなんて納得できません!次の満期日まで待つなんてこともできません。喧嘩ごしに必死に食い下がると、行員は「じゃ、これでどうだ?」とパソコンを打つと、今度は途中解約にも関わらず、その日まで定期預金の利率での利子を付けてくれました。ただの一クラークがそんなことができるなんて更にビックリしました。私は“OK,All Right.”と言ってホッとしましたが、その瞬間、思い出しました。そうそう、6年前ニューヨークに来た時は、毎日のように喧嘩ごしになっていたことを。ニューヨークでの生活、慣れて鈍感になっていましたが、こんなことの連続だったのかもしれません。(粥菜坊パパのよろずのフロク


国連が見える場所に住んでいました

Posted at 2010年09月12日 01時22分37秒  /  コメント( 0 )

値切り交渉術 (粥菜坊...

在日中国大使館から中国からの旅行者へ“物を買う時に値切らないように”というお知らせが出されました。そうなんです。うちのかみさんもすごいんです。たとえば、中国国内の旅行先で100元のお土産品があるとします。欲しそうにしていれば、お店の人が「いくらなら買う?」と言ってきますが、彼女は、なんと1割程度の「10元」と言うのです。日本人なら、せいぜい7〜8割ですよね?隣リにいてハラハラします。確かに、自分が思っている値段を先に言ってはいけないと聞いたことがあるので、とんでもなく低い10元と言うのも一つの方法かもしれません。そして、ここから腹を探り合う交渉が始まるのですが、本当に10元で買えてしまうこともあるから驚きです。このように、中国の人は、多かれ少なかれ定価のない世界で揉まれて育ちますから、日本で値切ろうとするのも不思議ではありません。そう考えると、日中ビジネスに携わる方々は、中国側と交渉する際は、そんな環境で育った人達が相手であることを念頭に、相当タフに臨まなければなりませんね。(粥菜坊パパのよろずのフロク


雲南省大理にて この大理石も10分の1で購入

Posted at 2010年09月10日 14時41分09秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