メインメニュー

南三陸わかめ餃子、いよいよスタートです! 【粥菜坊パパのフロク - ブログ編】

2013年5月20日(月)&21日(火) 

宮城県の女川にほど近い北上町十三浜。既に、助けあいジャパンさん作成の動画『わかめ餃子をご当地グルメに』や、河北新報さんの記事でをお知らせしましたが、粥菜坊の海草の餃子(中身は南三陸産のわかめ)を教えに十三浜に行ってきました。

今回訪れた漁師さんの家や作業場は港沿いにあって流されてしまいました。震災1年前に新しい家を高台に作ったばかりで、今はそこで暮らしています。春から夏にかけて4か月ぐらいは、わかめや昆布で忙しいものの、ホタテはできなくなってしまいました。あとの期間はどうしようと悩んでいたところに、粥菜坊の話を聞きつけたわけです。


写真:(左から)自宅があった十三浜の港。お土産に持参した牡丹の掛け軸。現在のご自宅から望む十三浜の海

粥菜坊の話というのは、粥菜坊は昨年夏からわかめ餃子をご当地グルメに育てたいという話です。そして、そのチャレンジに一緒に取り組む方を探していたんです。昨年8月に仮設住宅でわかめ餃子の料理教室をしました。11月には南三陸町の福興市で出店し、チラシも作ってたくさんの人に説明しました。でも、ともに該当者は見つかりませんでした。それでもめげずに、探し続けます。そして、復興支援活動をしているリソースイチバの方から、見つかったとの連絡を受けたのが春先。さっそく、試食に冷凍わかめ餃子を送りました。すると、とうとう川崎のお店まで足を運んでくれたのです。


写真:(左から)粥菜坊を訪問した漁師さんご夫妻。リソースイチバの塚本さん

いろんな状況をお聞きすると、まさにこういう方がいいなぁと思い描いていたピッタリな方なんです。卸先もいくつか持っているし、設備も十分。そして、何よりやる気も十分です。すぐに、十三浜を訪れる日を決定しました。そして、その訪問が今回だったわけです。伺ってみると、作業場もじゅうぶん広いし、冷蔵・冷凍庫は30坪は軽くある広さ。この春に完成したばかりです。驚きました。

写真:(左から)自宅に隣接する作業棟。手前が冷凍庫、向うが冷蔵庫。冷凍庫内。

さて、いよいよわかめ餃子づくりトレーニングの始まりです。従業員さんたちは、慣れない作業に入るためか、浮かない表情に思えました。そんな時は、食べてもらうのが一番。さっそく具をつくって包んで、食べて頂きました。表情がぱぁっと変わって「美味しい、これはいける」、「あっさりして食べやすい」の声が続きます。従業員の皆さんにも、ヒットの可能性を実感して頂けたようです。二日目には、簡単な手包みの方法を教え、機械の操作も教えました。こんな機械をありますよということで餃子包みマシーンを持ち込んだんです。

 
写真:(左上から)わかめを刻みます。調味料もこの通り。試食に先ずは茹でて水餃子。次は焼いて焼き餃子。誰でもできる簡単な包み方を伝授。餃子マシーンでも包みました。

二日目の朝は、もちろん早く起きましたよ。昆布漁に同行させて頂きたかったからです。こんなチャンスめったにないですからね。昆布は、収穫したあと浜で茹でて、作業場で塩蔵するんです。そんな工程も見学させて頂きました。


写真:(左上から)昆布収穫中。これが採れたて昆布。陸揚げ中。さっと茹でて冷やすと緑色に変色します。浜での作業が終わって記念撮影。作業場で塩蔵中。

こんな感じで、十三浜での二日間過ごしてきました。先は長いけど、なんとしても成功して頂きたいです。これからは、販路の開拓に頑張らなくてはいけません。まだまだ手探りは続きますが、一緒に頑張りたいと思います。成功して、雇用もどんどん増やして、いろんな所からどんどん注目されて、復興に少しでも役立てたらいいなぁと願っています。今回も充実した旅でした。これからの展開にわくわくしています。

Posted at 2013年05月27日 09時19分08秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*