メインメニュー
2009-10

10月〜12月のイベント...

《10月のイベント》
干し牡蠣(かき)粥で食べてみませんか?
10月17日(土)、18日(日)
●秋冬の味覚として牡蠣がレストランのメニューに載り始める時期ですが、粥菜坊には他店にない、おもしろい牡蠣があります。干し牡蠣です。広州では、干し鮑や干し貝柱など、魚介類の乾物を料理に多用します。牡蠣もその一つで、今回ご提供するのが干し牡蠣粥です。今までも4度ほどイベントでご提供してきましたが、実は、このお粥、粥菜坊のお粥の中でも一、二を争う人気ものです。確かに、肉厚な牡蠣の食感と磯の香りは独特で、美味しいと思った人にとっては、その風味・味わいは脳裏に焼きつくほどかもしれません。また、乾物は味を凝縮させますから、乾物から戻すと味はさらに濃厚になり、生牡蠣とは大きく違う味に変わります。この機会に是非、どうぞ。700円です。

《11月のイベント》
年末感謝の食べ放題、今年は11月に行います。
11月15日(日)
●“光陰矢のごとし”。中国でも、“光蔭 似箭、日月如梭”と言いますから、月日が経つのは日本も中国も早いようですね(笑)。さて、もう年末も間近で、例年行う年末感謝の食べ放題を実施します。例年は12月に行いますが、宴会続きになる方が多いため、今年は11月の実施にしました。9月に増やした新メニューを中心に10品ほど選びますので、どれでも何回でもご注文頂けます(10品は数日前より店頭でお知らせします)。お一人の女性でも多くの種類をお試しできるよう、各料理一人分の分量は少なめにします。おひとり様1980円です。感謝のイベントで、きっとご満足頂ける内容と思いますので、ご家族やご友人の忘年会として(ちょっと早いか?)、是非、ご来店をご検討下さい。

《12月のイベント》
黒米のお粥 “山水” 新発売。特別価格でご提供します。
12月5日(土)、6日(日)
●青玄米のお粥 “翡翠”に続き、12月には黒米のお粥 “山水”を新発売します。黒米は、中国では古くから薬膳料理に多用されてきました。この黒米に黒豆や玄米も入れて、粥菜坊が美味しく仕上げます。イベントでは、通常価格840円のところを、特別価格600円でご提供しますので、この機会に、是非お試しください。

Posted at 2009年10月30日 08時10分54秒  /  コメント( 0 )

東急沿線CATVイッツコ...

この10月の1ヶ月間、東急沿線のCTVイッツコム『ぷらっと散歩』という15分番組で武蔵小杉にスポットがあてられ、その中で約5分間ほど粥菜坊が紹介されています。東急沿線のコミュニティサイト「TOQ楽」の会員へのアンケートで当店が選ばれたそうです。加入されている方は、是非チャンネルをあわせてみて下さい。

《放送日時》
水曜 11:30〜11:45 木曜13:30〜13:45 同21:30〜21:45
金曜 22:30〜22:45 土曜 11:00〜11:15

Posted at 2009年10月24日 07時49分01秒  /  コメント( 0 )

粥菜坊のお粥へのこだわり

菜坊では、広東粥がお店の柱で、メニューでも一番先頭に載せています。朝の仕込みで一番先に取りかかるのが広東粥であり、生米から5時間も6時間もかけて作っています。

広東粥の命はトロミです。長時間じっり煮込み、ご飯粒が崩れて中からあふれ出るのがそのトロミで、ご飯粒を残す日本のお粥とは見た目が大きく違います。また、だしをしっかり採るのも広東粥の特徴で、魚介類・肉類をふんだんに使いながら、粥菜坊ではあっさりと食べやすく仕上げています。日本では、お粥は病弱時に食べるものという先入観が根強いですが、中国では病気にならないよう、日常的に食べるため美味しく作るのがお粥なのです。


見た目もご飯粒が残る日本の
お粥とは違います

Posted at 2009年10月24日 07時41分10秒  /  コメント( 0 )

《10月のイベント》 ...

10月17日(土)、18日(日)と干し牡蠣を使った広東粥を作ります。めったに作らないお粥です。干し牡蠣は、牡蠣の味、磯の香りが一層濃厚で、日本ではとても珍しいものと思いますので、この機会に、ぜひお試しください。700円です。
干し牡蠣粥 干し牡蠣

Posted at 2009年10月18日 09時05分16秒  /  コメント( 0 )

2009年9月以前のテレビ...

テレビ・ラジオ

●2008年10月2日 CATV イッツ・コム 『いっつ365』
料理教室の模様を中継。


●2008年8月9日 かわさきFM 『世界の国からこんにちは』
川崎在住の一外国人として、パーソナリティ岡島彰子さんと粥菜坊のこと、料理教室のこと、中国のことなどなど、たっぷり語りました。約1時間の生放送でしたが、楽しくて予定していた音楽をカットするほど時間が足りませんでした。


●2007年2月7日 CATV イッツ・コム 『いっつ365』
川崎市の地元店コンクールで1位になったことにより、粥菜坊が約4分間紹介される。


●2007年3月23日 かわさきFM 『元気!かわさきワッショイ』
番組の中で、インタビューを生放送。

雑誌

●『神奈川グルメ まるかじりガイド』(2008年1月発行)
ページ84 生米からじっくり炊いた広東粥と女性に人気の小皿料理が充実

●『川崎市 Walker』(2007年11月発行)
ページ43 地元っ子ご用達の広東粥と餃子の店 
市の地元店コンクールで1位に輝いた人気店。米をゆっくり煮込み、具から出るダシが染み込んだ10種の広東粥、野菜のうま味たっぷりのあんが入った餃子がおススメ。
ページ83 スローな店で癒しのひと時 
中国のコック経験をもつ招さんの作るおかゆは、米の甘さやトロみを最大限に生かした本場の味、食後の中国茶でホッ。

●『横浜 Walker』(2008年N0.6)
ページ20 「東急東横線 人気タウン1位武蔵小杉」の中で紹介。

●『散歩の達人』(2007年7月号)
ページ22 体がよろこぶ素材と料理
型にはまらないオリジナリティ満載の中華

●『dancyu』(2006年3月号)
ページ144 アジアをぐるり、温もりのお粥めぐり
何杯でもいける、さらり清らかな鶏風味。やさしい味に、思わず顔がほころぶ!



新聞

●2007年10月25日 日本経済新聞 『街コレ 武蔵小杉』
連日にぎわいを見せるヘルシーな広東料理の店

●2007年3月27日 神奈川新聞 『情報バザール あの町この町駅前たんけん』
日本の素材と広東料理の融合が面白い

●2007年1月29日 東京新聞 『ひと』
お客の笑顔が元気のもと 広東粥専門店の店長 招杏明さん

広報紙

●2008年9月1日 『かわさき市政だより』
商店街で料理教室を開催

コンクール

川崎市実施の『消費者が選ぶ 私のイチ押し地元店コンクール』で2008年特別賞、2007年優秀賞、2006年大賞(川崎市長賞)、2005年優秀賞を受賞。2005年コンクール開始当初からの4年連続受賞は粥菜坊のみ。

2009年1月 川崎市への貢献が評価され、川崎市商店街連合会から特別表彰される。


阿部川崎市長から表彰状授与

Posted at 2009年10月08日 09時07分39秒  /  コメント( 0 )

10月の営業スケジュール

10月は臨時休業する予定はありません(本日現在)。

Posted at 2009年10月05日 11時43分29秒  /  コメント( 0 )