メインメニュー
2010-06

シュウマイの真実(干...

ュウマイは広東語(干蒸焼売といいます)なので、中国広東地方から入ってきたものと思いますが、日本のような豚挽肉や玉ねぎを使った焼売は現地にはありません。本物の豚肉シュウマイは豚肉のサイコロ切りを使うので、肉の食感・味が全然違います。さらに、豚肉以外にもぷりぷりの海老や香ばしい椎茸なども入れて、しっかり味付けするので醤油やからしなんてつけません。粥菜坊で、是非本当のシュウマイをお試し下さい。

Posted at 2010年06月21日 23時33分47秒  /  コメント( 0 )

粥菜坊の広東粥 N篥...

菜坊の冷凍粥の作り方は実に簡単。


[篥犖砲ら取り出し解凍(自然解凍がおすすめ。お急ぎなら、電子レンジで解凍あるいはパックごと熱湯に入れてもOKですが、トロミが失せることがあります。また、電子レンジでの解凍は、真空パックのため低温で解凍する必要があります)
解凍後、パックの封を切ってお鍋にあけます。
J騰させれば出来上がり。

★ 冷蔵庫ならゆっくり解凍されますので、たとえば朝ごはんで食べるのなら夜に、夜ごはんで食べるなら朝に、冷凍庫から冷蔵庫へ移動しておけば、食前にお鍋にあけて沸騰させるだけで食べられます。

お粥のレトルト品はいくつかありますが、ご飯粒が崩れた本格的な広東粥、玄米粥はなかなかないのではないでしょうか。是非、心温まる粥菜坊のお粥をご家庭でも楽しんでみて下さい。

>> 粥菜坊の冷凍粥のお買い求めページはこちら (携帯サイトからはご購入できません)

Posted at 2010年06月20日 21時49分39秒  /  コメント( 0 )

粥菜坊の広東粥 ⇔篥犂

菜坊は、広東粥、薬膳玄米粥をご自宅でも手軽に食べれるよう冷凍品も作っております。つくりたてのお粥を、そのまま真空パックして急速冷凍もので、保存のための添加物は一切入れず、お店で出しているお粥の味をそのまま作れるようにしました。店舗でも販売しておりますが、オンラインショップでもご購入頂けます。

ご高齢の方がいるご家庭では、お粥なら飲み込みやすく、水分・栄養の補給もスムーズにできるので、自宅でご利用頂くと大変便利ですし、ご高齢の方への手土産や贈りものとしても喜ばれると思います。

>> 冷凍広東粥の調理の仕方はこちら
>> お買い求めページはこちら (携帯サイトからはご購入できません)

冷凍粥で用意している種類は、下の写真左上から横へ順番で、椎茸鶏肉粥、干し野菜豚肉粥、朝鮮人参粥、青玄米粥“翡翠”、黒米玄米粥“山水”、赤米玄米粥“牡丹”の6種類となります。

Posted at 2010年06月20日 21時46分50秒  /  コメント( 0 )

粥菜坊の広東粥 ,粥...

菜坊では、広東粥がお店の柱で、メニューでも一番先頭に載せています。朝の仕込みで一番先に取りかかるのが広東粥で、生米から5時間も6時間もかけて作っています。

広東粥の命はトロミです。長時間じっり煮込み、ご飯粒が崩れて中からあふれ出るのがそのトロミで、ご飯粒を残す日本のお粥とは見た目が大きく違います。また、だしをしっかり採るのも広東粥の特徴で、魚介類・肉類をふんだんに使いながら、粥菜坊ではあっさりと食べやすく仕上げています。日本では、お粥は病弱時に食べるものという先入観が根強いですが、中国では病気にならないよう、日常的に食べるため美味しく作るのがお粥なのです。


