メインメニュー

こだわりの卵料理

粥菜坊の卵料理は、以前からとろとろでふんわりしていると定評のあるところです。さて、この2月から、更にお客様の健康増進にこだわるため、こだわりの卵を使い始めています。

その卵は、割ってみると黄身・白身ともにその張り・つやが違うこと、一目瞭然です(黄身に楊枝を十数本刺しても割れないし、摘まむこともできるんです)。そして、食べてみると卵特有の臭みがありません。これなら料理の味の邪魔をしないとすぐにわかる卵です。

展示会で実際に作っている方のお話を伺うと、水にこだわりを持って鶏を育てていて、ものすごい機械で酸素を取り込んだイオン水を与えているのだそうです。飼料も、蠣の殻(広島産)、魚類、大豆、とうもろこし、にんにく、赤パプリカ、唐辛子、乳酸菌などのブレンドでこだわりを持って作っているとのこと。

これで、粥菜坊のこだわり、また一つ増えました。

粥菜坊の卵を使った料理:
卵と野菜粥、肉と卵の炒め、ピータンと卵の炒め、海老と卵の炒め、その他本日の特別料理にある卵料理


写真:(左から)こんなに張りがあるんです。展示会で見つけました。楊枝が十数本も…。

Posted at 2012年04月08日 10時17分50秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*