メインメニュー

銀針粉を作りました 【広東家庭料理教室】

2012年12月3日(月) 

銀針粉(広東語でグァムツァンハァンと読みます)を作りました。広州では、とてもポピュラーな食べ物のひとつです。さて、はたして日本語で何て訳したらよいのでしょう?ネットで検索しても、これと思える良い訳がありません。日本語でどう読めばよいのでしょう?ネットで探しても、やっぱり見当たりません。「ギンシンフン」ってところでしょうか?それだけ、日本では知られていない食べ物なのです。

どんなものかというと、形はもやしを太くしたようなもので、色は白、炒めると透明っぽくなります。食感はもっちりしていて、ぷるんと面白い感じです。主原料は、浮き粉(小麦粉から作るデンプンで、市販されています)で、水で溶かして蒸して作ります。今回の料理教室では、この銀針粉を作りました。


写真:(左から)粉とお湯をまぜます。一生懸命練ります。塊からちぎって細い形にします。

写真:(左から)皆でちぎって細くして。集めるとこんな感じ。小分けにして炒める準備をします。


写真:野菜と炒めて出来上がりです。

保存も効くので、いったんたくさん作っておくととても便利です。小分けで保存しておけば、必要な時にその分だけ炒めればOKです。参加の皆さんには、たくさん持って帰って頂きました。

Posted at 2012年12月20日 15時58分44秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*