メインメニュー

1月の料理教室レポート 【広東家庭料理教室】

2013年1月28日(月) 

1月も寒い中、料理教室の生徒さん達が集まってくれました。次の3品が1月のテーマで、ひと通り作り方をお見せした後、グループ分けして参加の皆さんで作って、そして会食しました。
● 魚のすり身の卵餃子(“煎蛋角”)
● 鮭と大根のうま煮
● 鶏肉、竹の子、もやし、ピーマンの炒めもの
もちろん、ちゃんとしたレシピを配っていますが、ここでは簡単に作り方をご紹介します。

● 魚のすり身の卵餃子(“煎蛋角”)
まず、魚のすり身を作ります。使った魚はいなだ。餡は白身の魚なら何でもいいですが、お刺身でも食べられる新鮮な魚を使います。肉を用いない理由は、肉だと中に火を通すのに、卵が硬くなりすぎてしまうから。作った後は、冷凍保存しておけるので、いつでもお弁当やおかずの一品に使えてとても便利な一品です。


写真:(左から)魚のすり身を作り中。卵の皮を作って餡を乗せて。こんな風に折り畳みます。

● 鮭と大根のうま煮
大根は南風が吹く前に食べるのがお勧め。まずは大根を切りますが、切り方で美味しさも違うので注意が必要です。骨を抜いて切った鮭と一緒に炒め、蓋をして7〜8分煮込んだら卵を流し込みます。


写真:(左から)大根を切ります。蓋を閉めて煮込み中。卵を流し込みます。

● 鶏肉、竹の子、もやし、ピーマンの炒めもの
先ずは鶏肉をせん切りにして、調味料を混ぜてしばらく置いてから炒めます。他の具もせん切りにして炒め、鶏肉を加えて水で溶かした片栗粉でとろみをつけます。


写真:(左から)鶏肉のせん切り。ピーマンのせん切り。片栗粉でとろみをつけています。

グループ分けして、あれ入れなかっただの、これ忘れただの、楽しく調理します。出来上がったら皆さんで会食、食べ残ったものは皆さん容器を持ってきていてお持ち帰りです。夕飯の一品でしょうか?今日も楽しい料理教室でした。

Posted at 2013年02月01日 08時59分53秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*