見た目もご飯粒が残る日本の
お粥とは違います

また、広東粥・薬膳玄米粥は当店の看板ですから、使っているお米・玄米も、実は相当こだわりを持って探し求めたものです。美味しいお粥を作るには、化学肥料を全く使わない土づくりにこだわった美味しいお米が必要で、ずっと探し求めていました。そして、ようやく探しあてたのが新潟県越後平野で農家を営むジョイントファーム社の大野社長です。直接お話しを聞いてみると、食の安全を考えた米作り・植物性堆肥を使った土作りに対する熱意は相当なものです。ここのお米なら、お客様へ胸を張って出せると確信し、粥菜坊のお粥はそんなお米・玄米を使っているのです。


ジョイントファーム社大野社長(右)と

Posted at 2010年06月20日 21時44分56秒  /  コメント( 0 )

粥菜坊の餃子 4〆數...

粥菜坊で焼く餃子のパリッ、カリッとした焼きあがりはなかなか定評のあるところです。通販やお持ち帰りで、ご家庭で焼く場合は是非ご参考にしてみて下さい。こんな具合に焼けるはずです。


 〔おおさじ2をフライパンに入れ、冷凍生餃子を並べます。水を餃子の1/3〜1/2程度が浸るくらいまで入れ、フライパンに蓋をし、中火にかけます。
◆〔が強くはねる音がし始めます。あとは、音がほぼなくなるまで待つだけです。その間、ときどきフライパンをレンジの上を滑らすようにくるくる回します。
 油のはねる音がほぼしなくなったら、火を止めて出来上がりです。(焦げ目が足りない場合は、油を若干足して弱火でもう少々焼けば、より焦げ目がつきます)

ポイント
・餃子は解凍はせず、冷凍のままフライパンにお並べ下さい。フライパンは温める必要はありません。
・フライパンのフッ素が剥がれていたり、鉄製のフライパンだと、上手に焼くのは難しくなります。
・窓付きの蓋があれば使い易いです。
・フライパンをくるくる回すことで、出来上がりのむらをなくし、きれいに焼けます。
・油のはねる音が小さくなることは、水か油のどちらかがほぼ無くなったことを意味します。水がなくなったのに火を止めるタイミングが遅れた場合、黒焦げになりがちです。逆に油がなくなったのに火をつけていてもジュワジュワしているだけです。

お皿に盛り付ける際、餃子同士がくっ付いていても、箸を境目にいれて餃子をゆすれば簡単に離れます。

Posted at 2010年06月20日 15時01分32秒  /  コメント( 0 )

粥菜坊の餃子 ⇔篥狎...

粥菜坊では、冷凍生餃子のお取り寄せも行っています。

● 作りたてを生のまま、急速冷凍。
通常の冷凍餃子は、製造過程でいったん蒸すなどの調理をしています。これは、メーカーが製造後、自分の管理から離れて長い流通過程を経るため、保存上の観点から調理しておくのだそうです。しかし、一度調理してしまうと、その段階で味や水分が抜けて美味しさが間違いなく落ちてしまいます。粥菜坊では、できる限り作りたての美味しさをお届するため、包みたての生餃子をそのまま急速冷凍し、お客様へ直接お届けしています。

● 焼くのに失敗しない餃子です
ご家庭で焼いても失敗が少なく焼ける餃子です。失敗の多くは、皮が破けて中の具がこぼれ出る失敗だと思いますが、粥菜坊の餃子であれば、少し厚めのしっかりした皮なので破れにくく、たとえ破れたとしても、ぎっしり詰め込まれた脂身が少ない具は、熱を与えても崩れることはありません。

>> 粥菜坊の餃子へのこだわりはこちら


パックされた冷凍生餃子

Posted at 2010年06月20日 14時57分07秒  /  コメント( 0 )

粥菜坊の餃子 ¢子へ...

