メインメニュー

◆緊急提言◆ インフルエンザ対策 【粥菜坊パパのフロク - 広州・中国編】

わが家では、先週小学6年の息子がインフルエンザにかかってしまい、40度まで発熱しました。そのため、お店も臨時休業させて頂きましたが、おかげ様で1日で熱も下がり、大事には至りませんでした。高熱を心配して、枕を並べて付き添いましたが、親も移されずに難なきを得ました。さて、こうして家族がインフルエンザにかかってしまった場合、試して頂きたい一つの方法をご紹介します。

お鍋にお酢500佞汎盈未里水を入れて沸騰させます。窓を閉め切ってお酢とお湯が無くなるまで煮たて、部屋中にお酢の蒸気を回します。その後は、窓を開けて少し空気の入れ替えしてかまいません。これは、お酢が持つ殺菌効果を利用したものです。お酢の殺菌効果は、古くから知られており、中国の漢方の古書『本草綱目』でも記されているのです。

ちまたでは、インフルエンザが流行しているようです。この方法なら、たいした費用も手間もかからないので、是非、予防に試してみる価値ありと思います。


写真:『本草綱目』に記されたお酢の効果

Posted at 2012年02月02日 01時14分45秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*