メインメニュー
2010-02

《2月のイベント》 春...

本日の2月14日は、中国では旧正月です。粥菜坊では、お正月用の料理を用意しました。縁起ものですので、ぜひお試しください。

【春節特別料理】 各600円
・広州風蒸し鶏…鶏はお供えもの。縁起ものです。
・椎茸と鶏肉のうま煮…幸運がやってきますように。
・豆類と豚肉の炒め(金玉満堂)…お金や珠宝が入ってきますように。
・さわらとザーサイの蒸しもの(年々有余)…余裕ある生活が送れますように。
・精進料理:もやしときくらげの炒め…僧にとって行の一つ。民間の冠婚葬祭でも食されます。
・豚ガッツの薬膳煮込み(財源廣進)…商売繁盛。
・豚タンの薬膳煮込み(大吉大利)…大きな吉、大きな利益をもたらしますように。
・豚耳の薬膳煮込み(順風順水)…すべてが順調に進みますように。
・招福焼売…子孫が繁栄しますように。挽肉ではなく、豚肩肉のサイコロを用いた本格もの。

お正月料理の意味するところをざっと紹介しますと、
◆鶏料理
中国、特に広東地方では鶏料理はお正月に欠かせません。大晦日には、鶏を丸々一匹使った料理を先祖にお供えし無事に過ごした一年を感謝します。そして、それを皆で分けて食べます。春節セットには、鶏肉粥を選びました。料理には、広東風蒸し鶏や、椎茸と鶏肉のうま煮を用意しております。
◆豚料理
豚は、家庭の幸せ・多産多幸のシンボルとされ、お祝い事によく用いられます。結婚式にも、子豚の丸焼き(皮だけを食べるのであって、丸ごと食べるわけではありません)がよく出されたりします。豚はそうした幸運をもたらすと言われていることから、本日は、多くの豚料理を時間のかかる薬膳煮込みで用意し、焼売にはお正月にふさわしい特別なものを製りました。
◆魚料理
中国語で魚は、yuと発音され、余と同じ発音です。そのため、年々暮らしに余裕が出るよう(中国語で、年々有余といいます)魚料理を食べます。本日は、さわらをご用意しました。
◆精進料理
肉類がだめという方に、精進料理をご用意しました。肉は使っていないものの、食感が肉に似ている豆腐の乾物を肉に見たて、きくらげ等と合わせました。

こんな感じです。皆さんの周りにも中国の方がいたら、中国のお正月のことを聞いてみて下さい。

Posted at 2010年02月14日 09時42分44秒  /  コメント( 0 )

2月の営業スケジュール

2月は臨時休業の予定はありません(2月5日現在)

Posted at 2010年02月05日 07時47分22秒  /  コメント( 0 )