菜坊の餃子は、食べたとたんに味・食感ともに他の餃子とは違うとわかる餃子で、「餃子に対する既成概念が変わった」とは多くのお客様の言葉です。店舗でのご提供はもちろん、お取り寄せも行っておりますので、是非ご利用してみて下さい。

●焼き餃子用と水餃子用に分かれています。
焼き餃子用は、具をぎっしり手包みした餃子で、ぷっくりと少々丸っこい形です。一粒30〜32グラムあります。一方、水餃子用は、機械を使って包んでいて、一般の餃子と変わらない20グラム程度です。小さめなので、つるッと喉を通る水餃子ならではの食感が楽しめます。両者は大きさが違うだけで、水餃子を焼いても一向に構いません。

左から、丸っこい餃子、焼き餃子用は手包み、包みたての生餃子

●焼き餃子の種類は10種類以上。
焼き餃子は通常メニューに常時9種類、特別メニューの方にも2〜4種類の季節の餃子を置いているので、全部で10種類以上の焼き餃子をお楽しみ頂けます。水餃子は、通常のメニューに2種類ご用意しております。(お取り寄せは通常メニューにあるものだけになります)

左から色んな種類の餃子、にんじんの餃子

●皮のもちもち感は、別格です。
餃子の皮は、粥菜坊自家製の独特のもので、一般の皮より少し厚め、そして“もちもち感”いっぱいです。粥菜坊の餃子を口にしたほとんどの方が、まずこの“もちもち”に驚かれます。

少々厚めのしっかりした皮です。

●豚肉は、自分で挽いた赤身を使用。
豚肉は、良質の豚肩肉のブロックを自分で挽いています。脂身はほとんど取り除きますので、餃子に入るお肉はほとんど赤身です。そのため、脂っこさはなく、肉の味がしっかりしたヘルシーな餃子で、胃にもたれず数多く食べられる餃子です。

脂身はと取り除いて挽いています。

●ぎっしり詰め込まれた野菜の具
どの餃子も中身は、野菜がしっかり入った餃子です。これ以上は入らないと思えるほどぎっしりなので、しっかりした食感があり、餃子の皮とのハーモニーが餃子ならではです。

左からにんにくの芽の餃子、おくらの餃子

●しっかりした野菜の味
大量の野菜を扱いますが、電動のフード・カッターは用いずに包丁できります。器械を使うよりも、包丁を使う方が、野菜の味が間違いなくしっかり残るからです。

●にんにく(球根の部分)は不使用
本場の作り方で作っているので、日本で言ういわゆる「にんにく」(球根の部分)はどの餃子にも入っていません。広東料理では、にんにくの茎の部分をひとつの野菜として料理に使いますので、それを用いたのが“にんにくの芽の餃子”で、キャベツの餃子にも若干入っています。それ以外の種類の餃子には、にんにくは全く入っていません。

●広東料理の味付け
野菜嫌いな方やお子様にも、広東料理の味付けで野菜が食べやすくなっています。しっかりした味付けなので、たれをつけなくても食べられる餃子です。



是非、粥菜坊の餃子をお試しください。

Posted at 2010年06月20日 14時56分22秒  /  コメント( 0 )

《6月のイベント》 干...

6月12日(土)と13日(日)の2日間、一年に1度か2度しか作らない干し牡蠣のお粥をご用意してます。乾すことによって濃厚な味になった牡蠣は、磯の香りがぷんぷん。そのだしが、お粥全体に行き渡っています。さらに、草原や砂漠に生息して薬膳でもある髪菜(ファッチョイ)も入った高級なお粥です。髪菜は、たいへん珍しくて高価な食材で、血圧を下げ、コレストロールも溶かす漢方で、牡蠣とともにミネラルがいっぱいです。粥菜坊のお粥の中でも、かなり人気のお粥ですので、この機会にぜひ、どうぞお試し下さい。


左から干し牡蠣粥(海草のようなのが髪菜。珍味です)、干し牡蠣

Posted at 2010年06月13日 09時17分41秒  /  コメント( 0 )

6月および7月の営業ス...

6月は臨時休業の予定はございません。7月は、18日(日)および27日(火)〜29日(木)に臨時休業させて頂きます。また、7月4日(日)は、国際交流センターでのインターナショナル・フェスティバルに出店するため、店舗での営業はいたしません。ご了承くださいませ。(6月8日現在)

Posted at 2010年06月08日 10時33分59秒  /  コメント( 0 )