メインメニュー

2月の料理教室レポート 【広東家庭料理教室】

2013年2月18日(月) 

2月の料理教室は、あいにく天気もすぐれない一日でしたが、1年以上ぶりに参加して下さった方もいて、わきあいあいは相変わらず。レシピを配って、いつものように3品を楽しく作りました。今回作ったのは、次の3品です。
● 手羽先のコーラうま煮
● ピーマンと牛肉の豆鼓(トーチー)炒め
● 湯葉の中華味噌うま煮

● 手羽先のコーラうま煮、
先ずは、フライパンで手羽先の両面を焼いて調味料で味付け。そして、入れるのはなんとコーラ!とはいっても、料理に砂糖を使うこともあるわけだし、炭酸の作用や醤油的な色合いもあって、食べてみると違和感はありません。ねぎも入れて煮込んで水分がなくなったら出来上がりです。ただ、コーラの糖分があるので、料理中焦がさないよう注意です。グループ分けしての実習では、唐辛子を入れた味付けも試しました。

写真:(左から)コーラを投入、味を調えて、水分がなくなるまで煮込みます。

● ピーマンと牛肉の豆鼓(トーチー)炒め
牛肉が柔らかく仕上がるよう繊維を見ながら切って、さらにもみもみ。牛肉を炒めて移した後、みじん切りにしたトーチーとにんにくを炒め、野菜を炒めてトーチーの味を野菜に染み込ませます。牛肉を再度投入して、片栗粉でとろみをつけたらでき上がりです。

写真:(左から)肉を下ごしらえ、豆鼓(トーチー)をみじん切り、野菜・肉を炒めて仕上げます。

● 湯葉の中華味噌うま煮
皮付き豚バラ肉を薄切りにして、フライパンで少々炒めた後、湯葉と玉ねぎを入れます。湯葉といっても日本の湯葉とは違い、中国の豆腐皮というもので、豆腐を麺にしたような食材です。歯ごたえもあるので、ダイエットで麺を控えている方にも良いかもしれません。甜麺醤(テンメンジャン)と調味料で味付けを整えて出来上がりです。

写真:(左から)皮付き豚バラ肉を薄切り、肉と豆腐皮を炒めて、味を整えて出来上がり。

グループ分けして、みんなで作ってでき上がりはこんな感じです。こんな感じが4セットを会食したので、もちろん食べきれず残った分はお持ち帰り。グループごとの味を吟味しながら、わきあいあいで語らいました。




Posted at 2013年03月07日 09時35分19秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*