メインメニュー

益々繁盛のドデカイ焼酎 【粥菜坊パパのフロク - ブログ編】

先日、熊本の友人から芋焼酎の黒霧島が届きました。驚きました。こんなデカイのがあるなんて知りませんでした。4500mlもあるのです。通常の一升ビンが1800mlですから、その2.5倍もあるのです。ビンには、益々繁盛の文字があって、縁起ものであることがわかります。友人によれば、地域限定で販売しているものだとか。

さて、ではなぜ4500mlなのでしょう?5000mlじゃいけないのでしょうか?調べてみると、答えは、“益々繁盛”にありました。益々は升々(2升)、繁盛は半升ということで、2升半、つまり、4500mlなわけです。なるほど、こんな所に言葉遊びがありました。なぜだろうって考えてみるのも面白いものですね。


(写真)右手で抱えているのが益々繁盛のビン、左手で抱えているのが通常の一升ビン

Posted at 2011年12月26日 16時30分14秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*